ついに科学者たちが鳥の目から見える世界について解明し始めました。例えば、鳥は紫外線を見ることができ、人間よりも広い視界を持っています。つまり、鳥から見る世界は人間のそれとまったく異なるのです。さらに、鳥たちの眼には、人間にはないいくつかの機能があります。 骨の数を数えればどの指かがわかります。, 鳥の骨格標本を見られるのは、予想通り(? いろいろな動物の標本を見たい場合は科博へどうぞ。, もっと骨格標本を身近なものにしたい!というなら、もう自分の手で作ってしまいましょう。 身近な現象を科学の視点で眺める。生き物の捕獲・飼育方法、自由研究、サブカル、考察など。, 2017/10/15 飛ぶために体を軽くすることがいかに重要かがうかがえます。 骨の内部は細い支柱が入っているものの、基本的に中空のパイプ状の構造をしています。 「気嚢」とよばれる空気が入る袋を持つ骨もあり、このような骨は気嚢が入るための窓が付いています。 2018/10/18 観察, 鳥類, 哺乳類の頚骨がごく一部の例外を除き7個であることは広く知られています。 身近な現象を科学の視点で眺める。生き物の捕獲・飼育方法、自由研究、サブカル、考察など。, 2017/10/15 ~鳥の体の構造、現場で起こりうる事故や ... ※トラツグミの様な飛翔力の強い鳥 では脛足根骨の骨折例あり 脚と爪の体下部の観察に適する保定法 ... 蘇生率90% 蘇生率25%以下 Porphyrio, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, サファイアブルーハムスターの飼育記録:頬袋にえさを詰めたり夏に伸びたりかわいいしぐさ. )博物館なんですが、ホネヤーな管理人のオススメは、, とにかく「鳥」の標本を見たい!という場合は鳥の博物館。 ニワトリの解剖で最も難しいのは、胸骨(胸の骨)とう回骨(肩の骨)をはずすところである。実験 ... 書などには「肩こう骨についている小さなけんをメスで切り取り、う回骨(肩の骨)を持って引っ張る .. ... 先ず、鳥の足が骨折した時、鳥さんは何を考えているのでしょう? 「痛い~、なんか変~」 あたりでしょう。 そして、超重要な事は、鳥は多くの場合障害を苦にして、悲… 鳥が羽ばたくとき、u字型の叉骨がばねのような働きをします。 鳥類の骨格:足の骨の特徴と名称. 親指2本、人差指3本、中指4本、薬指5本で構成されています。 ここまでどのように進化したんでしょうか。, 尚、どの骨に気嚢が入っていて、どの骨には入っていないか。それは種類によります。ニワトリの場合、気嚢が入っていないのは、胸骨・肋骨・頭蓋骨のみです。, しかし…! 内臓は勿論のこと、翼や足の筋肉など全ての器官が胴体部分に集中しています。人間や他の生き物の様に、手足に大きな筋肉が付いていたり、頭部に大きな頭蓋骨や牙などがあるわけでもありません。鳥は食べ物を丸呑みすることで歯を不要にし、筋肉を全て足と翼の付け根部分だけに集約することで重心を整えています。, 鳥の羽根は非常に美しい。装飾品としては勿論、布団やダウンコートなどの防寒目的の詰め物としても使われます。, 装飾品は単なる見た目を重視した用途に過ぎないですが、防寒用として使われる場合、その羽根の空気を蓄え易い構造と柔らかさが、防寒具に高い防寒性能と触り心地を与えます。, 羽根の構造図を見てもらえると分かるように、羽根は毛皮などのように生物の細胞でぎっしり埋まったような構造をしていません。蝙蝠の翼は皮膚の延長に過ぎないが、鳥の羽毛は全く別物です。, 翼を形作る羽根は、素早く自由に動かすために軽くなければならず、さらに形の無い空気を確実に受け止め操るために柔軟で無くてはいけません。そのため、羽根は木の枝のような細い羽枝を交互に噛ませるようにして作られています。, 枝と枝の間に隙間があるものの、確実に空気を受け止められるだけの抵抗を持ち、風を柔軟にいなせるだけの柔らかさを持っています。そして、一本の羽根が風に乗ると、どこまでも遠くへ飛んで行けるほどに軽いのです。, 鳥によってその羽根の形や構造は微妙に異なっているものの、小さな羽枝の集合体であるという点では変わりません。, この羽根の構造は、軽くて柔軟で飛行に役立つと言うだけではなく、翼を閉じて体を覆うことで空気を蓄え体を温める防寒具としての性能も有しています。人が布団などに使っていることでも明らかですが、自然界に存在する防寒具の中でもその軽さと高い保温性は他の動物の体毛や毛皮などでは比べ物になりません。, 鳥の羽根は空を飛ぶために軽く柔軟であるだけでなく、保温性の低い小さな体を温める効果もあったのです。, その翼は、世界のどの生き物や機械よりも、軽く柔軟で風を自在に操る事ができます。小さな体は翼を自在に動かせるだけの筋肉を備え、空気の抵抗を極限まで減らす滑らかな形状をしています。, 鳥は空気を掻きながら前に進み、空気を切り裂く事で揚力を得ます。必要に応じて空気の抵抗を操り、自由に空を飛び回る姿に人は憧れてきました。そのおかげで、人は飛ぶための機械を生むことに成功し、飛行速度や垂直離着陸においては鳥に勝る力を手に入れたとも言えます。, しかし、鳥のように自在に飛べるとは言い切れず、まだまだ空の先達である鳥達に学ぶことは多いでしょう。, 普段見慣れている鳥ですが、彼らの事をもっと知ることで、空が少し身近に感じられる様になるかもしれません。, 飛行機と鳥が衝突する事故は「バードストライク」と呼ばれ、日本だけでも2018年に1400件ほど起きています。, 世界的に見れば、2008年から2015年の間に10万件近い事例が報告されており、2011年から2016年までの6年間でバードストライクが引き金となった事故が17件起きています。映画『ハドソン川の奇跡』の題材になったUSエアウェイズ1549便の事故もそのひとつ。, 一歩間違えれば重大事故につながるバードストライクへの対策はあるのでしょうか?この記事では、アメリカ海軍で実際に使われているマニュアルを参考に、具体的な対策について紹介していきます。, 「飛べなくなった鳥達」では、第一回で多くの飛べない鳥に共通する特徴を、第二回で地上の鳥を説明してきました。今回は、泳力を手に入れた鳥達である、フナガモ、ペンギン、ガチョウをピックアップしてみて行きたいと思います。, 水上を走る様に泳ぐ能力を手に入れたフナガモ。潜水能力を手に入れたペンギン。本来は飛べる種だった雁を家禽化したガチョウ。, 彼らは何故、、空を飛ぶことを捨てたのでしょう?そして、失った翼はどうなってしまったのでしょうか?, 前回、飛べなくなった鳥達に共通する特徴についてご説明しましたが、今回はその中でも地上で生きることを決めた鳥達についてご説明します。, 世界一走るのが早い鳥、ダチョウ。小型で素早く、ニュージーランドの国鳥とされるキーウィ。家畜化され、世界で最も人に飼育されているニワトリ。, 別の記事で飛ぶ鳥達の特徴について調べてみましたが、実は鳥には飛べない鳥達も数多く存在しています。彼らは鳥としての特徴である翼や嘴などを持ち、確かに鳥としての外見を保っているものの、何故か飛べません。, 地球上で空を飛ぶことが出来る動物は鳥達だけであり、空を飛べるというだけで多くの天敵に対して強いアドバンテージを持つことが出来ます。しかし、その空を飛べると言うメリットを捨ててまで、地上で生きる選択をした鳥がいます。, メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。更新情報以外のメールは一切届きません。, 飛べなくなった鳥達(2):地上で生きる術を見つけた鳥(ダチョウ、キーウィ、ニワトリなど), 飛ぶために進化した鳥達(後編):オオワシ、アホウドリ、ハチドリ・・・環境に応じて進化した鳥, 食べたら死ぬキノコ特集:「タマゴテングタケ・ドクツルタケ・カエンタケ・ドクヤマドリ・ニセクロハツ」, レトロフリークとは?1台でレトロゲームが遊び放題!レトロフリークの基本情報や魅力を徹底解説!, 液体絆創膏ってなに? 利点と欠点、水絆創膏や塗る絆創膏とも呼ばれる瞬時に固まる水に強い医療品, 加湿機の仕組み(後編):スチーム式、気化式、超音波式、ハイブリッド式の仕組みと特徴, 潜水艦乗りの過酷な戦い(1):楽しみは食事だけ?蒸し暑くて臭い!毎日が極限状態の海中の密室. 観察, 鳥類, 「気嚢」とよばれる空気が入る袋を持つ骨もあり、このような骨は気嚢が入るための窓が付いています。気嚢というのは肺と繋がった器官で、気嚢のお陰で鳥類は非常に高い呼吸効率を誇ります。, 肺が骨の中に入っていると思ってください。すごくないですか? 鳥の骨は中空で軽くできています。さらにいくつかの部分で癒合したり、退化したりしています。たとえば、骨盤(腰帯)は完全に癒合して1個のかたまりとなり、そこから前方に伸びる脊椎骨も癒合が進 … 骨. 2018/10/18 作り方はこちらの2記事を参考にしてください。, 特徴, 骨格, 鳥, 名称, 標本, 解説 骨の内部構造だけでなく、全体の骨格にも飛ぶための特徴が数多く見られます。, 頭部から見ていくと、嘴には歯がありません。嘴にギザギザした突起がある種もいますが、これは角質です。嘴そのものも、普段私たちが見ているのは、嘴の骨にかぶさった角質の鞘部分なのです。, 哺乳類の頭蓋骨は上顎と下顎の2つだけですが、鳥類の場合は多くの骨で構成され、関節も複数あります。, 哺乳類の下顎は歯骨とよばれる骨たったひとつである一方、鳥類では歯骨・上角骨・角骨・関節骨の4種類で構成されます。, 鳥類がもつ上顎と下顎の関節の骨、頰骨と方形骨は、哺乳類ではなんと耳小骨に転用されています。そのため鳥類の耳小骨は1つ、哺乳類は3つなのです。, この頰骨と方形骨ですが、下顎が下がると嘴を上に押し出す構造となっており、上顎が可動という、哺乳類である我々からすると一見奇妙な動きを可能としています。この構造は爬虫類とも共通のものです。, 鳥類は目にはリング状の強膜骨があります。目にも骨があるのかと驚かれるかもしれませんが、強膜骨がないのは哺乳類くらいで、魚類・爬虫類などたいていの脊椎動物は強膜骨を持っています。, 特徴, 骨格, 鳥, 名称, 標本, 解説 首が長いキリンも、首の骨は7個しかないんですね。, 鳥類の首は非常にしなやかで、頭を後ろの方に向けて背中や尾の手入れをすることができるほどです。鳥類は首が柔軟な一方で、その他の脊椎、つまり胴体の部分はほとんど曲げることができません。, もし胴体がぐにゃぐにゃで不安定だったら、おそらく飛ぶことはできないでしょう。また後述する巨大な飛行筋をつける必要から、胴体が曲がらない構造になったと考えられます。, 鳥類の骨格で最も特徴的なのが、飛行のための翼と翼を動かす筋肉を支える発達した胸骨です。, 胸骨が支える飛行筋は体重の40%を占める場合もあり、飛行筋がつくため竜骨突起と呼ばれる部位が長く伸びています。飛ばない鳥については当然飛行筋も少なく、胸骨もつるりとしています。, 鎖骨はヒトでは2本ありますが、鳥類では融合してU字型の「叉骨」です。名称は少し違いますが、どちらも読みは”さこつ”で、起源的にも同じ骨です。, ヒトの指では、指1本につき1本ずつある中足骨が、鳥類では3本分融合して跗蹠(ふしょ)骨となっています。, 足指の数が、指によって違うというのも鳥類の特徴です。 ヒトの指では、指1本につき1本ずつある中足骨が、鳥類では3本分融合して跗蹠(ふしょ)骨となっています。 Porphyrio, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, サファイアブルーハムスターの飼育記録:頬袋にえさを詰めたり夏に伸びたりかわいいしぐさ. 鳥によってその羽根の形や構造は微妙に異なっているものの、小さな羽枝の集合体であるという点では変わりません。 この羽根の構造は、軽くて柔軟で飛行に役立つと言うだけではなく、翼を閉じて体を覆うことで空気を蓄え体を温める防寒具としての性能も有しています。