0000001750 00000 n 今使ってる無線LANルーターを廊下の壁など電波の飛びやすい所を探して移動してみるのが安上がりかな? なぜそうなるのか理由の分かる方、教えてください。, #3の方のご回答にある通りだと思います。 0000024752 00000 n まだあくまで思考実験の段階なのですが・・。 メーカーページ 現在、母屋で使用しているルーターは『corega』の『CG-WLBARGNS』です。 図4-4-8に示すように、シールドケースの接続部分をしっかり接続します。導電性ガスケットなどを使い、シールド面を連続的に接続すると、良好なシールドが維持できます。ネジや接触点だけで接続する場合は、ネジや接触点の間隔を小さくします(波長の1/20程度)。 2.4GHz帯は6チャネル、5GHz帯は36チャネルを利用。5m離れたAPと測定器の間に様々な遮蔽物を挟んでみて、どのくらい電波が減衰するかを調べた。 通常、APは天井などの高い場所に設置することが多い。 私のPCがある場所は2階で、1階のルータの場所と一番遠い場所にあります。 0000018216 00000 n 現在、母屋で使用しているルーターは『corega』の『CG-WLBARGNS』です。 電波も光と同じ電磁波の一種ですから,電球を送信 局に置き換えると,上に書いた光とまったく同じ状況 が当てはまります.自由空間では本当は電波は減衰し ていないのですが,同じ面積(光の場合の受光 … startxref  スチール製の机に入れてみると、電波が届きます。携帯電話をアルミ箔で包んでみると、電波は届きません。お菓子の缶に入れてみると、電波は届きません。 です。 H�b``�```�b`c`��`b@ (�����A &�@ �]���A�A�!��ˁ߁}���OL�r |�00p+ ڀ*�9�00�oa��P���X���|�%�Y�� � �u���c~G� �.7F��p�Rk>9�Xh�0\dhk�rJ`M�x0I�I�!�������V��)lM���d�X � y�����_H3q @� ��, endstream endobj 85 0 obj 215 endobj 15 0 obj << /Type /Page /Parent 11 0 R /Resources 16 0 R /Contents [ 20 0 R 23 0 R 29 0 R 31 0 R 33 0 R 36 0 R 40 0 R 42 0 R ] /MediaBox [ 0 0 515 728 ] /CropBox [ 0 0 515 728 ] /Rotate 0 >> endobj 16 0 obj << /ProcSet [ /PDF /Text /ImageC ] /Font << /F2 25 0 R /G1 17 0 R /G2 18 0 R /G3 21 0 R /G4 27 0 R /G5 24 0 R /G6 34 0 R /G7 38 0 R /G8 37 0 R >> /XObject << /Im1 79 0 R >> /ExtGState << /GS1 57 0 R /GS2 53 0 R /GS3 54 0 R >> /Properties << /MC1 80 0 R /MC2 81 0 R /MC3 82 0 R /MC4 83 0 R >> >> endobj 17 0 obj << /Type /Font /Subtype /Type0 /BaseFont /Ryumin-regular-Identity-H /Encoding /Identity-H /DescendantFonts [ 58 0 R ] >> endobj 18 0 obj << /Type /Font /Subtype /Type0 /BaseFont /FutoGoB101-Bold-Identity-H /Encoding /Identity-H /DescendantFonts [ 44 0 R ] >> endobj 19 0 obj 1326 endobj 20 0 obj << /Filter /FlateDecode /Length 19 0 R >> stream 離れに最も近い母屋の窓際に設置しておりますが、離れに届く電波は微弱でほとんど繋がらない状況です。 私の家では1階にモデムと無線LANルータが置いてあります。(プロバイダはauひかりです) 0000025543 00000 n 母屋でフレッツ光(ファミリータイプ)の契約をしており、2~3m程離れた離れでその回線を使おうと考えております。 特に図4-4-7のようにループアンテナの近くでは磁界が強く、波動インピーダンスが377Ωよりはずっと小さくなっています。このためシールド材の固有インピーダンスとのインピーダンスミスマッチが小さくなり、反射損が小さくなっています。これを補うには減衰損を大きくする必要があるのですが、低周波では表皮の厚さが厚くなるため、相当に厚い材料を使う必要があります。  潮汐力やコリオリ力の減算も必要ないです。) (製品の商品仕様詳細ページです : http://corega.jp/prod/wlbargns/spec.htm) 母屋のインターネット環境を、無線で離れでも使えるようにしようと考えております。 図4-4-14(c)はピッグテールを回路グラウンド側に接続した例です。この場合、信号の電流の帰り道としては妥当なのですが、シールドケースとシールドケーブルのグラウンドが切り離されています。このため、シールド効果は著しく損なわれます。, 実は図4-4-14(c)はシールドケースが無い場合や、1点アースの原則からシールドケースに接続できない場合に、一般的にやむを得ず行われている接続です。ノイズをしっかり除去するにはおすすめできないのですが、この状態を改善する方法を図4-4-15に示します。 大きなビルなどでは軽く100mを超えますのですべて光ケーブルです      図4-4-14(b)はピッグテールをシールドケースに接続した例です。この場合、ノイズのシールドの接続先としては妥当なのですが、ピッグテールによってシールドの効果が損なわれています。また、信号の電流の帰り道がありません(図では、比較的遠い個所のシールドケースのグラウンドを介して電流が帰ります)。このような場合、信号の電流によってグラウンドにノイズが誘導され、シールドケーブルはこのノイズのアンテナとして働いてしまいます。 やはり50mぐらいの長さになると、 一般のシールドケーブルの場合も、シールドケーブルの両端で、グラウンドに接続します。ただし、静電シールドの場合は一方の端だけでよいときがあります。, このケーブルのシールドを、シールドケースに接続するときは、どのようにすれば良いのでしょうか。図4-4-12に、2つのシールドケースをつないだときの模式図を示します。 原子核の大きさは1fm(10-15m)程度であり、原子の大きさが1nm(10-9m)に比べると格段に小さい。 %PDF-1.3 %���� 2台セットで1台は母屋の窓際、もう1台を離れの窓際に置きこれからの電波を受信します。 ワイヤレス接続や携帯電話など、なぜ電波は壁を突き抜けて届くのですか? ・商品名:CG-WLBARGNS それで足りなきゃ http://kakaku.com/item/K0000387142/ 辺りの強力タイプでも付けてみるべし。 障害物等により無線による接続が難しく、 自分じゃよく解からない出来ない心配とか、無駄金使いたくないんで確実な方法が良いとかなら、 安い素材として、アルミホイルで覆ってしまうというのを考えたのですが、 離れに最も近い母屋の窓際に設置しておりますが、離れに届く電波は微弱でほとんど繋がらない状況です。 そういうところはどうなっているのでしょうか? Copyright © Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved. 図4-4-12のように、シールドを完全に接続するには、シールドケーブルの外皮を全周で、シールドケースに接続する必要があります。通常、このためにはシールドコネクタが使われます。 母屋のインターネット環境を、無線で離れでも使えるようにしようと考えております。 こんなところでしょうか。, お世話になっております。 <]>> まあ現状でつながってるなら、改善は間違いないでしょう。 れて光は減衰するのではなく,広がるために(光のエ ネルギー密度が小さくなるために)同じ面積で受光す ... が当てはまります.自由空間では本当は電波は減衰し ていないのですが,同じ面積(光の場合の受光面積)で 考えると,つまり,電波の場合には同じ実効面積のア ンテナで受信する ということで、1,000,000倍も違うんですね。 71 0 obj<>stream 以上の理由により、ループアンテナの近くで、なおかつ低周波のノイズは、銅などの良導体ではシールドしにくくなっています。このような場合には、銅板よりも表皮の厚さが薄い鉄板が適しているといえます。また、電磁シールド以外の、磁気シールドなどの手法が必要になる場合があります。, このように、材料としてのシールドの効果はシェルクノフの式によって見積もることができるのですが、電子機器に実際に使われるときは、このとおりの効果が得られないのが一般的です。この主な原因として、シールドの接続部分や開口部がネックになり、材料の性能を十分引き出せないことが挙げられます。ここではシールドケースを接続する際の留意点を紹介します。, 先に述べたように、金属板のシールド効果は主に導電率によって発生しています。すなわち、シールド面に電流が流れやすいことが重要です。シールド面に開口部や隙間があると電流が流れにくくなるため、シールド効果が損なわれます。 10cm * 1,000,000 = 10,000,000 cm = 100000 m = 100km = 半径50km 0000001657 00000 n 筆者の自宅では、無線LANのアクセスポイント(AP)をリビングに設置している。リビングでは無線LANを快適に利用できるが、寝室では電波が弱くなって切れることがある。リビングと寝室は、直線距離では5m程度しか離れていないが、間に何枚もの壁があるためだと考えられる。, このように、APと端末の間に遮蔽物があると電波は減衰する。では、どのくらい減衰するものなのだろうか。今回は三井情報東中野オフィスを利用して、遮蔽物による電波の減衰を調べてみた。, 実験では、APには米シスコシステムズのAironet 3802i、測定器(テスター)には米ネットスカウトのAirCheck Wi-Fiテスターを利用した。Aironet 3802iが発する電波を測定器で受信し、その強度を測定した。, 具体的には、APが定期的に送信するビーコン▼を、5m離れた場所に置いた測定器で受信して電波強度を測った。, APのSSID▼は「site-survey」に設定。2.4GHz帯は6チャネル、5GHz帯は36チャネルを利用。5m離れたAPと測定器の間に様々な遮蔽物を挟んでみて、どのくらい電波が減衰するかを調べた。, 通常、APは天井などの高い場所に設置することが多い。しかし今回の測定は壁などの遮蔽物による電波減衰を調べるのが目的なので、地上約1mに設置した(図1)。, 測定器の画面には、チャネル、電波強度、信号雑音比(SN比▼)、APのMACアドレスが表示される(図2左)。, まず、遮蔽物がない状態の電波強度を測定したところ、2.4GHz帯は-45dBm▼、5GHz帯は-48dBmだった。これを基準値として、アクセスポイントと測定器の間に遮蔽物がある場合の減衰を調べる。, 次に、ガラスの壁を挟んで電波強度を測定した(図3)。結果は、2.4GHz帯は-46dBm、5GHzは-49dBmだった。ガラスを透過することで、2.4GHz帯と5GHz帯のいずれも1dB減衰した。減衰は小さいと言えるだろう。, ただし、どのようなガラスでも小さいとは限らないので要注意だ。厚いガラスや金属ワイヤ入りのガラスだと、減衰はより大きくなると考えられる。, 次に、扉が付いた金属製のパーティション(間仕切り)を隔てた場合の電波強度を調べた(図4)。パーティションの扉を閉めて外側で測定したところ、2.4GHz帯は-59dBm、5GHz帯は-62dBmだった。, チームや会社のメンバーで日経クロステックを体験してもらうために、30日間無料キャンペーンを実施しています。申込期限:12月11日まで, 2020年11月24日(火) 14:00~17:25 2020年11月25日(水)14:00-17:25, 2020年10月1日に起こったシステム障害と、過去の東証関連記事をまとめました。最新情報を随時追加します。. }0WzڲxFp�0~�|�������టj_��&F�t�V��ęK\JK��1�QW}���U���:}�:����e��y2-QMR)��UX;p�mVŮ�`����0�JFk�u@4�fp��4k��>��z�ruR2�M�Ә�Z�[ףV\����l�Ki0��f�fʒZOz-�Fz1��D� ���,iPH�ƌ�e�. ・フレッツ光ネクスト(ファミリータイプ):100Mbps とある工作&実験で、容器内の金属に対して、なるたけ外部からの影響を遮断する空間を作ることになりました。 http://buffalo.jp/products/catalog/network/wle-hg-da_ag/ 素直にAuひかりとかの専門職に相談しましょう。 (1)ケーブルをはるのは屋内なのか屋外なのか 内容は 0000000016 00000 n 胴だけ電磁波を遮断するのでしょうか?, 胴じゃなくて銅ですね。 【母屋】BUFFALO:WZR-1750DHP2/N ⇒ 【離れ(子機)】BUFFALO:WEX-733D まず一般家庭とかいてありますが、これではまったくわかりません 0000001791 00000 n 温度(分子振動)、光(光子?電磁波?)の遮断は別途考える予定なのですが シェルクノフの式は近似式なのですが、実用上十分な精度があり、シールドの効果を理解するのに便利なので広く使われています。詳細な解説は専門書[参考文献 3]をご参照いただくとして、ここではこの式を元にシールドの一般的な性質を紹介します。, ここで、図4-4-3(a)は厚みを0.1mmとしたときの周波数特性を表しています。シールド効果SEは赤い線で示されており、0.1~1000MHzの全ての周波数で100dB以上の効果が得られています。一般の電子機器のノイズ対策であれば、100dBは十分に大きな効果であると考えられます。 表皮の厚さは、材料の透磁率µ、導電率σによっても変わります。導電率や透磁率が大きいほど、薄くなります。図4-4-6で、銅に比べて鉄は導電率は低いものの、透磁率が圧倒的に大きいために、表皮の厚さは1ケタ薄くなっています。このため、鉄は銅に比べて、反射損は小さいものの減衰損が大きい材料であるといえます。(図4-4-6は鉄の比透磁率が1000であると仮定して計算していますので、正確ではありません), ほど、大きな効果が得られるといえます。 同軸ケーブルではない一般のシールドケーブルでも、シールドのグラウンドへの接続は同様の考えが適用できます。電流の帰路とシールドが明確に分けられている場合もありますが、通常の電子機器のノイズ対策では、共通の考えが使えます。 0000264267 00000 n 0000002115 00000 n 0000015176 00000 n  アンテナの一種に、スロットアンテナ(スリットアンテナという場合もあります)というものがあります。金属板に電波の波長の半分の長さで僅かな幅の間隙がありますと、板の両面からの電波を受信し、また発射します。そして、アンテナは受信電波を再輻射するという性質に鑑みて、電波がロッカーの間隙を通じて中に届いていると考えられます。, 胴は電磁波を通さないと聞きましたが胴以外に電磁波を通さない物ってアルミでも鉄でも箱を金属で作って中に入れたら電磁波を遮断出来るのでは? です。 ここで取り上げる基本的なアンテナのモデルを図4-3-3に示します。 図4-3-3(a)はダイポールアンテナです。一般に2つの電線の間に電圧をかけると、周りの空間に電界が発生します。この反対に、電界の中に2本の電線を置くと、電圧が誘導されます。ダイポールアンテナはこの働きを利用するもので、基本的には電界に対して感度があります。 図4-3-3(b)のモノポールアンテナは、ダイポールアンテナの片方の電線をグラウンド面としたアンテナです。アンテナとしての働きはダイポールアンテナに類似していま … 0000007130 00000 n (3)それとノイズが多い場所を通るのか、もしそれであればシールド付ケーブルが必要です, 自宅が母屋と離れに分かれており、約5m離れて建っています。 Copyright © 2019 でんぱモンのスマホ電波サポート All Rights Reserved. 一般的にBUFFALOを薦める人は素人が多いです, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 http://kakaku.com/item/K0000613040/ 0000007397 00000 n 0000194464 00000 n http://kakaku.com/item/K0000613040/ お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。, 無線LANのルーターについて教えてください。 NEC製の無線LANルーターを購入しました。 対応規格, Wi-Fiの無線LANルーターについて教えてほしいです! 図4-4-13(a)は配線で回路基板に接続する場合です。ケーブルのシールド外皮は同軸コネクタによってシールドケースに接続されます。このようにすることで、正しいシールド構造が作れます。 となり、八王子、川越、久喜などをむすぶ圏央道ぐらいのところが、原子の大きさになります。 導電率で反射させているということは、抵抗が高い部分があるとシールド効果が損なわれることを意味しています。例えばシールド板に継ぎ目がある場合などでは、接続部分に抵抗があるとシールド効果が大きく損なわれます。接続部の導通を確実にするために、導電性のガスケットなどが使われます。, 図4-4-3の緑の線は減衰損を表しています。この損失は、周波数が高くなるほど、材料の厚みが厚くなるほど、急激に大きくなる性質があります。このため、例えば図4-4-3(a)の場合ですと、100MHz以上の周波数では減衰損が反射損を上回り、全体では200dB以上という極めて大きなシールド効果が得られることになります。, 減衰損は、一般的には表皮効果として知られている性質によって電波が減衰するものです。電波が金属に侵入するとき、表面から表皮の厚さδまで侵入すると、電波は0.37倍まで減衰する性質があります。このためシールド板が表皮の厚さよりも厚いときは顕著な効果が期待できます。 xref 0000035976 00000 n 0000263781 00000 n 0000156966 00000 n 質問をお願い致します。 4-2-1項ではノイズの空間伝導を遮断するにはシールドが使われることを述べました。このシールドは、多くの場合電磁シールドとして働いています。ここでは電磁シールドの一般的な特性と、効果的に使うためのいくつかの留意点を紹介します。, 電子機器で使われるシールドは、下図に示すように、本体や回路基板、ケーブルなどを覆うように使われます。この項では図のようにノイズがシールドを貫通する部分に注目し、主に材料的な特性から、電磁シールドが電波を遮断する効果を説明します。 そこでお願いです。 %PDF-1.6 %���� 音は壁などがあればさえぎられて届きませんよね? 現在使用し...続きを読む, こちらがお薦めです。 0000002736 00000 n 電波がよく飛ぶようになることも、なきにしもあらずです。, 初めまして。 そこで、ここでは同軸ケーブルを例にシールドの接続を説明します。, 同軸ケーブルに信号を伝えるには、図4-4-11(b)に示すように、シールド外皮を回路グラウンドにつなぎます。このようにすることにより、内部導体に流れる電流による電磁界を、外部導体に流れる電流により相殺することができるので、ケーブルからのノイズの放射が無くなります。 金属なら電磁波を遮断するので、例えば電子レンジは内部に電磁波を閉じ込めてますね。, はじめまして。私はネットワーク関係にはほんとに疎く、とても困っていますのでよろしくお願いいたします。 電磁波は反射させるのに、磁力線は素通しなの? もっとも、分子の構造でいろいろありますし、電子軌道という概念は、人工衛星が起動をゆっくり回るのとはちがって、量子論で定義される、確率的存在なので、イメージするのは難しいですが。 それどころか、最悪は金属ケースがアンテナの役割をして ほんと無知で申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。, 取り敢えずこの辺 http://kakaku.com/item/K0000103296/ でも買ってきて、 Copyright © Murata Manufacturing Co., Ltd. All Rights Reserved. でも例えば、大きなビルや工場などの建物では �S�煖9>��_��zR�,A��]6����9|w��"�qA q������)ߑ�����U��,�4P�$JK�1zK~T���q�����ZU�N��&��$.׸L�~,��5�4M��%��ώ�C=�| 0000001117 00000 n 『離れ』に最も近い『母屋』の窓際に設置, お世話になっております。 0000007498 00000 n 屋外に配管なしではるのであれば屋外用のケーブルが必要です 0000029141 00000 n こういうものもあるってことで。 光ケーブルでうけて100BASE-Tで分配します 電界・磁界の遮断はどうしたらいいのかなぁと悩んでいます。 0000007778 00000 n 日経コミュニケーション2013年3月号「次世代無線lan企画 ieee 802.11ac(後編) 帯域幅が広い5ghz帯のみを利用 mac実装が思わぬ速度低下の原因に」デイブ・シュナイダー、イクシア プリン氏パルテクノロジ … ・母屋の親機を離れに近いところに持っていく。出来なければ離れに近いところに中継機を置く。 実際の関わった事例もありますが数百メール離れていても実用レベルでした。  潮汐力やコリオリ力の減算も必要ないです。) 0000002246 00000 n 短い距離に比べてスピードも遅くなってしまうのでしょうか? 家の一階中央にあるリビングに無線LANルーターを設置してあります。 trailer 図4-4-3では銅の場合を示しましたが、例えば鉄の場合は導電率が一桁小さく、また、透磁率が1000倍も高いために、反射損は多少小さくなります。それでも10MHzで60dB近い反射損があります。したがって、たいていの金属材料で、実用上問題ない程度の反射損が得られるといえます。この反射損は、厚みに関係なく得られます。(厚みが極端に薄い場合は多重反射効果による補正が必要です) 同じ厚みのシールド材を使うとき、表皮の厚さが薄い材料の方が、減衰損が優れているといえます。図4-4-6に、一般的なシールド材である銅、アルミ、鉄について、表皮の厚さを計算した結果を示します。周波数が高くなると薄くなり、減衰損が期待できるようになることがわかります。10MHzでは銅は20µm以上で、鉄では2µm以上で減衰損が期待できます。  今まで私は、電機を通すもので囲まれているところには電波は届かないと思っていたのだけど、違っていたようです。 図4-4-16(b)のように、長手方向に亀裂がある場合は、シールド電流を妨げませんので、比較的影響は少なくなります。, Keysight PathWave Advanced Design System - ライブラリ, Keysight PathWave RF Synthesis(Genesys) - ライブラリ, Cadence® AWR Design Environment (Microwave Office) - ライブラリ, ANSYSⓇ Electronics Desktop Circuit シミュレータ - ライブラリ, SIMetrix Technologies SIMetrix/SIMPLIS® - ライブラリ, 図研 CR-5000 Lightning - HDMI Reference Kit (コモンモードチョークコイル). H��W�n�8����.�$`�;&i`AZ�,�`6���I��n;``Ȓ,�����J|�n^�U��_���8���n�n^��y�������i����y�W���}�G��G�Y-]>(��PVI��Ai��?�f���k}q 電子機器で使われるシールドは、下図に示すように、本体や回路基板、ケーブルなどを覆うように使われます。この項では図のようにノイズがシールドを貫通する部分に注目し、主に材料的な特性から、電磁シールドが電波を遮断する効果を説明します。 シールドは、ノイズが外部に放射する場合にも、反対に外部のノイズが回路に侵入する場合にも使われます。アンテナの場合と同様に、この2つの効果は同等ですので、ここではノイズの放射に注目して話を進めます。 図4-4-1のようにノイズをシールドで閉 … 0000024620 00000 n 0000293646 00000 n でも電波って、電界と磁界が交互に現れる現象じゃなかったかなぁ、 図4-4-2のように、左側から電波がシールドに当たって、右側に漏れるときのシールドの効果を考えます。シールドにより、右側に漏れる電波は、左側から当たる電波よりもSE(dB)だけ弱くなるとします。シェルクノフの式では、シールドの効果SE は以下のように3つの項目の和で表されています。, このうちBの多重反射効果は、Aの吸収損が小さい特殊な条件下(例えばごく薄い金属箔の場合などです)でなければ影響が小さいため、ここでは無視することとします。 現実的には他の方も言っていますが、 機種は自分で探して決めてください。 あれ、でも磁界と磁力線って違うんだっけ? 0000006286 00000 n ここで固有インピーダンスというのは、対象の材料の中を電波が平面波として伝わるときの性質を表したもので、伝送線路の特性インピーダンスに相当する量です。電界と磁界の比率を表しており、材料の誘電率ε、透磁率µ、導電率σ、周波数ƒなどにより定まる値です。 安いというのが重要です。あまりお金がないので。。, 初めまして。 V�KeɊ��'���Z�$����3��#���ݒ�t�:�7:�D�x���\�h��)a�Z�D[��T�(\�F�w�Z����������h��%M����p�=��؁�d�HJW3��#oA���g� �܊����o&��%>��3ڥ_�y��i�Rh����א=�ǞC��w�%{N_�T}��ƌ�z[RM2Y8�T��j�b�3��I��<8���S�Ϝ[�q|�}>NFk΄�e�$2���)R\�-iU��z�#���q�\�彽 伝送損失の少ないケーブルなどがあるのでしょうか? (と言っても極端な寒暖とか、放射線は考慮に入ってません。 質問をお願い致します。 >ほとんどの缶ジュースの缶がこれにあてはまります^^ 0000003127 00000 n シールド部分が電流の通り道として働いている例に、図4-4-11に示す同軸ケーブルがあります。ご存知のように同軸ケーブルはシールドケーブルとしても使えますが、理想的な伝送線路でもあります。シールド外皮である外部導体は、信号電流の帰路となっています。