「命の値段」(内藤満/日本文芸社) 上記の通りで、 毎日、その事故現場を通って通勤してますが、未だにその痕跡(沿っているコンクリの護壁に鉄道車両が擦って行った跡)があるので、よ~く覚えています。 法的な視点から見れば、不法行為責任は「故意または過失」が要件です。運転者に車を踏切内で立ち往生させた過失が認められても、その後で非常ボタンを速やかに押すなど事故回避の努力を尽くしたと認められれば、運転者の不法行為責任はかなり小さくなるでしょう。, 「一時期JR東日本だったと思いますが、非常ボタンを正当な理由で使用した場合は、請求は原則行わない」とするのは、鉄道会社にとって合理性があります。 線路上にわざと自動車を停めるなど、大事故も想定され悪質な場合は警察が逮捕するでしょう 毎日毎日、非常停止ボタンが押され、電車の待ち合わせに悩まされているのは、私だけではないはず。 こんなに押されてるんだから、日本人の総人口と押された数で割ったら、一人一回ぐらいは押してる計算になりそうです。 押す人は、「非常」の意味がわかっていないように思えます。 これが、 鉄道車両全損なら、1億も目じゃありませんよ。 鉄道会社としては、踏切事故が起こって得は何もありません。運転者に損害賠償をできたとしても、相手がきちんと保険に入っているか大金持ちでない限り気休めにしかなりません。踏切内で立ち往生したら、立ち往生の原因はともあれ、速やかに非常ボタンを押して欲しいのです。 そろそろ、押した人に罪を与えても良いのではないんでしょうか? (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); これが日本人だったら、ましてや、対物保険に加入していなかったら、ゾ~ットします。 損害額以上の賠償責任は無いので、賠償額が不当に高額だと不服な場合は、裁判で争うこととなります 電車遅延が頻発しているように思うのですが、 ALL RIGHTS RESERVED. 刑罰とは刑事罰 踏み切りで停車中にサイドブレーキのかけが甘いまま ボタンは何のために? 電車内のボタン。いったい何のために設けられているのでしょう。ボタンの名称は鉄道会社によって違いますが、「車内非常ボタン」や「車内警報ブザー」などと呼ばれています。 以下ソース先で . そこで、非常ボタンはいつ押せばいいのか? という疑問が沸き上がります。 答えは、危険だと感じたら即、遮断機がならなくても押すということが重要だそうです。 また、非常ボタンを押す人は当事者でなくても、誰でも押すことができます。 のような理由だそうです。一億円以上等、高額の賠償金や 刑事事件として立件され、検察が起訴して、裁判が行われて、判決が出て、刑事罰(罰金刑、懲役刑、禁固刑)が課せられます 故意、過失によっても違うと思いますが、大体いくらぐらい請求されるんですか? Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます), 資産運用をしないとお金の知識は身に着かず、お金に余裕のある生活をすることはできない. 具体的には、電車を壊したりすると1億1000万円という高額賠償判決の例もあります。(@_@;) こんな賠償には故意も過失も関係ありませんね。 カーブなどで見通しが悪い場合は、「近方」、「中方」、「遠方」を複数設置し、見通し600M...続きを読む, テレビやラジオで関西の芸人さんが「ヤカラや」って言ってるのを聞いたことがあるのですが JRや私鉄は損害賠償を本人に求めているのでしょうか? //