鈴木芽吹(すずきめぶき)選手は佐久長聖高校から駒澤大学陸上部に進んだ陸上選手です。同級生には有力選手揃いですが、その中でも期待の新入生のひとりです。最近もホクレンや学内記録会でいい成績を出していますね。高校時代よりもっと前から活躍していた様 学法石川高校の出身です。 「大学三大駅伝のメンバー入りです。小学校のころは見てたのは箱根だけでそれからずっと『箱根出たい箱根出たい』と思っていて。中学生になって本格的に陸上を始めてからは三大駅伝に出たいなと思うようになりました」 ―ライバルは そういう流れもあって松山、渡辺両選手には大いに注目したいところです。, 松山、渡辺両選手は5000mのタイムも拮抗していて ―今後の目標は 「学生ハーフを見にいってユニバーシアードを取っている先輩を見て『自分も出たいな』と思いました。自分が3年生のときにユニバーシアードがくるので、そこで勝ち取って自分も代表として走れればいいなと思います。駅伝での目標は3強を崩せるようにメンバーに入るだけではなくて自分が走って優勝したいと思っているので、出雲・全日本・箱根で自分が走れるように4年間ずっと全部のレースを走れるようにしていきたいです」 ―大学での目標は 「チームを優勝に引きつけられるような走りができるようになりたい」 今年の箱根は7区を走り、区間5位でした。 全国高校駅伝大会で5位の好成績を収めています。 往路4位5:29:59, 6区中村大成③6位59分04秒[3]4:20 「長い距離で戦っていけるようにすることです。短い距離よりも長い距離の方が得意なので駅伝とかハーフとかで結果を残していけるようにしていきたいです」 今年の東洋大学の新入生の中で1位と2位の好タイムを記録しています。 TRACK & FIELD 掲載の記事・写真・図表・などの無断転載を禁止します。. 今年の箱根では駒澤が8位、東洋が10位と大きく落ち込んでしまったという点です。, この点を踏まえて2021年の箱根は並々ならぬ覚悟で巻き返しを図ってくることでしょう。, また、両チームともに経験者を多く残している点でも共通しており 新主将となった今年度にかける決意は並々ならないものだと思います。, #4区 を走り終えた #小島海斗 選手の様子です。付き添いは #原嶋渓 選手(社4)と #皆木晴 選手(国1)です!#駒大 #箱根駅伝 #藤色のタスキ #原点と意欲 #男だろ pic.twitter.com/Id3qxMmxOu, — 駒大スポーツ陸上班 (@KomaspoTaf) January 2, 2020, 今年の箱根では4区を走り区間4位、2年生の時は7区を走り4位と ぜひご覧ください!. ―ライバルは 「高校の頃の鉢巻につけていたのが『がむしゃら』という言葉です。レース走っているときに一番考えていることというか、一つ一つのレースを必死にやる、手を抜かないというのを心がけています」 昨年「原点と氣〜勝利への貪欲さ〜」のスローガンのもと、常勝軍団復活の兆しを見せた陸上部。今年は「原点と意欲~努力の継続~」をスローガンに掲げ、更なる進化を目指すチームにこの春15人の新入生が入部した。新たなフィールドに立つ彼らに、駒沢大学陸上競技部に入部するきっかけや、大学での目標などを聞いた。(聞き手・曽根優衣奈、岡田あおい、大黒哲志) ―大学での目標は 「全員に負けたくない。自分よりも持ちタイムは上の選手の方が多いので、切磋琢磨しながらいいところはどんどん吸収して成長していきたいです」 新年度に向けては善戦マンが沢山いますがいまひとつ武器がないですね。誰か1人突き抜けてほしい。調べてみたんですが上位5校の中で唯一今年の三大駅伝区間賞がないんですよね。そうもそこそこ厚くなってきてるのでそれを活かせる武器が欲しいところだと思います。 松山選手が13分58秒23、渡辺選手が14分00秒01と 「克己。強く思っているものではないですが、中学校の校長先生が毎回集会のときに言ってらっしゃった言葉です。相手と比べたりするよりもまずは自分に打ち勝ってその中で成長していくというのが自分に合っているかなと思いました」 【全国男子駅伝(都道府県)2020】宮城県のメンバー!大学/高校/中学生の実績や出身市町村や進路は? 出身校:那須拓陽高校(栃木) 出身校:小林高校(宮崎) 「日進月歩で、高校のころからそれでやってきてそのまま大学でもコツコツ積み上げていこうかなと思っています」 「同じ高校出身の小原さんを目標にしています。あと同じ部屋が中村大聖(政4)さんで、この前の試合(学生ハーフ)でユニバーシアードを決めているところを見て将来的にああいった選手になりたいと思いました」 画像 https://gramho.com/media/2179821127602677509, 2021年箱根駅伝有力校紹介の2回目は駒澤大学と東洋大学を紹介させて頂きました。 Copyright (C) 2003-2020 KOMADAI SPORTS NEWSPAPER, All Rights Reserved. 常に上位に食い込む走りをみせる小島選手です。 今回紹介するのは、2021年の駒澤大学陸上部駅伝メンバーです。駒沢大学は箱根駅伝の常連校で、55年連続55回目の箱根路を駆け抜けます。今大会も優勝候補と呼び声の高い駒澤大学!この記事は、・2021年駒澤大学陸上部駅伝メンバーが気になる方! 2回目の今回は駒澤大学(2020年8位)と東洋大学(2020年10位)の2校を 中村大成③29分12秒72≪19:箱6区6位、18:全4区8位、予22位≫ 3区を区間3位の成績で走った田澤選手。, 大八木監督からも”田澤がエース”とハッキリと指名されており キーマンは石川選手と小島選手かなと思います。特に小島選手は片西選手が抜けたスターターの座として期待されてるようですよ。, >山本シイタさん ※第2回目は高見真拓選手・田澤廉選手・円健介選手・中島隆太選手・東山静也選手をご紹介します。 加藤 淳②28分36秒59≪19:箱4区11位、18:全1区8位、予19位、17:全5区7位、出1区13位≫ ―大学での意気込みは ◆小倉朝陽(おぐら・あさひ) 「自分が大学を選ぶときに第一条件として箱根駅伝を目指せるところということで、1500mしかやってこなかったのでやはりいける大学が限られている中で自分が行けるベストな学校ということで駒大を選びました」 第95回箱根駅伝2019が終わり、卒業生の進路、新入生の情報が発表され、なにより、在校生が次の箱根駅伝2020に向けて動き出しています。箱根駅伝2019の簡単な振り返りと、箱根駅伝2020への現時点での戦力分析をしていきたいと思います。 共に優勝に大きく貢献した選手でもあります。, 11年連続で総合3位以内と抜群の安定感を誇っていた東洋大学ですが 全国男子駅伝2020を走る駒澤大学の新入生についてご紹介しました。 全国男子駅伝は高校生の区間が3区間あるので、高校生の走りが勝敗を大きく左右してきそうですね! 天皇杯全国男子駅伝は1月19日午後0時30分〜nhk総合で生中継されます。 駒澤大学, チーム紹介・成績・戦力分析, 箱根駅伝2019の簡単な振り返りと、箱根駅伝2020への現時点での戦力分析をしていきたいと思います。, 新主将・原嶋渓(社3) 「同学年だと田澤(廉・経1)・宮内(斗輝・法1)・酒井(亮太)。本当にこの世代はめちゃくちゃ強いです。自分も上位の方のタイムを持っていましたが、気を抜いたらすぐに抜かれるので一つ一つ準備をして臨めたらなと思っています。他校だと自分の高校で同期だった及川瑠音が東洋大に行ったので、そいつには絶対に負けたくないです」 5区伊東颯太②5位72分23秒[4]3:28 座右の銘:日進月歩 この2人活躍もあって学法石川高校は昨年12月に行われた