動画からモーションブラーを検出ReelSmartMotionBlur. fcp.co : What really happened to Technicolor’s Color Assist plugin? EDIUSでも使えるのか?… …と、特徴及び仕様を眺めると、FinalCut Pro7、PremierePro CS5.5、CS6用のプラグイン・ソフトに思えますが、実態は少し違います。プラグインは親となるソフト上で稼働しますが、Color Assistは親ソフトとは別に単体で起動しておき、そこへ親ソフトからメタデータ(XMLファイル)を “送信”し、編集が終わったところで親へとラウンドトリップさせる方式です(FinalCut Pro7用は FxPlug形式です)。 仰る様にグレーディングソフトはかなり充実してる様ですので,何故今お手軽系なソフトか?という疑問はありますが,「編集をしないカメラマン」には役に立つのかもしれません。僕も少しFCPの3wayとかカラーを触りますが,結局思った通りに出来ないです。そういう撮影者は意外と多い気が。もしくはこれをテクニカラーブランドでアマチュアに売って,その後のコンシューマー市場展開を狙ってるとか。 660円(税込) 30 ポイント(5%還元) 発売日: 2021年01月 下旬 発売予定. 以前から気になっていたのですが、一眼(5Dmk2)で撮影したH.264をProres422(HQ)に素材をエンコードするのは、編集する際に高圧縮の形式ではデコードするのに負荷がかかるためにProres422(HQ)にエンコードするのか、あるいはカラグレ/カラコレを行うために色空間を広くする(?)ためにProres422(HQ)にエンコードするのでしょうか? それとも別の目的があるのでしょうか? と、自分の誤りを正した上で、Negちゃんの質問。 > これを使うと「テクニカラーのピクチャースタイル・EOS用」がその性能を余さず発揮出来る http://vimeo.com/52726800 処理できる解像度:SD、HD、2K Knoll Unmult(ノル アンマルチ) で指定してあげる必要があります。, ※システムドライブC:\Program Files\Adobe\Common\Plug-ins\CS4\MediaCore • Technicolor伝統のプリセット・ルックスx25種 検証されてました→黒背景素材の合成: 地方プロダクションの映像制作, 3ウェイホイールを使ったカラーコレクションツール • CURVES 2019 |   64,178 PV / 13,918 Visitors Magic Bullet Colorista Free は、シンプルでエレガントなカラー補正ツールです。3ウェイホイールと、RGB数値スライダーによるカラーグレーディングが行えます。ワークフローにて業界標準のCDLデータとして共有できます。, EDIUSでも使えました◎…使えるんですが、、、スマートなUIはEDIUSでは使えず;スライドバーが6本ほどでるカラコレです^^, 異なる環境のカラー補正設定を共有するルックアップテーブル(LUT)を生成 でも、ネット上ではそもそもテクニカラー・シネスタイルって「オワコン」では無かったでしたっけ(笑), あー失礼しました,これを使うと「テクニカラーのピクチャースタイル・EOS用」がその性能を余さず発揮出来る,と言う訳では無いんですね。汎用で,テクニカラーのノウハウが入ってると言う感じですか。, > 単体で読み込み書き出しが出来ないと言う事でしょうか? このプラグインもVideoCopilot社が販売していますが、安価な割に使いやすく、動作も快適で様々な映画(スタートレック等)で使われているレンズフレアです . fcp.co : What really happened to Technicolor’s Color Assist plugin? 2019 |   54,569 PV / 15,130 Visitors 64bit環境ならインストール出来そうな感じでしたが未検証です。 ▶ CineStyle Color Assist: Mac Installation Knoll Unmult は、黒バックで撮影されたビデオ素材から、被写体のアルファチャンネルを自動作成するプラグインです。水槽の中で疑似的に作成した雲、花火などの火花、ガラスの表面の伝い落ちる水滴など。黒い背景で撮影した被写体を、新たな背景に合成する際に大変便利です。, EDIUSでも使えました◎ サポートするビデオ・コーデック:.MOV|.AVI|.FLV|.MP4 ソフト:Final Cut Pro 7|Adobe Premiere Pro CS5.5、CS6 • FinalCut Pro7、PremierePro CS5.5、CS6 専用 ▶ Technicolor CineStyle ColorAssist : Additional CineStyle Looks > MagicBulletLooks等のプラグインの機能は親ソフトの制限に準じるのですか? 2020 |   75,302 PV / 18,821 Visitors 【グッズ-マスコット】鬼滅の刃 カラコレ/第1弾 . ▊ 12. Magic Bullet Quick Looks Limited(マジックブリット クイックルックス リミテッド) 2020 |   65,242 PV / 15,880 Visitors ▊ 03. デジイチで撮影した H.264素材を ProResにトランスコード(厳密にはエンコードではなく、トランスコードですね)するのは、ずばり!バージョン7までの FinalCut Proでは H.264や AVCHD等の動画素材をタイムライン上で編集できないからです。ボクは使ったことがありませんが、Premiere Proなら H.264をそのまま扱えるようなので、その場合はトランスコード不要です。つまり、IKさんの書き方で云えば「デコードするのに負荷がかかるために」ProResに変換します。それ以外に “隠された目的” 等はありません(笑)。 その辺りを FinalCut Pro7の場合で解説したチュートリアル・ビデオがこちら。 であればつまり、同じMagic Bullet LooksでもAfterEffectsで作業すれば16bitで作業出来るという事なのですか! どうか、ご教授よろしくお願いします!, IKさん、こちらこそ初めまして。コメントと質問、ありがとうございます。 特徴: 2019 |   52,640 PV / 13,543 Visitors ▊ 02. • リアルタイムでルックスの適用とプレビュー 2019 |   61,686 PV / 15,327 Visitors 今回初めてコメントさせていただきます。 思いつく中で一番ありそうな使い方は,現場でLUT適用しながらスタッフ皆でモニタリングとイメージの共有,あとざっくりグレーディングして「この部分ギリギリだから,照明少し直そう」的な使い方かなぁ・・・。まカラリスト現場に呼べる予算なら,そもそも本番用のグレーディングソフト持ち込めばいいだけですが。 販売状況: 予約受付中. 故に、もしも高品質な後処理(グレーディングや合成等)を行いたい場合(…たとえば低品質なデジイチの 8bit H.264をグレーディングして色をいじってもバンディングを出したくない時)には、「編集ソフト上で動く MagicBullet等のプラグインソフト(=親ソフトの制限に準じて 8bit処理しかできない)」ではなく、Apple Colorなどの専用 16bitアプリ上で処理した方が結果が格段に良いですよ〜!ということです。 その通りです。それが、まず「最初の売り」です。ただ、たぶん CineStyle「専用」と謳ってしまうとそんなに売れないので、『汎用でも充分に役に立つ!』ことをアピールしようとした結果が、ご覧のフレンドリーな PRビデオなのかな?と。(^_^;), こういうお手軽なのは、若い人が案外すごいものを作ってくるので楽しいんですよね。 • KEY SELECTOR ▊ 2013 | 3,686,370 PV / 840,852 Visitors, Technicolor CineStyle ColorAssist : Additional CineStyle Looks, CineStyle Color Assist: Windows Installation, Fxプラグ版 CineStyle 用 REC.709 LUT が FCP-Xに対応!, Technicolor CineStyle 用 REC709-LUT の Fxプラグ版が登場. ▊ 04. 一時は Appleに買収されて、次期 FCP-Xに搭載か?なんて噂も流れてましたが、さきほど fcp.coさんに出た続報によりますと、単純に「全く売れなかった」ということのようで。もともと Technicolorさんの経営状態がここ数年芳しくないことと相まって、斬り捨てられちゃったようですね。まぁプラグインまで含めたら、今やカラコレツールなんて、星の数ほどありますからねぇ。。。 モニター解像度:最低 1280 x 900以上 AEは、色深度(色空間とは別だったんですね)は16bitにして、体験版のMagicBulletでカラコレに挑戦していたんですが、どうにも難しいですが、頑張ってみます! どうもありがとうございました! なにそれ〜?と思ったら、今どき珍しくというか、手抜きというか(笑)、ソフトのインストールが “半自動” なのでした。つまり、FinalCut Pro7、PremierePro CS5.5、CS6それぞれのために必要なコンポーネント・ファイルは、システム階層を辿ってしかるべきフォルダを探り出し、手動でインストールしてくれ、と…(なぜだ?(笑))。 トーンカーブが用意されており、CinemaStyle等のフラットなピクチャースタイルで撮影されたデータに S字カーブの LUTをあてて起こしたり、あるいはグレーディング前の Rec.709撮影データに逆 S字カーブをあてて寝かせたり、といった処理が行えます。 プラグインがわざわざ「8bitレンダリング」の制約を課したコードで書かれていない限り「Yes」です。色深度は bit数が上がるにつれて 8bit(256階調)、10bit(1,024階調)、12bit(4,096階調)、14bit(16,384階調)16bit(65,536階調)と階調数が増えていきます。階調数が増えるということは、黒から白の階段の数が増えて細かくなることを意味します。この細かい段階の計算を行うかどうかを決めるのは、あくまでホストAppであってプラグインではないということです。 一度、試してみるとAfter Effectsのプラグインの情報やニュースを見る目変わってきますよ^^, ◆無償で使える After Effects プラグイン:Red Giant 社 無償プラグイン 予約する. いえ、あの Technicolorさんが作ったのですから、きっと色々と佳きモノには違いなかろうとは思うんです。ですが、これは明らかにお手軽!便利!が売りのマス向け商品。ライバルは Apple Colorや DaVinci Resolveではなく、Red Giant Software社の MagicBullet Looksあたりでしょうか? そういう意味では、Colorista IIのほうが、セカンダリーでトラッキングやマスク処理ができるぶん格が上かも? 2020 |   80,354 PV / 18,236 Visitors ▊ 2016 | 1,805,466 PV / 454,729 Visitors ▊ 02. 380件のお気に入り. (プラグインの入ってるフォルダを一つづつ指定する必要はありません。) ▊ 04. ※検証して下さいました。「EDIUSでAEエフェクト|希フィルムス」64bitでCS5ない環境だとダメだったみたいです。しかもproDADで奇妙なエラーまで…残念;, Knoll Unmult(ノル アンマルチ)は、 2019 |   59,808 PV / 16,634 Visitors ▊ 2015 | 2,255,551 PV / 670,350 Visitors • LOOKS > 「動画編集ソフト」は 8bit(256階調)しか扱えない なるほど!と思わせてもらいました…基本的にWindows+Adobeという環境しか経験したことないので、Appleと聞くとなにやらスゴイものと思ってしまっていたんですがそういう事だったんですね(笑) …という感じで、ご返答になってますでしょうか? (^_^)v, 横槍申し訳ありません。僕からも一つ気になっていたことを。 EDIUSでAfter Effectsのプラグインが使える!な~んてことはほとんどの方がご存知だと思いますが… ▊ 09. ※但し、全てのAfter EffectsのプラグインがEDIUSで使えるとは限りません。, Magic Bullet Quick Looks Limitedをwin7・64bit環境で試してみました, できるEDIUSの管理人 - 映像制作を業としてます。できる男を目指して、日々エディウスと格闘。グラスバレーのビデオ編集ソフト『EDIUS』に関する情報を中心に映像に関する情報をガチャガチャと収集、まとめ、ています。, EDIUSでもタダでMagicBulletが使えます!RedGiant社無償プラグイン, Magic Bullet Colorista Free(マジックブリット カラリスタフリー), Magic Bullet Quick Looks Limited(マジックブリット クイックルックス リミテッド), 無償で使える After Effects プラグイン:Red Giant 社 無償プラグイン, Google+を始めたらAdd me on ボタンをブログに設置しよう 「Google Plus Widget」, EDIUSのAAFをAfterEffectsに~Automatic Duckのプラグインが無償化, Grass Valley HQX / HQ 【Canopus HQ / HQX】コーデックとは…なんぞや?.