そのままにしても塗装や金属地を痛めることはなく、防錆効果を発揮するので問題はありません。, また、拭き取りが不十分な場合も、防錆皮膜が形成され、白っぽく見えることがあります。, 塗布した箇所の白浮きが気になるようでしたら、再度『花咲かGラストリムーバー』を重ね塗りし、防錆皮膜をふやかしてから柔らかな布で拭き取って下さい。, ※防錆皮膜を拭き取った場合はサビが再発する可能性があります。 http://www.hcz.jp/history/2006_09_06.html (2)市販の錆取剤には保護成分が多少入っているので特に対策は要らないと思いますが。 「下着を捨てるタイミングがきたものの、どうやって捨てればいいの?」 と捨て方がわからないというお声をいただきました。服と違ってちょっと気をつけて捨てたい下着。みなさんはどのように捨てていますか? 下着を捨てるときどうしていますか? こまめにコンディションのチェックをすることをおすすめいたします。. ・ヤニ入りはんだを使用するので、フラックスは塗っていない No3さんが言っているCRCを吹き付けるというのは金属をそのまま保管すると空気中の酸素と湿気で錆びてしまうので油でコーティングし酸素や湿気から守ると言うことです。あたりまえですがガソリンを入れれば取れてしまいます。 経験をもとにご回答いただけると非常に参考になります。 1 本当に、こんな荒っぽいことしてる人がいるんでしょうか?確か、タンクって2mmぐらいの厚さしかないんですよねぇ・・ もう少し長い時間処理したほうがいいでしょうか? 鋳鉄は鋳物です。鍛造の鉄と違い、鋳物は鉄の組織が荒く、スポンジ状に細かい空洞があります。その空洞に薬品が染み込んだ場合、拭き取りが難しくなります。, 『花咲かGラストリムーバー』を鋳鉄に使用した場合、サビは除去できますが、空洞部分に拭き残しが発生する可能性があるため、鋳鉄への使用を推奨していません。, はい、お使いいただけます。 ・まずグラインダーにワイヤーブラシをつけて穴の周辺の地肌を出す(途中にあった水色の層はパテ?) 白っぽく見えているのは、『花咲かgラストリムーバー』が形成した防錆皮膜です。 『花咲かgラストリムーバー』でサビ取りをした箇所に再度塗布しますと、約3ミクロンの防錆皮膜を形成し、新たなサビの発生を抑える働きをします。 今はどこのバイク屋さんも仕事がなくてピーピー言っていますから、 © Sakae Engineering Corporation. もちろん空気の中にも水分はありますから、空にしておいてもダメです。  それなら水抜き剤を入れて置けば錆びない?それともガソリンをたまに入れ替えれば良いでしょうか?再度、錆びない良い工夫はないでしょうか?, ガソリンの中には水分が溶けて(混ざって)います。 どなたかご存知の方がいらっしゃいましたらご教授願います。, 実はガソリンスタンドでは廃ガソリンは原則として引き受けてはもらえません。スタンドには2キロリットルほどの廃油タンクが設置してあるところが多いのですが、これがいっぱいになる頃を見計らって廃油屋さんが回収にきます。で、この廃油を再生して重油として売るわけですが、このときガソリンが混ざっていると処理ができません。また廃油ローリーに油を移すとき、一種の真空ポンプを使いますがガソリンが混ざっているとまずいのです。 最初からお客さんの方で、「予算これくらいなんですけど・・・」 ガソリンはおそらく有料で処理してもらえると思うのですが、 どこにお願いすればよいのでしょうか? です。 当分燃料フィルターは装着するほうがいいです。 ・補修部分にはんだごてを当てて温め、穴をふさぐようにはんだをつける フチから漏れないように形を整えたり、追加ではんだをつけたりして、手を加えては漏れチェック、を数回繰り返しましたが漏れは直らず…。 どうしても取りきれない、出しきれない錆がタンク内に残るので バイクのような小型エンジンにガソリンを入れて、エンジン始動を試みましたが壊れていることが判りました。 このガソリンは布で濾すなどしたら使えますか? ガソリンタンクにはガソリンを満タンにしておきました。 お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。, マグナ50 のタンク 漏れ について質問します。 この赤い部分のところが 最近錆びてきまして、おそら, エキパイとエンジンの接合部(エキマニ? でも、バイク屋さんは、あとでお客さんに「あのとき幾らって言ったじゃないか!」と言われるのが嫌なので、高めに見積もる場合が多いです。 お湯ですると効果が早いけど、コック取付部を布製テープでふさいでも ディスプレイ・モニターの処分方法をご紹介!ヤマダ電機やハードオフで買取・下取り処分することが可能です。三菱などの日本メーカーは高値で売ることも可能です。 その際、防錆皮膜が白っぱく(灰白色に)見えることがあります。 強度は段違い。 バイクのガソリンタンクの内部にサビがある時は、「灯油とボルトを多数いれて、ガチャガチャ振り回す」と書いているのを見ました。 お願いしま~す。, (1)昔、錆取剤はほとんど市販されてなく一般人には手に入れられませんでした。その頃は良くやっていた方法です。灯油は洗い油とも言われエアエレメントを洗ったりキャブを洗ったりするのにも使われており、多少なりとも腐ったガソリンを取り除く効果もあります。なので灯油を入れボルトやナットもしくは鎖などを入れ振ることで錆を削り取ります。 スタンドに持ち込めば、廃棄してもらえるのでしょうか? ・まずグラインダーにワイヤーブラシを...続きを読む, ハンダがきちんと流れない=丸く水滴のように盛り上がったまま、いわゆるイモハンダは、  キャブが詰まる程度のことで自分で対処できるならいいと思います。ただし朝晩の湿度の日格差などでタンク内の油の液面から上の部分で結露が発生することがあります。これがたまって結構な量の水が入っていることもありますのご注意ください。また、ガソリンはいろいろなものを溶かしますし、いたずらされて砂糖やコーラでも入れられていたらそれこそエンジンはおシャカです。大事をとってきちんと処理した方がよいかと思います。 バイクのガソリンタンクについては使用方法や環境によっては錆が出てくるようなこともあります。, タンク内の錆が出て、ガソリンと相まって車体に錆が回るというのが嫌なことになりますが、この場合にはガソリンタンクの錆を落とし、その後はメンテナンスを充実させていくということが必要となってきます。, このようにまず錆取りの前に余計なガソリンやその残りをできるだけ除去するようにしていきます。, 最後の洗剤による油分の除去をしなければこの後に続く錆取り剤による錆落としがうまくいきません。, 油分を分解できる洗剤で軽くで良いので丁寧にタンク内をこすって洗い落とすようにしましょう。, 他にも車種によってはより簡単なガソリンの抜き方があることもありますが、詳しくは下のページで解説しています。, 私の場合には花咲Gタンククリーナーをよく使ってきましたが、同じような錆取りの効果があれば別のものでも構いません。, クリーナーだけ入れて放置しても錆が取れないということもありますが、大抵の錆はタンクを振ることで落ちるはずです。, サンポールは塩酸を含む金属腐食剤としても使えますので、ガソリンタンク内の錆取りではサンポールを使う方法もよく使われています。, サンポールによるガソリンタンクの錆取りにはこのようなデメリットや難しさがあります。, サンポールで錆取りをするのであれば濃度の希釈をするわけですが、最低でもお湯などと1:1あたりまで希釈して使うべきといえます。, 逆に希釈せずにサンポールをタンク内に入れれば溶けることもあるので注意してください。, またここからもあまり何度もこの方法でタンク内の錆取りをできないとなるので、タンク内に錆が出ないようにもしなければいけないということです。, 初心者はサンポールの取扱いが難しいので使用せずに最初から花咲Gタンククリーナーだけで作業したほうが安全といえるでしょう。, サンポールを捨てた後に花咲Gタンククリーナーの投入が遅くなれば錆がすぐに広がるので、間をおかないですぐにクリーナーを入れるようにしましょう。, あまり自信がなければサンポールによる錆取りはおすすめしませんし、専門の錆取り剤だけで作業するほうが良いと思います。, 錆取りに使う薬品としてはPOR-15の中でも洗浄剤、錆の除去、防錆剤、タンクシーラーの機能を合わせ持ったものもあります。, 上でもいいましたが錆を取ってもごく短時間で錆がまた出てくるのがタンク内の錆ですので、特に作業に慣れていない人ほどこのようなPOR-15のほうが作業はしやすいかもしれません。, ガソリンタンクの錆取りはタンクを外した上で、洗浄、錆抜きと作業工程が多く、しかも放置日数もあったほうが確実に錆は落とせます。, 自分でやるとどうしても大変になりますが、面倒であればバイクショップに依頼するほうが良いかもしれません。, タンク自体の交換は車種にもよりますが3万超とさび取りとあまり変わらないこともあるので、費用を確認して比較するようにしてください。, タンク内を花咲Gタンククリーナーで満たして、その後2日ほど放置してタンクの錆が取れるのを待つ, 錆がまだ残っていれば花咲Gタンククリーナーを再び満たし、2日ほどして錆が取れたかを確認する, サンポール使用後は早いと数分で錆が出てくるのですぐにクリーナーを入れないといけない. また、使えない場合どうやって処分したらいいでしょうか?ガソリンスタンドで引き取ってもらえますか? 2.花咲かGでは処理後にサビの再発を防ぐ膜(? 1.まず、処理液を抜いたあとの作業ですが、説明書きには、 この度復活させて乗り出すことになったのですが (2)市販の錆取剤には保護成分が多少入っているので特に対策は要らないと思いますが。 ガソリン満タンでも、サビは避けられません。 高いけど、鉄には確実に盛れます。 ところが、穴が開いてしまったみたいでタンクの補修跡(中古購入時からついてた)のところからガソリンが漏れてきました…。穴はそこまでひどくなく、最大で直径2ミリ程度、4~5個が3センチの範囲内にあるといった感じです。 花咲Gタンククリーナーは錆取りでなく、錆の予防コーティングの効果があります。 サンポールを捨てた後に花咲Gタンククリーナーの 投入が遅くなれば 錆がすぐに広がるので、間をおかないですぐにクリーナーを入れるようにしましょう。 ・はんだが乗りやすくなるとのことだったので、ポンチでたたいて穴をくぼませた。 ・パツクリで脱脂 水道のホースを突っ込んで洗ったら嫌というほど錆びた鉄片やごみみたいなものが出てきます。 今日の夕方から、錆取りの「花咲G」を使ってタンクの錆取り作業を行っているところです。 実際はもうちょっと安く上がる可能性もあります。 元のガソリンにも錆が混じっているようです。 そうそう、工賃を値切るのは止めた方が良いですよ。 その戻したガソリンは、ゴミや水などの不純物があると嫌なので、車に給油したくはありません。 接着剤が弱くなり漏れる場合もあるので、漏れてもいい工夫をするといいです。 とあります。ですがネット情報では、水で洗い流す作業を入念にしすぎるとそれによってサビが再発してしまうのでほどほどにという意見と、処理したサビが残っていると再発の原因となるのでしっかりと洗い流すべしという意見があり、迷っています。どちらが正しいのでしょうか? 20倍に薄めて丸1日置いておくつもりです。 廃液はどう処理したらいいでしょうか? よろしくお願いします。, ご回答ありがとうございます。 今後の作業について疑問点がいくつかあります。 そんなぼったくるような商売しているところは少ないですよ。 『花咲かGラストリムーバー』は塗装部分に使用しても、サビだけを除去するので塗装に影響することはありません。, しかし、塗装の下にサビが浸潤している場合、サビが塗装膜を持ち上げる状態になっているので、サビが除去されることにより塗装膜が浮き上がる、または、剥がれることがあります。, 戻さないで下さい。 次に灯油(手に入れやすく、安い)を半分位入れてシャッフルし捨てます。 また,文面だとかなり錆びているようですので,通常では液が廻らない給油口の前後(タンクの上面)などもタンクを横にしたり斜めにしたりて全面を綺麗にした方が良いです. ネットで調べたところ、はんだでふさぐのがよさそうだったのでチャレンジしているのですが、うまくいきません。 3 2とダブりますが、サビが落ちたとしての、「次にそなえての」タンク内、防サビ手段はどんなものが? 何かうまくふさぐコツのようなものなどあればぜひ教えていただきたいです。 「花咲かG」を使用します。  燃料コックは外しての洗浄が好ましいでしょうか? 破損を考えると外すほうが良いことは分かりますが、コック内やフィルターの洗浄を考えるとつけたままのほうが良いのではと思いました。 >それとも1年前ぐらいのガソリンだったら、そのまま使っても平気なものなのでしょうか? 下水に流しても問題ないでしょうか? ですがいきなり錆取り剤を入れるともったいないので、まずは水(お湯の方が良い)で中身を洗います。