All Rights Reserved. 修理費用が10万円~50万円以上になれば、乗り換えたほうが長期的に得することもあるので 買い替えを視野に入れてもいいかと。 特に年式の古い車や走行距離が多い車は、一度直してもこれからまたどこかが壊れる可能性は十分あります。 車検は新車購入から3年、それ以降は2年ごとにやってきます。法律で定められた検査ですので、パスすることはできません。, 車検の時期が近づいてくると、「次の車検代、いくらくらいかかるのか?」はとても気になるところです。, そして実際の見積書をもらうわけですが、その金額が20万円以上だと結構な驚きになります。, 交通事故による被害者を救済するため、加害者が負うべき経済的な負担を補てんすることにより、基本的な対人賠償を確保することを目的としており、原動機付自転車(原付)を含むすべての自動車に加入が義務付けられています。, 運行する自動車はすべてこの自賠責保険に加入しなくてはなりません。いわゆる「強制保険」です。, しかし、ディーラーに車検を依頼した場合、車検後2週間でこしょうしたらお客さんはきっと怒ります。, そのため、ディーラーは次の車検まで安心して乗れるよう、予防的な部品交換を勧めてきます。, 一方、格安車検やガソリンスタンドは、「車検が通ればいい」とまでは言いませんが、必要最小限の部品の交換を行います。, 「格安」をうたっているので、予防的に部品の交換は勧めてきません。(車検費用を上げるため、勧めてくるお店もあります), 一般的な車検お交換部品といえば、エンジンオイルやオイルエレメント、ブレーキパッドなどですが、交換部品と工賃で12万円以上ということは結構高額な部品の交換を勧められていることになります。, エアコンやファンベルト、マフラーの錆やヒビ、エンジン回りの不調など、場所によっては5万円以上かかるものもあります。, SUVなどタイヤサイズの大きいものは、それだけでも20万円位かかる車種もあります。, 車検代が20万円以上の見積もりをもらった場合は、他の店でも見積もりをもらうか、交換部品が本当に今必要か、をお店でよく確認しましょう。. 例えば、200万円の車を購入する場合、消費税が8%だと16万円・10%だと20万円と4万円もの差が出てしまうのです。 そのため、買い替えを検討している人は2019年10月までに行った方がお得となります。 1 車検費用とは; 2 20年15万キロまでに行った整備箇所と金額. © NEXTAGE Co., Ltd. 2020. 2.1 今回の修理箇所はマフラーと燃料フィルターのみ; 2.2 車を購入してからの整備費用は20万円高いか安いか; 3 冷静に車検通す通さないを判断 … それとも車検を受けて乗り続けた方がお得なのかを判断する基準について解説していきます。, 新しい車を購入する場合、今まで乗っていた車を売る(買取サービス)ことがポイントです。, 買取車種・年式によっては、「購入費 – 買取代」が車検代より安くなることもあります。, 買い替えの場合は、購入費から買取代を引いた額を次の車を使用するであろう年数で割れば年間費用を算出することができます。, 現在国産車の多くは、新車登録から5年間もしくは10万キロのメーカー保証が付いています。, これは逆に考えると新車登録から5年、または10万キロ走行以上は故障の可能性が高まることを意味します。, いくら車検を受けた方が安く済むからといって、次の車検までに故障して数十万円の修理費を払っていては意味がありません。, 5年で壊れることは滅多に無いですが、そこから段々と故障のリスクは高まっていきます。, それではここからは、「車検を受けて乗り続ける場合」と「新しく車を買い替える場合」。, 車は使用年数が増えたり走行距離が伸びたりするにつれ故障のリスクが高まっていきます。, エンジンなどの大きな部品が故障した場合には数十万円の修理費が必要になることもあります。, また同じ車に何年も乗っているとどうしても飽きてきてしまうので、これも車検を受けて乗り続ける弊害の1つでしょう。, 更に古いモデルの車に乗り続けなければならないため、最新の便利で経済的な技術や安全技術を搭載した車に乗ることができません。, そして、車検を受けて乗り続ける車の買い取り価格は年数が経ち、使用年数が増えるにつれてどんどん下がっていってしまうことも忘れてはいけません。, 新鮮な気持ちになるという面はもちろんですが、新しい車になることで今の車にはない最新技術が搭載された車に乗れるというのが大きいですね。, 燃費などの経済性や衝突軽減ブレーキなどの安全性の技術は、日々進化しているため5年前の車と今の新車を比べても雲泥の差があります。, そういった車に買い替えることで、ランニングコストの削減ができたり、確かな安全を手に入れたりできることは想像以上のメリットがあります。, 車検を受け続けて車の価値がなくなった頃に買い替えるよりは、高い額で買い取ってもらえる間に買い替えをするのも1つの手です。, 最近では軽自動車でも新車で買えば200万円以上するものもあり、安く車を手に入れることが難しくなってきています。, また購入するとなるとどうしても色々な手続きが必要になり手間がかかってしまうのもデメリットですね。, 基本的に、車検代がそこまで高くないのであれば車検を受けた方がお得ではあるのですが、買い替えを迷うということは、以下のようなことがあるのではないでしょうか。, お得に買い替えをしたいなら、新しい車の値引きよりも、今の車を高く買い取ってくれる業者を見つけるのが1番大切です。, 商談のテクニックを使って大きい値引きを引きだせたとしても数万円変わる程度でしょう。, それで満足して、今の車はディーラーに安く下取りされていた、ということになっては全く意味がありません。, 一括見積もりなら必要な情報を1度入力するだけで、数十社もの業者に見積もりを依頼することができます。, 数十社の買取業者はその中で1番高い買取価格を付けないと車を売ってもらえないため、細かい交渉など無く高い買取価格を提示してもらうことができます。, また車の査定も、業者まで持って行く必要はなく、業者が自宅や指定場所に来てくれるので手間もかかりません。, 無料で利用できるので、もし車を売却するならば一括見積もりサービスを試してみることをおすすめします。, 本記事では車検を受けて車に乗り続けるか、それとも新しい車に買い替えるか、損得で判断する方法を解説させて頂きました。, 車検を受けるか、それとも買い替えるかは、様々な判断基準が絡んでくるので悩むポイントだと思います。, 愛車HONDA FREEDの車検前のため買い替えを検討中。車を少しでも高く売れないか、友人のスバルにアドバイスを求める。 これまでは毎回ディーラーで下取りして新車を購入、基本的に新車好き。 車は主に通勤・家族旅行・テニスなどで使用。43歳、不動産営業職。千葉県在住、子供は2人(中1、小5)。 © 2020 車を高く売る教科書 〜車売却はじめて講座〜 All rights reserved. 毎月10万円のローンを返済中。お小遣い月3万円でなんとかやりくりしている。, 実家の中古自動車販売店にて修行した元車買取の営業マン。10年の業界キャリアがありこれまで様々な車を買取してきたプロ。ノリオから「車を高く売りたい」と相談を受けアドバイスをすることに!ノリオとはテニス仲間。愛車はレガシー。人から頼られるのが好き。こう見えて43歳。. 車検か買い替えかで悩んでいます。車検の見積もりをとったところ、20万位になりました。オイル漏れがあるらしく、プラスでそこの修理代もかかります。13年式のホンダのストリームです。走 行距離は … 車の買い替えを検討している人で、いつ車を購入しにいっても、車の値段は同じだと考えている人もいるのではないでしょうか。, 実は、車の価格は時期によって変わり、タイミングによってはお得に購入できるのです。乗っている車が古くなってきた、新型の車が欲しくなったと考えている人は、おすすめの買い替え時期を理解しておく必要があります。, どうせ買い替えるのであれば、少しでもお得に購入したいと思っていると思いますが、購入のタイミングを知らないためにお得に購入できていない人も少なくありません。, 今回は、買い替えを検討している人は、少しでもお得で購入できるように車買い替えのおすすめ時期について紹介していきます。, 車買い替えにおすすめの時期は「車検前」といわれています。車検時期は、新車から3年目に迎える車検からはじまります。とくに5年目の2回目と7年目の3回目の車検前には、代替を検討する人が多くなるのは、リセールバリューが高く車検代を支払う前だからです。, 車検前の買い替えタイミングを逃すと、車検代や交換部品代、税金などを余計に支払うことで損をすることもあるので、早めに買い替えの検討をはじめましょう。, 車検を行うと車種によって数万~数十万円程の費用がかかってきます。なかには、車検が終わってから買い替えを行うことで買取価格が優遇されるので問題視していない人もいます。, 確かに、買取価格が優遇される可能性は高くなりますが、車検にかかった費用以上に査定金額が高くなることはありません。また、売却時の査定内に一緒に含まれるため、どのくらい優遇されたかを完全に把握するのは難しいといえます。, つまり、買換えを検討しているのであれば、車検代を支払う前がおすすめということです。, 車検を通す前に買い替えをすれば、新たに購入する車が車検切れだったとしても、元々支払う予定の費用なので負担額に差はありません。, 2重に車検代を支払うよりはお得というわけです。また、車検の時期は自家用車だと新車購入から3年・5年・7年という時期に訪れます。車の査定額は車種によって異なりますが、年式が新しいだけ高くなるため、最初の3年目の車検前もおすすめの時期に一つです。, 最初に訪れる車の買い替え時期は、新車から数えて3年目の車検前のポイントです。新車から3年経過するこの時期は、車検費用がかかるだけではなく、モデルチェンジやマイナーチェンジを迎えることにより、査定額が大きく下がることもあります。, 3年落ち程度のキレイな車や人気車なら、リセールバリューが高いうちに買い替えを検討してみるのも良いでしょう。自分の車の現在価値を知るためにも、査定してみることをおすすめします。, 新車から5年目は、多くの人が車の買い替え時期の目安としています。5年を経過するとメーカーの特別保証が期限切れとなり、多くの消耗品交換が予想される2回目の車検を迎えるからです。特別保証は、費用を払えば延長できるメーカーもありますが、コストの上昇は避けられません。, しかし4年落ちの車検前なら査定額はまだ期待できます。故障の心配をしながら乗り続けるより、安全性能が格段にアップしたニューモデルへの買い替えがおすすめです。, 車は7年を超えるころから、故障や費用の掛かる部品交換などが顕著になりコストがかかります。また、リセールバリューも7年を超えると、車種によっては査定額が新車価格の10%以下になってきます。, 古い中古車の価格を支えてきた途上国向けの海外輸出では、人気車が絞り込まれています。相手国側の安全と環境上の懸念から、右ハンドル車やスクラップ同然の古い車の輸入制限も増えました。, 7年目に訪れる車の買い替えは、進歩した安全性能、燃費向上や新たな保証など、メリットも多くおすすめです。, 13年目が車の買い替え時期とされるのは、自動車税が約15%上がるからです。また、6回目の車検ともなると経年劣化による故障や大きな部品交換など、整備費用もさらにかかるようになります。今後はさらに、部品生産の終了を迎える車種も出てくることから「修理する際に部品が無い」といった事態にぶつかるかもしれません。, 13年目ともなるとリセールバリュー無いイメージもありますが、クロカンモデルやミニバンには市場価値の高いものもあり、ダメージが少ない車は、想像以上に高い査定額が付くこともあります。, 車を買い替えれば安全快適なドライブが楽しめるばかりでなく、豊富な減税車種から選ぶことで税金がほとんどかからない車も選べます。13年目の買い替えポイントを見逃さず査定だけでも試してみましょう。, 車の買い替えにおすすめの時期は「決算期前」のタイミングが良い、といわれています。自動車業界では、メーカーから販売会社、それを取り巻く保険会社など、この決算時期を中心に大きな販売目標が組まれメーカーが報奨金を出すなど、もう60年以上も続く慣習となっています。, そのため決算期を迎える3月と9月に毎年セールイベントが実施され、決算期前の買い替えが絶好のタイミングとなっています。, 買い替えをお得にしたい場合、ディーラーや買取店の決算期直前を目安にするのがおすすめです。車を売る各店舗の決算月は年に2回あり、ほとんどの業者が年度末の3月と半月決済の9月となっています。, 各店舗には販売目標があり、決済月を区切りとして達成を目指しているのです。そのため、目標を達成させるため決済月までに、より多くの車を売らなければなりません。このタイミングで買い替えを行うと、1台でも多く実績の伸ばしたいため、通常よりも安価に購入できる可能性が高まります。, しかし、決算月の中にも注意する点があります。それは、必ず「直前」というタイミングを逃さないことです。販売店側の実績は、基本的に購入が登録される納車後となります。つまり、納車前に決算月を超える可能性があれば、店舗側は安くする必要がなくなってしまうのです。, そのため、納車完了が決算月前になるタイミングで買い替えをしなければなりません。新車だと車種の在庫によって納車の時期は不透明で、中古車ではタイミングが合わないと好みの車がないケースもあります。決算月直前は買い替えでは、あくまでも「納車完了」を頭に入れて数カ月前からの準備をしておきましょう。, 先ほど紹介した決算月ですが、中でも車の販売業者が最も忙しい時期が3月です。しかし、買い替えを検討している人は2月などから店舗を探し始めても間に合いません。というのも、1月~3月は新年度に向けて車の需要が一気に高まる時期なのです。, 就職や進学が決まる月は遅い人で2月頃なので、4月の通勤や通学に間に合わせるようと多くの車が売れていきます。そのため、繁忙期に急いで買い替えを行っても納車が3月末までに間に合わず、高い価格で購入することになってしまうのです。では、いつ頃から準備をすればよいのでしょうか。, 3月に向けて買い替えをするならば、12月~翌年の1月には店舗を確定させておきましょう。そのためにも、2月頃には契約を行うのがベストです。2カ月の期間があれば、十分決算月までに納車は可能ですし、早すぎても価格交渉が上手くいきません。また、買取業者も3月までに多くの車を欲しがっているので、遅くても2カ月前から動き出すのがおすすめです。, 半月決済である9月も買い替えのおすすめ時期です。しかし、3月のように数カ月前から準備する必要はありません。9月も繁忙期ですが、車の需要は3月ほど高くはないので、9月中に納車できるように準備していくのが理想のタイミングとなります。, 9月前の時期は車種にもよりますが、納車完了は2週間~3週間程度を目安にしておきましょう。買い替え店舗の決定を8月中に行えば価格交渉をする時間はしっかり取れます。また、9月中旬までには納車をしたいと伝えることで販売業者に安心感を与えられ、通常よりもお得に購入できる可能性が高まるでしょう。, 価格交渉の際に、準備できるのであれば数社の見積もりを用意しておくのもおすすめです。見積もりがあれば具体的な価格が分かるだけでなく、購入したいグレードやオプションの程度も一目でわかります。, 同じグレードだと在庫の関係で納車に間に合いそうになければ、お得な価格でグレードアップする可能性にも期待が持てます。見積もりがあるから必ず安くなるわけではありませんが、交渉をスムーズ進めるツールとして、できるだけ用意しておくと良いでしょう。, 車の買い替えタイミングで、もう一つ注目したいポイントは、査定の価格変動前です。車はモデルチェンジやマイナーチェンジが実施されるので、一般的には、そのタイミングより前の査定価格が高い傾向です。, ただし、今乗っている車の人気が高く、新型車の予想評価があまり良くない場合は、それほど値落ちが少ないこともあるので、まずは査定をして評価額を確認してみましょう。, 所有している車の新型モデルが発売される時期が近付いている場合は、買い替えのタイミングです。しかし、新型モデルが発売される前に売れば査定額が高くなるというわけではありません。, 通常、車のモデルチェンジは5年~10年の単位で行われます。買い替えをする車を売却する場合、新型モデルが発売されてしまうと旧型車の売却額は下がってしまうのです。車種によっても差はありますが、旧型車の需要が低いほど下がり幅は大きくなります。そのため、新型の車が発売される前に買い替えをしないと損をしてしまうのです。, ただし、車種によっては新型よりも旧型の方が、人気が高いケースもあります。その場合、一時的に落ちた査定額がもとに戻るパターンもあるので、買い替えを検討している車がとても人気があり、リセールバリューが高いと分かっているのであれば1年間程度待ってみるのも良いでしょう。買い替えを待つ場合は、自分の車が人気車なのかも理解しておくと安心です。, 政府の発表により2019年10月から消費税が10%に引き上げられるとされています。そのため、買い替えのタイミングは消費税の増税前がおすすめです。車は1台の単価が高いため、消費税の影響を大きく受けます。例えば、200万円の車を購入する場合、消費税が8%だと16万円・10%だと20万円と4万円もの差が出てしまうのです。そのため、買い替えを検討している人は2019年10月までに行った方がお得となります。, しかし、消費税の税率が適用されるのは「納車完了」だという点に注意しましょう。例えば、納車完了が2019年10月20日の場合、消費税は8%です。一方、2019年10月までに契約をしたが、納車が2019年11月1日だった場合、消費税は10%となります。, つまり、消費税が反映される時期は契約日ではなく、「納車完了日」だということです。そのため、消費税増税前に買い替えを検討している人は数カ月前に契約を行っておくことが重要でしょう。, 業者に車の査定や買い替えを依頼する前に、やるべきことが3つあります。はじめに買取価格の相場を知るため検索をして、次にローン残債の有無と金額を調べ、最後に自動車税納付の有無を確認しておきます。, 3つのやるべきことは、いずれもスムーズに車の買い替えを進めるために必要なプロセスなので、下取りや買取査定の前に準備しておきましょう。, 買取価格の相場を調べておくことは、適正な販売価格を知るために必ずやっておきましょう。, 相場を知らないで売却しようとした場合、高すぎる値段を希望すれば売れなくなり、売るタイミングを逃すことになります。逆に安すぎれば損をして売ることになるので、相場を検索して調べておきましょう。, 現在乗っている車を買い替えるときは、ローンの支払いの有無と残りの未払い分について、ローン会社に残債の確認をしておきましょう。ローン残債は、査定額から差し引かれて、残りの金額を車の売却代金として受け取ることができます。, ローン残債については、現在の残債、当月末支払い後の残債など、車の買い替えに必要な情報を担当者に確認して準備しておきましょう。, 自動車税は、毎年4月1日時点の車の名義人に納付義務があり、税金の納付書が各都道府県より送付されます。車の買い替えで買取査定など業者に売却する際は、自動車税納付済みの証明となる納税証明書が確認できるように準備しましょう。, ただし、年度末の3月に売却する場合、3月中の名義変更が間に合わないことがあります。その場合、翌4月以降の自動車税の納付書が売り主に届きます。次年度分の自動車税支払いについては、協議を行い確認しておきましょう。, 車を買い替えるおすすめの時期を理解するだけでなく、準備の期間を逆算することも重要です。先ほど3月や9月の準備期間の違いを紹介しましたが、あくまでも目安に過ぎません。人気の車種だと納車まで3カ月以上かかるケースもありますし、手続きや書類に不備があればタイミングを逃す危険性もあります。, そのため、買い替えを検討する場合は時間のロスが発生しないように、手続きや必要書類の知識をしっかりと付けておくことも重要です。おすすめの時期は確かに、通常よりもお得に購入できる可能性が高まります。しかし、タイミング通りに購入するためには、買い替えに対する知識や準備の期間をしっかりと持つことが大切です。そのためには、具体的な計画と早い動きだしが成功のカギとなるでしょう。, 車の買い替えで重要になる点が依頼する業者です。業者の中には、営業トークが上手く納得のいく金額ではなくても、買い替えをしてしまう人も少なくありません。そのため、交渉が苦手な人は、さまざまな業者に足を運ぶのはリスクがあります。そこで、おすすめしたいのがネクステージです。, ネクステージはネットの口コミでも多くの高評価を得ており、高額査定に人気が高い業者です。そのため、高く売れて安く買えるメリットがあります。また、販売している台数も豊富なので自分の好きな愛車が見つけやすいのも特徴です。, さらに、売却と購入の手続きをネクステージが行ってくれるので、不備が起こりにくく買い替えのタイミング時期を逃すことなくスムーズに行えます。, A.車検を通すためには、税金などの法定費用と点検・修理費用を負担する必要があります。不備が少なければ費用を抑えられますが、5万円~10万円を支払うケースも多く見られる過程です。車検直後に売却すると車検代が損に感じるため、直前のタイミングを選ぶユーザーが多いといえるでしょう。, A.車検直前や販売店の決算前が、車をお得に取引しやすい時期です。特に決算前の中古車販売店は買取・売却いずれにも力を入れるため、「高く売って安く買いたい」という希望も叶えやすくなります。自動車税(種別割)を節約するのであれば、4月1日までの買い替えが賢明といえるでしょう。複数の要素を組み合わせると、さらにお得な買い替えが期待できます。, A.車の所有年数が直接影響するのは「自動車税(種別割)」と「自動車重量税」の2種類です。排気量や車両重量に細かく区分されていますが、登録から13年が経過すると税率が高くなります。ハイブリッドカーのように一部例外とするモデルもあるため、13年以上の所有を予定している方は税金面も考慮できると安心です。, A.売却予定の車にローン残債がある場合でも、買い替えの取引自体は可能です。ただし、ローン契約先から残債分の支払いを求められる可能性があります。現状抱えている残債も新しい車代に含めたい場合は、ローンの組み変えができる方法を選ぶのがおすすめです。売却益を返済に充てると、一時的な出費も軽減できるでしょう。, 車の買い替えを検討している人は、おすすめの時期を確認して数カ月前から準備をしておくと成功しやすくなります。車は家の次に高い買い物と呼ばれています。そのため、お得に買えるようにしっかりと買い替えに向けて準備することが重要です。, 査定見積もりや新車中古車の見積もりを複数社で集めるのは苦手という方は「愛情買取」で信頼できる「ネクステージ」で車の買い替えを検討してみてください。. 最高値を付けた買取店に「車を売ります」と連絡しましょう! これで最高値で売却完了です。, 匿名(個人情報なし)で車の買取相場・査定価格を知りたい人へ!おすすめサイトはここ!. 車検代が20万円以上の見積もりをもらった場合は、他の店でも見積もりをもらうか、交換部品が本当に今必要か、をお店でよく確認しましょう。 車検代が20万円!買い替える? 車検に20万円以上かかるとなると、この先も車の維持費は結構かかりそうです。 例えば200万の車を購入し、10年乗る予定だとします。 更に今の車を100万円で買い取ってもらえたとすると年間費用は10万円ですよね。 この時仮に車検代が20万円を超えているのであれば買い替えた方がお得になります。 使用年数や走行距離で考える