--:--:--. 名称は「Aシート」。 鶴舞線では3000形と3050形そしてN3000形の3形式が所属しておりますが、 3000形2両を中間に挟んだ3050形の編成3159fがN3000形の増備に伴い 廃車となったようです。 4連23本が製造された3000形を6連に組み替えた際、余剰となった 名古屋鉄道で久々の新形式となる9500系。最近流行のLEDライトを使用したカッコいいデザインでプレスリリース発表時より注目されていましたが、ついに本線上に試運転で登場しました。この車両の特徴とともに、試運転... 画像: iFormulaX 鉄道 飛行機垢 さま赤い塗装でおなじみの名古屋鉄道。一部特別車の各型式では新塗装化が進められていましたが、ついに従来から活躍している一般車形式でも新塗装が登場しました。経緯を考え... 写真;きたく路快速さま2019年4月27日、近鉄乙特急の看板車両、ビスタEXを2編成連結した8両編成、通称「V重連」が久々に運行されて話題となりました。登場から40年以上経つビスタEX・30000系、これまでの活躍と今後の... SLと旧型客車の組み合わせを頻繁に運行しているほか、最近ではトーマス号・ジェームス号で親子連れの皆さんにも大人気の大井川鐵道。名脇役の電気機関車たちも個性豊かなメンバーです。生い立ちと現在の活躍状況をまとめ... 日本で唯一、4機の蒸気機関車(SL)を動態保存している私鉄である大井川鐵道。冬場を除いてほぼ毎日運行・従える客車も旧型客車という運行スタイルで、他のSL運行ノウハウのある会社の上を行く独自色が魅力です。現役機の生い... JR西日本はJR神戸線・JR京都線・琵琶湖線の新快速列車の一部にて、有料座席サービスの導入を発表しました。 車内設備はリクライニングシート・テーブル・コンセント・無料WiFiと、同業他社を... 惜しくもラストランイベントが中止となり、思わぬ形で注目を集めた東海道新幹線700系。 翌12日... 東京メトロ日比谷線で活躍していた03系の地方私鉄譲渡が進められています。  内神田すいすいビル9階 TEL:03-5577ー5182(代表) FAX:03-5577-5187. 新型コロナウイルス関連の投稿は当分の間厳禁といたします。詳しくはこちらをご覧ください。, https://wiki.chakuriki.net/index.php?title=名古屋市営地下鉄の車両&oldid=1615235, というか6000形が登場する前までは丸型しかなかったから、むしろ例外中の例外なのは7000形。, ついた(2012年)。JR東のように左に広告モニターがあるわけでもなし、桜通線のようにラベルがあるでもなしで不自然な感じがする。, 現在、機器更新(制御装置をGTOからIGBTに変更etc. 北総線・印旛車両基地に搬入後、その動向が注目されていましたが、10月13日深夜からその輸送が開始されています。 2011年より3000形を置き換えるためにn3000形が製造されており、2016年現在では7編成が廃車になっている。現在は他の形式と区別なく鶴舞線のほか名鉄豊田線や犬山線への直通運用に使用されている。 B, @Žž@ 8月11日未明に同所を出場し、所属区の松本車両センター方面へ... 先日の甲種輸送で姿を現した新京成電鉄の新形式・80000形。 3月11日朝、ラストラン装飾を施した2編成のうち、C53編成が大井車両基地から浜松工場へ最後の力走を行いました。 function clock196(){function f(n){return n<10? 鶴舞線では現在、老朽化した3000形の代替を行っていますが、代替用の車両には3050形ではなくn3000形を用いる事になっているため、今後の増備は特に無さそうです。 上写真は上小田井にて。 簡単な年表 1993年 登場: 最終更新:2019/2/8 【編成別】3160fを追加。 鶴舞線(つるまいせん)は、愛知県名古屋市西区の上小田井駅から愛知県日進市の赤池駅までを結ぶ、名古屋市営地下鉄の路線[3]。正式名称は名古屋市高速度鉄道第3号線[3]。ラインカラーは名鉄線と見分けがつくよう名鉄の色と区別した青(■)。駅ナンバリングで用いられる路線記号はT。, すべての駅でmanaca(2011年2月11日に導入)などの交通系ICカード全国相互利用サービス対応カードが使用できる。, 名古屋鉄道(名鉄)犬山線を経由して岩倉駅、柏森駅、扶桑駅、犬山駅まで、名鉄豊田線・三河線を経由して豊田市駅まで、それぞれ相互直通運転を行っている。日本の地下鉄で起点と終点の両方で同じ鉄道事業者に直通している例は鶴舞線の他には東京メトロ東西線(起点の中野駅と終点の西船橋駅の両方でJR線に直通)しかなく、かなり珍しい。東京メトロ東西線は西船橋駅側からJR総武線へは平日の朝夕ラッシュ時のみの乗り入れであるのに対し、鶴舞線は犬山線・豊田線双方とも終日乗り入れを実施しており、これは日本唯一である。鶴舞線は東京メトロ東西線とは異なり、乗り入れ相手方の駅や車庫で当日の運用を終了する外泊運用は組まれていない。, 高架駅の上小田井駅を出るとすぐ地下に潜り、浅間町駅付近までは愛知県道63号名古屋江南線・名古屋市道江川線の下を通る。江川線には高速道路を地下に通す計画があったため、浄心 - 浅間町間は地下鉄の上層に高速道路を通せるよう、地下10 mよりも深い位置に建設された[4](高速道路はその後高架線として建設され、2007年に名古屋高速6号清須線として開通した)。浅間町 - 大須観音間は伏見通(国道22号・国道19号)の下を通る。大須観音駅を過ぎて西大須交差点の下から大須通を通り、進路を東向きに変える。路線名のもととなった鶴舞公園の地下を通り、荒畑 - 川名間は山王通(名古屋市道山王線)の下を通る。川名駅を過ぎて山中交差点の下からは、進路を南東向きに変え、飯田街道(国道153号)の下を通る。植田駅からは国道から離れ、東向きに進路を変える。終点の赤池駅も地下駅となっている。, また、赤池駅と日進工場は名古屋市外の日進市にあり、名古屋市営地下鉄で唯一名古屋市外に営業線を延ばしている。後述の通り八事 - 赤池間の免許を名鉄から譲り受ける形で開業したためである。, 沿線には高校・大学が多数立地している(いりなか駅 - 塩釜口駅間に所在する、南山大学、中京大学、名城大学など)。また、直通先の名鉄豊田線沿線にも名古屋商科大学、東海学園大学三好キャンパス、中京大学豊田キャンパス、私立豊田大谷高校などがあることから、学生の利用が多い(以前はみよし市の黒笹駅近くに愛知大学があったが、現在は名古屋駅南のあおなみ線沿線「ささしまライブ24」地区に移転した)。また、平針駅から市バスに乗り換えた先には愛知県運転免許試験場(通称:平針試験場)がある。。, 最混雑区間は塩釜口駅 → 八事駅で、2017年度のピーク時混雑率は115%となっている[5]。, 名鉄線と相互乗り入れを行う計画が建設当初からあったため、ホームが8両対応であったり、車両が20 m車であるなど、余裕を持った構造となっており、名鉄と同じ軌間1,067 mmの線路とパンタグラフを利用した架空電車線方式を採用している。, 鶴舞線には可動式ホーム柵は設置されていないが、2026年度までの整備を予定している[6]。また、LED式発車標はすべての駅に設置されており、各種運行情報やニュースなどが表示できる。なお、LED式に更新されたのは、名古屋市営地下鉄の中で最も遅い。ただし、上小田井駅は名鉄の管理駅のため、他の駅とは表示方式が異なる。, 使用されている接近メロディの曲名は赤池方面が「サンライト」、上小田井方面が「ファンタジー」である[7]。ただし、前述したように、上小田井駅は名鉄の管理駅なので、メロディは流れない。, 名鉄犬山線と豊田線との間には鶴舞線を介した通過連絡運輸が設定されている。通過連絡運賃は、「名鉄犬山線の各駅から上小田井駅までの運賃」+「豊田線の各駅または三河線猿投駅 - 三河八橋駅の各駅から赤池駅までの運賃」+「鶴舞線の5区の乗車料金」の合算額である。, ただし、地下鉄のみ障がい者等の割引運賃適用者の場合は、犬山線大人運賃 + 鶴舞線5区の割引運賃 + 豊田線・三河線の大人運賃となり、通過連絡運賃の適用はない。, すべての列車が普通列車である。以前の内照式行先案内板には、「普通」と列車種別の案内が表示されていた。, 朝から昼・昼から夕方に変わる時間帯や深夜・早朝など、上記の間隔で運行されていない時間もある。, 鶴舞線内折り返し列車は主に平日日中に両方向とも毎時2-4本程度運行されている。休日日中は基本的に豊田線か犬山線のどちらかに直通するため朝以外はあまり運行されない(休日日中の鶴舞線内のみの列車は上小田井発赤池行きが毎時2本程度運行)。, 始発と最終に浄心駅・八事駅を終起点とする列車が設定されている(浄心駅始発はなく、同駅で夜間滞泊した車両は翌朝上小田井駅へ回送される)。また、台風など災害時には、庄内緑地公園駅止まりの列車が設定される場合もある。2017年には人身事故で丸の内駅止まりの列車が設定された。また前例はないが鶴舞駅で折り返すことも可能である。, 2003年3月以前は平日・土曜・休日問わず昼間は毎時10本(6分毎)運行されていたが、同月の改正で平日の昼間は毎時8本(7.5分毎)、土曜・休日は昼間以降毎時6本(10分毎)に減便された。平日夜7時以降は8分間隔になり、夜間は10 - 12分間隔に開く。また長年、鶴舞線だけが最終電車が早い(0時前に運行を終了する)状況が続いていたが、2003年に他線と同様、0時30分頃までの運行となった。, 大晦日から元旦は終電後に終夜運転を行う(30分間隔、鶴舞線内全線通し[注釈 1])。ただし名鉄線への直通は行わない(1996年大晦日までは名鉄犬山線と直通していた[9][10])。, 名鉄犬山線・三河線のダイヤが改正されると、同時に鶴舞線のダイヤも改正されることがある(行き先変更のみを含む)。, 鶴舞線が上小田井駅まで延伸してからは、毎時4本(犬山行きと岩倉行きが各2本)が運行されていたが、急行が上小田井駅に朝夕のみから全て停車するようになった2001年10月の名鉄のダイヤ改正以降、上小田井駅で犬山線の急行・準急との接続(乗換)を優先して、鶴舞線から犬山線への直通列車を減らし、原則として平日・休日ともに毎時2本ずつの運行としている。ただし、2020年時点のダイヤでは、平日の10時 - 15時台は毎時1本だけ豊田市発岩倉行きが直通する。直通列車の行先は基本的に岩倉駅行きであるが、平日の朝と夕方(土休日は朝1本のみ)は柏森駅行き、犬山駅行きがあり、平日の朝に1本だけ豊田市発の扶桑駅行き(名古屋市交通局の車両で運用)もある。また、土休日の朝には布袋駅始発が2本ある。昼間の上りは2020年時点のダイヤでは赤池行きが多いが、夕方になると豊田市行きが多くなる。, 名鉄犬山線内は原則普通列車で各駅に停車するが、2005年1月改正時より平日朝に犬山線内で上小田井駅から急行となる列車が岩倉・犬山方面行きに設定されるようになり、2011年3月改正時点では犬山行き3本と岩倉行き2本が設定されている。これらの列車はすべて名古屋市交通局所有の車両で運転されている。, 名鉄犬山線内で事故が発生した場合など異常時には直通運転が取り止められ、上小田井駅での折返し運転となる。また、台風で名鉄線内が運休となった場合、鶴舞線の上小田井駅 ‐ 庄内緑地公園駅間も運休となり、庄内緑地公園駅 - 赤池駅間の地下区間のみの運転となる。, 2004年までは毎年8月10日の日本ライン夏まつり花火大会や大晦日深夜の初詣時に運行される臨時列車については犬山駅発着を延長し、犬山遊園駅まで直通していたことがあった。その後、2008年までは花火大会の臨時列車に限り新鵜沼駅まで運行していたが、犬山駅直通が減少した2009年以降は鶴舞線からの延長運転は行われていない。, 原則として平日・休日ともに毎時4本が運転されている。ただし、平日の朝・夕方、休日の朝は本数が増え、早朝や夜間は本数が減る。平日昼間は上小田井方面から赤池駅行きと豊田市駅行きが交互に運行されるダイヤとなっている。休日は豊田市行きが2本の後に赤池行きが来る(豊田市行きの2本に1本は赤池駅で時間調整)。名鉄豊田線・三河線内は全列車が普通で運転される。平日朝の豊田市駅から上小田井へ向かう名鉄車運用のうち2本は三河線土橋駅の留置線に留置されている名鉄車を土橋発豊田市行きとして営業運転後、豊田市駅で上小田井行きとして運用している。この場合、豊田市駅では配線の都合で1番線に入線する。なお、かつて(上小田井駅が急行停車駅となった2001年以前)昼間の豊田線直通列車は原則として犬山線へも直通していた。現在のダイヤでは直通先は豊田線方面のみが基本形となっている。, 車両の規格は20m 4ドアである。開業当初から名鉄犬山線との相互直通開始までは4両編成で、これは直通先の名鉄豊田線も同様であった。4両編成で運行されていた当時は交通局が3000形23編成92両、名鉄が100系6編成24両(1 - 3次車。このほかに1991年製の4次車4編成16両が在籍していたが、こちらの方は1993年7月の3500系就役まで暫定的に名鉄犬山線や名鉄名古屋本線などで運用されていた)を保有していた。その後、名鉄犬山線との相互直通開始に際して6両編成化されることとなり、交通局側は3000形を4両編成から6両編成に組成変更し、不足する分は3050形52両(3000形2両を中間車として組み入れるための4両)の新製で補われた。名鉄側は100系の中間車のみ20両を新製し、4次車も含めた既存の車両10編成に組み込むことで対処した。また、1994年には交通局と名鉄の双方で運用増強として1編成ずつ増備された。この結果、交通局は25編成、名鉄は11編成の保有となり、現在に至っている。, いずれも乗り入れ先の名鉄に合わせたため、全て高運転台となっている。鶴舞線内折り返し運用と名鉄線直通列車にも使われているが、名鉄線内のみの運行はない。1987年 - 1989年の間には、先行的に製造された桜通線6000形6101編成を試験的・暫定的に使用していたこともあるが、M式ATSが未設置で、運転台が右側配置のため、鶴舞線内のみで用いられ、名鉄線には直通しなかった。また、2010年3月には、同じく桜通線所属で当時落成したばかりの6050形が試運転を行った。, 名古屋市営地下鉄鶴舞線の輸送実績を下記に表す。表中、最高値を赤、最低値を緑で表記。, 八事 - 赤池間は、新三河鉄道が昭和期に収得し、名古屋鉄道が継承していた八事 - 挙母(後の豊田市)間の免許を、名鉄から譲り受ける形で開業した[注釈 2]。残る赤池 - 梅坪間は、名鉄豊田線として開業を見ている。, プロジェクト紀行 地下鉄が変えた街 平成24年4月号 池田 誠一(一般社団法人日本電気協会中部支部発行), https://www.kotsu.city.nagoya.jp/jp/pc/ABOUT/TRP0003922/20200302-%E5%9C%B0%E4%B8%8B%E9%89%84%E5%90%8D%E5%9F%8E%E7%B7%9A%E3%83%BB%E5%90%8D%E6%B8%AF%E7%B7%9A%E3%81%AB%E5%8F%AF%E5%8B%95%E5%BC%8F%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0%E6%9F%B5%E3%82%92%E8%A8%AD%E7%BD%AE%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99%20.pdf#page=2, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=名古屋市営地下鉄鶴舞線&oldid=80395583, 3月18日 3050形を使用した鶴舞線開業30周年記念列車が桜通線今池 - 赤池間で運転される。. 6両の8... 広島電鉄では、1945年の原爆投下の被害を受けた650形3両が“被爆電車”としてその悲しい歴史を今に伝えています。 ※東山線、名城・名港線、鶴舞線は6両編成。桜通線は5両編成。上飯田線は4両編成。 ※鶴舞線3159Fの編成 3159 - 3259 -3706-3806- 3759 - 3859 主体は3050形の9編成目であるが、3・4両目に3000形が挟まれている。 鶴舞線(つるまいせん)は、愛知県 名古屋市 西区の上小田井駅から愛知県日進市の赤池駅までを結ぶ、名古屋市営地下鉄の路線 。 正式名称は名古屋市高速度鉄道第3号線 。 ラインカラーは名鉄線と見分けがつくよう名鉄の色と区別した青( )。 駅ナンバリングで用いられる路線記号はt。 鶴舞線3159編成の登場から18年が経過した平成23年より,鶴舞線では新型n3000形車両の新製投入と,老朽化した3000形車両の廃車が始まりました. 中間車に3000形1次車2両を組み込む鶴舞線3159編成の処遇について,1編成丸ごと廃車とする方法の他に,3000形中間車2両のみを廃車して,n3000形中間 … 2両ずつサンドイッチ 2022年度以降に鶴舞線にもホームドア設置等で全廃に向けてゴーサインが出たらしい。(但し、下記3050形9番車の中間2両の対応については不明。) 3050形を道連れにして廃車された。これにより1次車(伏見~八事間開業時から在籍)が全滅。 鶴舞線開業・路線延伸とともに製造が進められた3000形は、1976年(昭和52年)から1984年(昭和59年)にかけて4両23編成・92両が製造されました。 その後、1993年(平成5年)には鶴舞線の全線開業・名鉄犬山線との相互乗り入れ開始に伴って、次世代型の3050形が登場しています。 これと同時期に3000形についても6両化が進められることとなり、既存の4両編成を組み替える形での6両編成化改造が進められました。 6両15 … この被爆電車にはもう1両・150形156号が存在していますが、長年に渡り江波車庫の奥で眠っており、“... 毎日2万人近く訪れる鉄道趣味サイト“鉄道ファンの待合室” サイトと連動した鉄道動画を少なめの編集で公開しています。, おかげさまで個人運営の趣味サイトとしてはかなり多くの方に閲覧をしていただいており、大変嬉しく思います。今後も鉄道趣味で生活をしつつ、余裕が生まれてきたら将来的には鉄道車両保存や中小鉄道事業者の支援などの活動に取り組んでいけ…, 計画時点では3050形の増備再開を前提にしていたため、この時点では登場から10年ちょっとであった3159Hが編成単位での置き換えにならず、中間の3000形の置き換えとなっていたはず, N3000形の投入開始の2011年でも車齢は16年でしたので、この時に増結用中間車を製造する判断をしていれば……ですが、これを実施すると今度はこの2両が短命に終わる, 【早口】鉄道系YouTuberスーツ君の生態は?本名・高校・不正乗車疑惑の正体は?, 【E257系踊り子号】2500番台“修善寺編成”試運転本格化!駿豆線や14両で日中走行. このうち、中間車も譲渡して3両編成となった長野電鉄譲渡車ですが、2020年のゴールデンウィークのデビューに向けた試運転・乗務員訓練が進められて... 2019年に踏切事故で大きな損傷が発生し、2020年のゴールデンウィークに総合車両製作所(J-TREC)横浜事業所に入場していた、E353系S206編成。 )+ワンマン対応工事実施中。2020年8月までに完了させるとのこと。, 2022年度以降に鶴舞線にもホームドア設置等で全廃に向けてゴーサインが出たらしい。(但し、下記3050形9番車の中間2両の対応については不明。), 3050形を道連れにして廃車された。これにより1次車(伏見~八事間開業時から在籍)が全滅。, もともとの内装の色は真っ白ではなくクリーム色だが、確かに黄ばんで見えるのは否めない。, ほぼ同時刻に両側のホームから列車が発着する際、片方のホームにN3000が来るともう片方には高確率で3000が来る。, 発車予告ベルが他の形式の車両と違い「パララッ パララッ パララッ」という音がする。, 小田急1000形は機器更新で聞けなくなってしまったけど、三菱初期GTО-VVVFのあの変調音がたまらない。, 上述の通り製作費が高いから、入札で1次車はAトレ、2次車以降はブロック式車体に決めてしまったと言っても良いだろう。, 座席シートは有松絞をイメージしている…この車両、緑区とはあまり関係がないような気がする。, 6101Hね。正確には名鉄が使用しているローマン体ではなく、これ以前に名市交で採用していた明朝体風のフォント。, 第1編成は登場後しばらく鶴舞線で運用されていた。ただし名鉄線には乗り入れなかった。.