q 1 0 0 1 1142.4316 568.7388 cm Q 0.000000 h 0 0 0 1 k 65.000000 / PROCESS <0034>Tj 35.000004 0 0 l 100.000000 /C0_5 1 Tf DBAMDAwMDAwQDA4PEA8ODBMTFBQTExwbGxscHx8fHx8fHx8fHwEHBwcNDA0YEBAYGhURFRofHx8f 100.000000 uuid:5B20892493BFDB11914A8590D31508C8 0.000000 psGntdPLCkwlDkAByVAIVJD1HXCDa2mFjrhu4YXSyuP3lRIQtFRlAJB9QxsR2B44Uo24neK0edU5 95.000000 Copyright© ET 1 0.5 1 0 k BT 10.5 0 0 10.5 39.8345 51.0234 Tm UtHhMxZi8CRygvElQzRTkqKyY3PCNUQnk6OzNhdUZHTD0uIIJoMJChgZhJRFRqS0VtNVKBry4/PE PROCESS PROCESS 0.000000 C=25 M=40 Y=65 K=0 0.000000 CMYK グリーン 1 0.5 1 0 k 24 0 0 24 210.749 723.0659 Tm PROCESS 0.000000 0.000000 ナースのヒント|明日のヒントが見つかるWebメディア , クロスカラーグループ 0.000000 50.000000 C=50 M=70 Y=80 K=70 f /C0_2 1 Tf PDF/X-1a:2001 547.646 457.795 -482.446 350.08 re -338.608 0 l 0 0 m PROCESS 0.000000 PROCESS 0.000000 25.000000 0.000000 50.000000 25.000000 0 -2.769 TD 100.000000 2015-12-10T00:41:24+09:00 PROCESS [<0A5C05C609CB0590>-4<0377>-4<0B0A>19<0351>29<0E4D>]TJ 滝澤 始 100.000000 PROCESS DB CMYK CMYK 0.000000 /fKWr9mRSV4vTYb+OWENNIKLy75wtp7dIfLNqHRhE1ywilA+IqkgMlW4xq2w/soQFZ55j/L3R9f1 CMYK afbSW8ly93KWJlnaJIqliW+zGqJ+12xV5/q+leYR5neex0eS709HDD1AFSRidyarzG6j7sgYWWNb CMYK 0.1 0 0.2 0 k 10.000002 30.000002 18 0 0 18 72.1987 377.665 Tm <02DE0A7A08C8027F087E0B47057007A2>Tj 001.000 default 0 0 0 0 k 0 0 0 0 k 12 0 0 12 27.2983 429.0234 Tm <0050004F0055004A004F0046004F004400460010>Tj /C0_1 1 Tf 0.3 0.4 0.6 0 K 0 -3.111 TD /GS0 gs 35.000004 ホワイト Q 1 0.5 1 0 k q 1 0 0 1 435.5449 585.291 cm 0.000000 xmp.did:1E1737971720681180838E5CA3B2CAEC Black endstream endobj 32 0 obj <>stream グレースケール <00550049004600010024004600530055004A0070004400420055004A0050004F000100240050004E004E004A00550055004600460001005000470001002F004600460045004600450001002D0050004F0048000E003500460053004E00010024004200530046000F>Tj luavKBzMVF6+HfIRJJ3FMQTabfl9qmt6yjT6pbtaLC6hOUrrIZFkAo0bIoKtuRxOwG9a5ZTNIPzS <0024>Tj 5.000001 0.000000 PROCESS 0 0 0 1 k PROCESS 0 1 1 0 k 急性間質性肺炎の疑いのある患者さんの聴診音 CMYK <02790CDD0B8C063B0CF302790A2D0EBE0279>Tj xmp.iid:D3CD3ACFAE2068118083A54A1B61826E Open Type PROCESS CMYK C=35 M=60 Y=80 K=25 90.000000 /C0_0 1 Tf PROCESS 0.000000 60.000004 Open Type /C0_0 1 Tf Yellow CMYK A-OTF UD新ゴ Pro 2017/05/28 75.000000 初期設定のスウォッチグループ 0 0 m Version 1.003;PS 1;hotconv 1.0.57;makeotf.lib2.0.21895 19.999701 hfTq0nCOaeWKtAR1rbgAUU1PLv8ALBSvTdJsG0yWKNZ3vWuSRIWMaiMBa1+BVr0p0wGxyQxv8wE8 36 0 l f PROCESS 0.000000 C=10 M=70 Y=80 K=0 0 0 0 0.3 k f 0 Tc 0 Tw 18 0 0 18 850.4111 630.791 Tm 0.000000 12 0 0 12 105.0063 372.2456 Tm /9j/4AAQSkZJRgABAgEASABIAAD/7QAsUGhvdG9zaG9wIDMuMAA4QklNA+0AAAAAABAASAAAAAEA 0.000000 2015-12-23T14:56:35+09:00 10.000002 CMYK PROCESS 69.999702 <00350049004A00540001004A00540001005700460053005A00010046248E004600440055004A00570046000D00010051004200530055004A00440056004D00420053004D005A00010047005000530001004A004F0055004600530045004A00540044004A0051004D004A004F00420053005A0001>Tj PROCESS 39.999401 7d1IMNyHCChBL1JBpxVanbpg4jdUtpPZflTfGCyEctu8JaKO84+m6hLeQV4kJVmqu+/ahySUz84a ET 100.000000 Basic CMYK UDShinGoPro-Heavy m21S+lmElqFCRxNwFU5UPIfEK896HsMUqZ/LHyoHMiJcRSUI5xzyKwqACQQep44qn8dpaRaZHb/G 0 0 0 1 k yXN3E2krdJ6IkRxbygBiqhkYr6kfUsRvkCZHp9rOAifqJHu3/SGOA/mPJbpZyw3VHVB6yvHGVViB -338.608 0 l PROCESS CMYK 0 0 0 0 k 6NnOkqPLMGkUiLdH4lCqk8HOxwUFY6/5c+d2kQJ5qnjhFFZUluwacyzEfvqcqGm/04VZBqPkyXVP PROCESS /C0_1 1 Tf 0.000000 BT 0.000000 2015-12-23T14:56:17+09:00 <0023>Tj <002700500053000100490050004E00460001004900460042004D005500490044004200530046000D000100510053004A004E00420053005A00010045005000440055005000530054000100440042004F000100440050004E004E0056004F004A00440042005500460001>Tj PROCESS <004200550049004A004F00480010>Tj 100.000000 0.000000 Version 1.003;PS 1;hotconv 1.0.57;makeotf.lib2.0.21895 /C0_0 1 Tf 36 0 l 100.000000 1 100.000000 saved 0 0 0 0 k 0 0 0 1 k /Im1 Do 0.000000 80.000000 0.1 0 0.2 0 k CMYK saved 各論2のモデルカンファと資料扉_x1a形式 C=75 M=100 Y=0 K=0 CMYK proof:pdf C=15 M=100 Y=90 K=10 A-OTF UD新ゴ Pro 7de/SuRMbO7EhmlrpFtaae0UzPcuqni/pFaAKAFVUUbCmS4QlW120E+jNAis78QsK0apbotaA0xK 75.000000 10 0 0 10 100.0063 388.0054 Tm 4DKW+3u81YDB50/L2XVPTP1oX68x/dSSMyqWLf3TyVVGr8iPbExF3TISI2B5omz81eR/Wn0jT72T 2015-12-29T18:46:29+09:00 HJ3fbfK8n0n3M4cw9B8j/wDKUWX/AD1/5Mvmq0394HOy/SXq+bVwn//Z saved 60.000004 <09EF08C4>Tj 0 -2.769 TD UDShinGoPro-DeBold 0.000000 29.998802 0.000000 /GS0 gs <002200230024002500260034>Tj 間質性肺炎[電子版のみ] 関節リウマチ 2021年1月号予定; 急性冠症候群; 筋萎縮性側索硬化症(als)[電子版のみ] くも膜下出血; 甲状腺機能亢進症:バセドウ病(グレーブス病)[電子版のみ] 骨粗鬆症、椎体骨折[電子版のみ] -さ- 子宮がん 80.000000 100.000000 CMYK False XmHlu3/MexuoUPlyF7dmWOa4nJR0iZgzUEZWvGp7bn6MhGFMYinp17ahdL1BLaEtLJbFeAVvjbi+ [<0047005000440056005400010050004F0001>496<02A000220023002400250026003402A1>496<000F0001>]TJ CMYK CMYK 0.000000 CMYK イエロー 看護師 看護計画 大阪府 呼吸器科, 肺炎には細菌やウイルス感染による肺炎や、誤嚥性肺炎、間質性肺炎、マイコプラズマ肺炎などいくつか種類があり、それぞれ肺に炎症を起こす疾患ではありますが、発生機序が異なり、治療や症状も異なってきます。肺炎の種類によって看護ケアも異なるのでしっかりと理解しておく必要があるでしょう。ここでは、主に間質性肺炎についてとその看護についてご紹介します。, 肺炎とは、気管支や肺(肺胞)が炎症を起こすことをいいます。細菌やウイルス感染によって発症される場合が多いと言われています。肺には直径0.1〜0.2mmほどの小さな袋状の肺胞というものがぶどうの房のようになっています。この肺胞が伸縮して酸素と二酸化炭素のガス交換を行なっています。一般的にいわれる肺炎がこの肺胞の炎症です。しかし、肺胞ではなく、肺胞の壁や周辺に炎症が起こる肺炎があり、それを「間質性肺炎」といいます。間質性肺炎について説明していきます。, 間質性肺炎は、肺の間質つまり肺胞周囲の胞隔壁(胞隔)と呼ばれる間質肺胞を覆っている壁や、その周辺が様々な原因によって炎症や損傷が起こり、ここを病変の場としている状態で、壁が繊維化して厚く硬くなります。そして、肺の最小単位である小葉を囲んでいる小葉胞隔壁や肺を包む胸郭も繊維化して厚くなるということが起きます。そのため、肺の膨らみが悪くなり、ガス交換がうまくいかなくなるのです。繊維化が進んで肺が硬く縮むと、蜂巣肺といわれる穴ができるようになります。, 他の肺炎の種類として、肺胞が炎症して起こるものがあり、その主な疾患としては食べ物の誤嚥することによって起こる誤嚥性肺炎があります。間質性肺炎はいくつかの種類に分けられますが、一般的に原因不明といわれる特発性間質性肺炎、原因が明らかであるものは、塵肺、過敏性肺炎、薬剤性肺炎、放射性肺炎、ウイルスなどによる感染症(ウイルス肺炎、真菌症、カリニ肺炎)、全身性疾患(慢性関節リウマチ、全身性硬化症、多発性筋炎、皮膚筋炎、全身性エリテマトーデスなど)の肺病変である膠原病肺、サルコイドーシスなどがあります。原因不明である特発性間質性肺炎は、未だに原因を特定できてはいなく、難病にも指定されていています。, ⑧特発性pleuroparenchymal fibroerastosis(IPPFE), 日本では、特発性間質性肺炎の中で特発性肺線維症(IPE)が最も患者数が多く80〜90%を占め、次いで特発性非特異性間質性肺炎が5〜10%、特発性器質化肺炎が1〜2%となっています。特発性間質性肺炎以外の原因がわかっている間質性肺炎の原因としては、空気中に浮遊する微粒子(石綿などの粉塵)の吸入による塵肺、ホコリ、かび、ペットの毛などを繰り返し吸引したことによるアレルギー性の過敏性肺炎、抗がん剤や解熱性消炎鎮痛剤、総合感冒薬などによる薬剤性肺炎、放射線の照射による放射線肺炎、インフルエンザ、マイコプラズマなどによる感染症、関節リウマチなどの膠原病が原因となるものがあります。, 間質性肺炎に関してですが、こちらは病状が進行するまで症状がほとんどありません。病状の進行は、急激なものもなかにはありますが、基本はゆっくりと進行し、症状が出現するまでには数年かかります。病状が進むと主な症状として、呼吸困難、呼吸苦、息切れ、痰を伴わない空咳(乾性咳嗽)が出現します。このような症状は、運動をしたときや、階段を上るとき、坂道などの労作時に起こりますが、病状が進行すると安静時や日常動作時にも起こることがあり、日常生活に支障が出ることがあります。, 胸部の聴診でパチパチやパリパリという音が聴取できます。これは捻髪音という髪の毛をつまんで捻ると出るような音や、ベルクロ・ラ音というマジックテープを剥がす音に似ています。他には、発生機序は分かっていませんが、手足の指の末端が太鼓のバチのように丸みを帯びるような特徴であるバチ指が見られることもあります。, 胸部X線の場合、間質肺炎の初期には肺の下葉や肺全体が白っぽくぼんやりと写る「すりガラス様陰影」が特徴です。CTでは、どこの部分がどの様に変異しているかを読影し、どの病型であるかを見分けます。, 肺活量を測定して、肺の膨らみや酸素を取り込む能力を調べます。体格や年齢から見て平均値との比較を%肺活量といい、肺機能の重症度の判定をします。, 炎症の度合いを調べるために、LDH、CRPなどを調べますが、肺組織の破壊程度を調べるために、SP-A、SP-D、KL-6というマーカーを調べます。この数値が高いと間質性肺炎である可能性が高く、症状の進行具合や、治療の効果判定に信頼性があります。, 内視鏡で気管支や肺から細胞を採取する気管支鏡や胸腔鏡、また開胸によって肺組織を採取する外科的肺生検で病理検査を行います。他にアイソトープ検査という、ガリウム67という放射性物質を標識したクエン酸を注射して2日後に撮影するという検査があります。これは炎症が強い部位にクエン酸が集積するという性質を利用して病変の広がりを検査するものです。, 要因のはっきりしている間質性肺炎については、その原因となっている環境から離れることや、元の疾患に対する治療が行われます。間質性肺炎が発症している場合、その効果が認められているものとして、副腎皮質ステロイド剤と免疫抑制剤の2種が使われます。特発性配線衣装に対しては、抗線維化剤(ピルフェニドン)が使われますが、この薬剤が効きやすい病型とそうではない病型があり、間質性肺炎のすべてに有効な治療法ではありません。また、薬剤の副作用も強く出る場合もあり、使用には慎重な判断が必要なのです。, 進み具合は比較的ゆっくりであることが特徴ですが、副作用が強く出てしまったり、薬剤の効能よりも負担が多くなる場合には、対症療法として、鎮咳剤や去痰剤を使用することもあります。ガス交換が何らかの原因によってうまくできないために、日常生活に支障が出ている場合には、酸素療法も行われます。自宅や外出時でも酸素吸入を行う必要がある場合も多いです。, 間質性肺炎のアセスメントポイントのひとつ目としては、繊維化した肺胞によってガス交換がうまくできないことでの低酸素血症や呼吸苦の発生の有無と程度を観察します。, 低酸素血症は、間質性肺炎の症状が徐々に進んでいくために、軽度なら自覚がなく気づかないことがあります。労作時の呼吸苦や息切れ、空咳などの症状がないかどうか、また、チアノーゼや血液検査データなどから、病状の進行具合と、日常生活で支障が起こっていないかをアセスメンントします。そして、間質性肺炎の原因をアセスメントして、病状の理解や、家族背景、生活環境での悪化が考えられるなら、看護計画を立案して関わるようにします。, 呼吸は健康である時は自然なことであり、無意識なものではありますが、疾患によって呼吸苦があると、とても辛く不安を伴うものです。肺炎の看護は、疾患を理解しての身体的な部分と精神的な部分へのアプローチが大切ですが、間質性肺炎は進行していく疾患なので精神面への関わりも重要なものなのです。, 検査と技術 vol.29 no.8 (大塚満雄,高橋弘毅,阿部庄作|2001/07/01), 京都府出身、大阪府在住。大阪府内の一般病院で呼吸器科に8年間就業の後、現在はフリーの看護師として、さまざまな医療現場で働きながら、看護分野に関する取材や執筆活動を精力的に行っている。座右の銘は「健康第一」。過酷な看護業務に耐えうるため、また患者に対する献身的な看護を実施するため、自身の健康も必要と考え、2012年からマラソンを始める。現在では各地のイベントや大会に参加するなど、活躍の場は看護のみにとどまらない。, 脳疾患の代表的な疾患は、脳梗塞・脳出血・くも膜下出血の3つが代表的な脳血管障害です。脳神経外, 悪性リンパ腫はリンパ球ががん化して、無制限に増殖していく病気です。悪性リンパ腫は化学療法や放, 1999年、大学病院で肺手術と心臓手術の患者を取り違えて手術するという医療事故が発生したこと, 赤ちゃんが生まれてくる喜びは計り知れないものです。しかし、生まれてきた赤ちゃんが小さかったり, 大腸がんは、部位別がん死亡数で男性は第3位、女性は第1位のがんで、近年患者数が急増しています。大腸が, VAP(人工呼吸関連肺炎)の看護|原因や予防バンドル、ガイドライン、6つの看護ポイント.