arrows tab f-02f はこちらでも購入できます 商品としては充電はするが電源が入らないというものです。 手元に届いた後、丸一日充電しましたが、電源ボタンに反応なし・・・ 電源押す ・・・ 電源押す ・・・・ 電源押す んっ! ■Windows 10について (お決まりごとですが、私の製作、修理、改造記事を真似て上手くいかなくても自己責任ですので。), 巷ではn-Cov(新型コロナウイルス、武漢肺炎)流行の兆しで、私も遠出は出来なくなってしまった。ヒト-ヒト感染は限定的ということだが、いざというときには前線だ。. 先日購入したFujitsu Arrows TAB Q665/Mはバッテリレス化が可能な機種なので、さっそくバッテリを排除すべく電源を常時有線接続できるように改造します。 電源コネクタ外して延長ケーブルを接続 DC延長ケーブルを購入し、本機からDCジャックを撤去します。 Impress Corporation. FT-1000(FT-1021)のSDR/スペアナ化については ここに 書いています。IF OUTのある無線機... 20年愛用したTS-940S Limitedの周波数表示がDotのみ(下部にドットが沢山並んでいるだけ、、、時々数分だけちゃんと動く時もあります。)になり、この症状は「TCXOの発信が止まってPLLがアンロックになってしまったんだろう」とあたりをつけていました。   まずは... 電池タブ溶接用にスポット溶接機の自作を模索。 コンデンサー 4700μF 50V 10本 (50Vでは秋月最大容量)  → 47000μF = 0.047F (ESRが不明なのが不安材料) FET IRLB3034PBF (秋月最大電流容量) ZD 12V Di 40... SDR#やHDSDRではせいぜい数MHzしか見れませんのでスペアナとしては物足らない、、、というかスペアナを名乗るにはちょっとね...ということで広帯域のスキャンができるソフトを探していました。 ということで、スキャナー(スペアナ)化ソフト 「RTLSDR Scanner B... viliv N5、早くも分解した猛者がいます。 それにしても特殊なネジのアタマのパターンが見えないほど浅く小さくて、虫眼鏡なしでは見えんが、器用な人が居るもんです。 分解写真画像は こちらスパイラル物置 。 いただいた情報では、分解はT6を5本ということで、ヒンジ近くのゴムが... 明けましておめでとうございます。 今朝方雪がちょっと降りました。うちの前の道路凍結中。 午後は雨らしい。. ARROWS Tab QH33/S. 現在無職… ARROWS Tab F-03G 用にテレビアンテナケーブルを購入しました。これでフルセグが安定してみれるようになりました。ARROWS Tab F-03G × アンテナケーブルdocomo から発売された ARROWS Tab F-03G にはワンセグの他にフルセグという機能があり、高画質で地上波放送を視聴することができます。 ワンセグチューナーのSDR化についてはWeb上にもありCQ誌10月号にも載ったので、書かないつもりでしたが、私自身が失念しそうなのでメモ程度に記しておきます。 1. 秋葉原のイオシスなどでよく売られているArrowsTab Q506/MEは、防水でCPUがAtomZ8500、メモリ4GB、ディスプレイが10.1インチのWUXGA(1920x1200)という、なかなか良いスペックを持っていてわりと普通に使えるタブレットです。スペックの詳細はこちら。, WWANモデルはありますが。流石に中古ではなかなかありません。MicroSDスロットの右にSIMスロットがありますが、黒いテープで塞がれています。一応WWANモジュールを入れられるM.2.スロットはあるので内蔵してみました。WWANモジュールはSierra Wireless EM7330になります。秋葉原で安いのを見つけたので330円で入手できました。アンテナは別の店で買ったのですが、コネクタの大きさが違いました。, EM7330はMHF4で、買ってきたのはU.FLという規格です。無駄にしてしまった…というわけで、Amazonで購入。, 汎用 FPC基盤 3G 4G LTE EDGE GSM W-CDMA CDMA UMTS WWAN ワイヤレスWANモジュールなど用ミニサイズアンテナ 2本セット (MHF4 Cable=120mm), まずは、Q506/MEを分解します。分解は、有志の皆さんがまとめてくれたWikiを見ながら。, これがmicroSDカードとSIMスロットの基板です。黒いのが、SIMスロットを塞いでいるテープです。, ここまで終わったら、ディスプレイを戻して電源投入してBIOSを表示させます。BIOS出すには音量キーの下を押しながら電源を入れます。, その他の内蔵デバイス設定で、WWAN&GPSが「使用しない」になっているので、「使用する」に変更し、BIOSの内容を保存して再起動します。, ドライバ、ファームのインストールは同梱されているreadme.txtをよく読みながら実行しましょう。, ドライバのインストール、ファームのアップデートが終わってシャットダウンし、起動すると認識されるようになります。, ちょっと分かりづらいかもしれないですが、欠けて無い方を入れる感じです。取り出すための機構がスロットに付いてないので、表面にセロテープなどでベロつけておくとか、ピンセットとか用意しておいたほうがよいと思います。, 無事にSIMが認識されていたら、APNの設定をしてネットワークの接続ができるかを確認します。, Fujitsu Arrows Tab Q506/MEにWWANモジュールをインストールする, 株式会社FOX(caseplay)を退職。 富士通 ARROWS Tab LTE F-01D その2 docomoのSMSのサービスコード 豚肉とキャベツの重ね蒸し ビーチクルーザーママチャリ仕様 タグ Android , Arrows , F-01D , LTE , Tab , モニター , 富士通 , 車内 アメリカ合衆国またはその他の国における Intel Corporation の商標です。, [PR]企画・製作 株式会社 インプレス 営業統括部 http://www.fmworld.net/fmv/windows10/get-to-know/, ではまず、Windowsタブレットで最も広い用途と思われる、Webアクセスや動画再生での性能をチェックして行きたいと思う。, ところで、Windows 10では、Windows 8.1まで搭載されていた「Internet Explorer」(以下、IE)に変わり、新たなWebブラウザ「Microsoft Edge」が搭載されている。Microsoft Edgeでは、「EdgeHTML」という新たなエンジンを採用しており、IEよりも動作が軽量で、快適なWebアクセスが可能になっているという。そこで、実際に様々なWebページにアクセスして、動作状況をチェックしてみた。, Windows 10で搭載された、新たなWebブラウザ「Microsoft Edge」。新エンジンの採用により、IEよりも軽快な動作を実現している, まず、「PC Watch」にアクセスしてみた。データの読み込み時間は環境によって異なるだろうが(筆者宅は2.4GHzの無線状況があまり良くなく、やや時間がかかった)、データの読み込みが完了してしまえば、ノートPCと比べて動作や表示が遅いという印象はほぼ感じない。スクロールでもたつくことはないし、ピンチイン・ピンチアウト操作での表示の拡大縮小も、瞬時に表示処理が完了するという印象で、ストレスを感じる場面は皆無だった。, 次に、写真共有サイトの「Googleフォト」にアクセスしてみた。Googleフォトは基本的には写真データをダウンロードしながら表示することになるため、データの読み込み中にはスクロール操作等で動作の引っかかりを感じる場面もあったが、読み込みが完了している写真が表示されている状態では、スクロール操作時の動作のもたつきもほぼ解消された。良好な通信状況ではデータ読み込みに起因するもたつきは大幅に低減するはずで、一般的なWebサイトにアクセスする場面で動作に不満を感じることはほとんどないと言えそうだ。, Googleフォトは、写真データをダウンロードしつつの表示となるため、読み込み中はスクロール時にややもたつきも感じたが、データ読み込みが完了すると動作に問題は感じなかった, では、動画再生はどうだろう。まず、動画サイト「YouTube」にアクセスしていくつかの動画を再生してみたところ、HD(720p)動画やフルHD(1080p)動画はコマ落ちを感じることなく再生できた。さらに、4K(2160p)動画についても、通信状態によって再生が止まることはあるものの、十分にバッファリングされていればほとんどコマ落ちなく再生できた。, また、Web動画ではなく、内蔵ストレージに保存した動画の再生時も快適だ。実際に、デジタルカメラなどで撮影したMPEG4形式のフルHD動画や4K動画を内蔵ストレージに保存し、MediaPlayerで再生してみたところ、フルHD動画だけでなく4K動画もコマ落ちなく再生できた。QH33/S搭載CPUのインテル® Atom™ プロセッサー Z3735FにはMPEG4動画のハードウェア再生支援機能が搭載されており、その再生支援機能に対応したプレーヤー……たとえばOS標準のWindows Media Playerなどを利用することで、CPUに高負荷をかけることなくMPEG4動画の再生が可能となっている。実際に4K動画再生時のCPU使用率は15%以下と十分に低かった。そのため、4K動画もコマ落ちなく再生できたというわけだ。(もちろん、QH33/S自体の液晶解像度は1366×768ドットで、すべての4K動画を再生できるという保証もないことには注意。), デジタルカメラで撮影したMPEG4形式の4K動画を内蔵ストレージに保存し再生してみると、CPU負荷も低く、コマ落ちなく再生できた, 全てのフルHD動画や4K動画に対してハードウェア再生支援が効くわけではないことや、Webブラウザによっては動画再生時にハードウェア再生支援が働かない場合もあるが、それでもQH33/Sに4K動画をスムーズに再生できる性能があるのは間違いなく、動画再生に関してもほぼ不満なく活用できると考えて良さそうだ。, 次に、一般ビジネス用途での利便性をチェックしていこう。ビジネスシーンでPCを使う用途としては、業務内容によって大きく左右されるものの、ExcelやWord、PowerPointなどMS Officeを使った文書作成は、代表的なPCの仕様用途となっている。また、QH33/Sには標準で「Microsoft Office Home and Business 2013」がプリインストールされており、ExcelやWord、PowerPointも購入後すぐに利用可能なため、ビジネスシーンへの対応力も申し分ない。そこで、QH33/SでのMS Officeを利用する場合の快適度を確認してみた。, まずは起動時間。初回起動時間をストップウォッチで手動計測してみたところ、Excelは約6秒、Wordは約4.8秒、PowerPointは約6.5秒ほどかかった。高速なSSDを搭載した最新のPCと比較するとさすがに分が悪いが、ストレージはフラッシュメモリなので、一昔前のHDD搭載PCに比べればもちろん速い(ちなみにQH33/Sのストレージはシーケンシャルリードが148.8MB/Sec、シーケンシャルライトが62.49MB/Sec)。, 起動時間はExcel、Word、PowerPointとも最近のノートPCに比べると時間がかかった, 起動後の動作に関しては、ハイスペックなPCと比べても実はそれほど大きな違いは感じなかった。データ作成時に、何度か動作が重くなる瞬間があったのは事実だが、それもほぼ一瞬だけで、テキスト入力やグラフの作成など、作業中に動作に不満を感じる場面はほとんどなかった。動作に関しては、大きな不満はない。, とはいえ、ストレスを感じる部分もある。それは、入力環境だ。タッチ操作やスクリーンキーボードも利用可能だが、外部キーボードやマウスの軽快さには到底及ばない。ビジネスシーンでの利用には、快適な文字入力や細かな操作が行えるキーボードとマウスの用意はほぼ必須と言えるだろう。, QH33/SにはmicroUSB 2.0が1ポートしかなく、USB接続のキーボードやマウスの利用は少々難しい。そこで、Bluetooth接続のワイヤレスキーボードやマウスの利用がお勧め。中でも、日本マイクロソフトの「ユニバーサルモバイルキーボード」は、サイズがコンパクトで携帯性に優れるだけでなく、カバーにタブレットを自立させる溝が用意され、QH33/Sを立てかけて利用できる点が非常に便利。キーボード自体のサイズが小さいため、デスクトップ用キーボードと比べるとキーピッチは狭いが、操作性はモバイルノートPCのキーボード相当で、十分タッチタイプも可能。スクリーンキーボードよりも圧倒的に快適な文字入力が可能だ。, 日本マイクロソフトのBluetoothキーボード「ユニバーサルモバイルキーボード」, キーボードを切り離せば、QH33/S専用ケース「フォリオカバー」で自立させた状態でも軽快に利用できる, また、マウスとしてはLogicoolの「MX AnyWhere 2 ワイヤレスモバイルマウス」がお勧め。Logicoolのモバイル向けハイエンドマウスで、クリックボタンやホイールの感触、ガラス面でも精確なトラッキングが可能な”DarkField レーザーセンサー”によるカーソル操作の軽快さは競合製品を圧倒。, そして、ユニバーサルモバイルキーボードとMX AnyWhere2ワイヤレスモバイルマウスは、どちらも最大3台のPCやタブレットとペアリングし、スイッチやボタンで切り替えて利用できるという特徴がある。他のPCなどと簡単に共有して利用できるので、デスク上のスペースも有効活用できることになる。QH33/Sと一緒に持ち出したいときでも、小型軽量でかさばらない点も嬉しい部分で、QH33/Sとの組み合わせに最適だ。, Logicoolのモバイル向けハイエンドマウス「MX AnyWhere2 ワイヤレスモバイルマウス」。軽快な使い心地が特徴だ, さて、キーボードとマウスを揃えて、これで快適にOffice作業……と言いたいところだが、もう1つ気になるのが画面の小ささ。8型の大きさは手に持って利用するなら問題ないが、デスクに設置した場合は文字が見づらく、またExcelのシートを開く場合は画面解像度ももっと欲しい。この点については、本体に用意されているmicroHDMI出力を利用して、外部ディスプレイを接続することで改善可能。デスク上で、フルHDクラスの液晶ディスプレイを接続し、キーボードとマウスも組み合わせれば、デスクトップPC同等の環境へと強化でき、Officeも快適に利用可能となる。こういった柔軟な使い方に対応できるという点も、QH33/Sの魅力のひとつと言えるだろう。, microHDMI出力を利用して液晶ディスプレイと接続すれば、デスクトップPC同等の表示環境を実現できる, 次は、もう少し重い処理の作業を試してみよう。それは、画像処理だ。今時は、写真はスマートフォンで撮影するという人が増えているが、本格的な写真を撮影するには、デジタル一眼カメラなどが不可欠。筆者も、スマートフォンでの写真撮影は普段のメモ程度で、しっかり写真を撮影するにはデジタル一眼と使い分けている。そこで、筆者が普段使っているデジタル一眼カメラでRAW形式の写真を撮影し、QH33/SでPhotoshop CS6を利用して撮影したRAWデータの簡単な画像処理とRAW現像を行ってみた。, デジタル一眼からの撮影データの取り込みには、microSDカードを利用した。デジタル一眼ではmicroSDカードをSDカードアダプタに装着して利用して写真を撮影。その後、microSDカードをQH33/SのmicroSDカードスロットに装着して撮影データを内蔵ストレージにコピーした。別途SDカードリーダなどを用意することなく、デジタル一眼とQH33/Sとの間で撮影データをやりとりできるので、この方法はかなり便利だ。, デジタル一眼でSDカードアダプタを利用しmicroSDカードに撮影データを保存すれば、QH33/SのmicroSDカードスロットを利用して簡単に撮影データを転送できる, 撮影データをコピーした後、Photoshop CS6を起動してデータを読み込ませる。今回使ったRAWデータはサイズが1枚約17MBで、Photoshop CS6に読み込ませるのに約20秒ほどかかった。次に明るさ・コントラストの自動補正を行ってみたところ、約15秒かかった。そして、JPEG形式に保存(現像)してみたところ、変換と保存に約4秒かかった。, はっきり言って、各作業ともかなり待たされるという印象が強く、多くの撮影データを処理するのは少々厳しいという印象だ。このように作業に時間がかかる原因としては、CPUの処理能力がやや弱いということもあるが、最大の原因はメモリ容量が2GBと少ない点だろう。Photoshopは作業時にかなり大容量のメモリを使用するが、メモリ不足の場合には内蔵ストレージの一部をスワップ領域として活用する。メモリに比べて内蔵ストレージは速度が遅く、スワップを頻繁に利用するほど動作が遅くなってしまう。当然の結果かもしれないが、大量にメモリを消費する画像処理は、QH33/Sではやや不向きと言えそうだ。, とはいえ、動作がやや遅いながらも、PhotoshopでRAWデータのレタッチや現像が行える点は、フル機能のWindowsタブレットならではの魅力。外出時など、その場で写真の編集を行わなければならなくなったとしても、QH33/Sだけで対応可能なはず。もちろん、RAWデータではなくJPEGデータの処理であればもう少し軽く利用できるだろう。多くの撮影データを同時に処理するのでなければ、もしものときの画像処理マシンとしてなんとか使えそうだ。, 現像にも4秒ほどかかるなど動作は重いが、それでもこの作業を問題なく行える点はフル機能のWindowsタブレットだからこその利点だろう, Photoshop CCのCamera Rawに読み込んだRAWデータをPhotoshop CCで開くまでの速度を計測。HDD搭載のノートPC「LIFEBOOK AH570/5BM」(2010年10月発売)と比較した。AH570/5BMはCPUにインテル® Core™ i5-560Mプロセッサー(2.66GHz/2コア)、メモリは4GB このページに関するお問合せはこちらから. なんか修理した。改造した。製作した。その記録と、こんなものを作ろうか、あんなものを弄ろうか、有ったらいいな、、、、、自作の思いつきから他力本願的妄想まで含めたメモ帳と思ってください。 搭載などスペック面でQH33/Sを大きく上回るが、そこまでの速度差は感じない, 最後に、ゲームの快適度をチェックしてみた。ゲームは、スペックにかなりシビアで特に3D描画のゲームなどは、快適なプレイには優れた3D描画性能が不可欠となる。QH33/S搭載CPUのインテル® Atom™ プロセッサー Z3735Fは、「Intel HD Graphics」という描画機能を内蔵しているが、3D描画能力は弱いため、3D描画のゲームプレイはかなり厳しいといわざるを得ない。, しかし、2D描画のゲームや、Webブラウザでプレイできるゲーム、Windowsストアアプリ版のゲームなどは、比較的動作の軽いものが多く、QH33/Sでも快適にプレイできるものが多い。, 例えば、世界中で人気のある箱庭系ものづくりゲーム「Minecraft」のWindowsストアアプリ版は、QH33/Sでも非常に快適に動作する。実際にプレイしてみたが、動作が重いと感じる場面は皆無で、キーボードやマウスだけでなく、タッチ操作でもプレイできるようになっており、思い立ったときに簡単にプレイできるのは魅力。やり込み要素も満載なので、かなりのめり込めそうだ。, Windowsストアアプリ版ゲームには、ソリティアなどの人気ゲームも多数存在している。無料で楽しめるものもあるので、QH33/Sでゲームを楽しみたいなら、Windowsストアは要チェックだ。, また、Webブラウザでプレイするゲームも、人気のあるものを中心にいくつかプレイしてみたが、問題なくプレイできるものがほとんどだった。本格的な3Dゲームのプレイこそ難しいものの、Windowsストアアプリ版のゲームやブラウザゲームなど、いわゆるカジュアルゲームであれば、QH33/Sでも十分にプレイ可能と言っていいだろう。, 今回チェックしてきたように、QH33/Sのような8型Windowsタブレットは非力、という印象を十分に払拭できるものだった。もちろん、全てが快適に利用できたわけではないが、それでも全く使い物にならないという印象でもなく、想定以上に様々な用途に活用できると感じた。何より、モバイル機でありながら、普段デスクトップ環境などで使用しているWindowsのソフトウェアがそのまま使用できるのが、Windows タブレットならではの便利な点だ。, お手ごろな価格で販売されていることも合わせ、価格以上に活躍してくれる製品と言える。昨年冬発売の製品ではあるが、その魅力はまだまだ健在だ。, Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Insideロゴ、Intel Core、Core Inside、Celeron、Celeron Insideは、 フルでWindowsが動作するにも関わらず、Androidタブレットとほぼ変わらないコンパクトボディと安価な価格を実現する8型Windowsタブレット。登場以降高い人気を維持しており、Windowsマシンの重要なジャンルとして地位を築いている。 改造した。 製作した。 ... が狭いし目が乏しくなってきたのもあり、もう少し大きな画面がほしいと12月に中古でarrows Tab Q704/Hを1万円以下で入手。 ... 2019 (28) 12月 (6) 11月 (3) 10月 (2) 8月 (2) 7月 … ハイレゾ対応デスクトップ「ESPRIMO FH90/B2」とUltra HD Blu-rayに対応したGRANNOTE「LIFEBOOK AH90/B1」をAV評論家・鳥居一豊が徹底チェック!, FMV「LIFEBOOK AH45/B2」の大充実のプリインストールソフトウェアで「360度動画編集」と「英会話」にトライ!, Ultra HD Blu-ray対応、だけじゃない! 4K液晶とKaby Lake搭載のフラッグシップノートPC。FMV 「GRANNOTE」, 目と耳が幸せになる、デスクトップPC FMV「ESPRIMO FH90/A3」がイイ!, 27型液晶、ハイレゾ対応2.1chスピーカー+ヘッドフォンアンプ搭載の「書斎」PC「ESPRIMO FH90/A3」に込めた思いを聞く, ベーシックモデルとは思えない「プレミアム感」。「LIFEBOOK AH42/A3」レビュー, ハイスペックPC FMV「ESPRIMO FH77/XD」でサクサクバリバリ動画編集してみた, 打ちやすいと評判の富士通「LIFEBOOK SH90/W」のキーボードを「畳叩いて戦い歌う家庭」した!, バリバリの自作PCユーザーが 2Wayタブレット「arrows Tab RH77/X」に魅了されたワケ, 4K動画編集もRAW現像も快適すぎるハイエンド「GRANNOTE(LIFEBOOK AH90/X)」, 8型タブレットでどこまでイケる? 「ARROWS Tab QH33/S」の限界に挑戦してみた!, フルでWindowsが動作するにも関わらず、Androidタブレットとほぼ変わらないコンパクトボディと安価な価格を実現する8型Windowsタブレット。登場以降高い人気を維持しており、Windowsマシンの重要なジャンルとして地位を築いている。, そんな8型Windowsタブレットは、一般的なWindows PCに比べてやや非力というイメージがあるかもしれない。軽量コンパクトなボディサイズを実現しつつ、安定した動作と十分なバッテリ駆動時間を確保するとなると、なるべく省電力かつ低発熱なCPUを採用する必要があるため、どうしてもCPU処理能力が犠牲になっている場合が少なくない。, とはいえ、使い物にならないような低性能だとしたら、1ジャンルとして確立するほどの人気を集めることはない。8型Windowsタブレットは、軽量コンパクトボディと安価な価格に加えて、性能的にも満足できるレベルを確保しているからこそ、大勢のユーザーに支持されているのだ。, そこで、8型Windowsの人気モデルでもある「ARROWS Tab QH33/S」(以下、QH33/S)を利用して、どこまで”使える”のかチェックしてみた。, なお、今回はQH33/SをWindows 10にアップグレードして利用した。Windows 10への無償アップグレード手順などについては富士通のホームページに詳しく掲載されているので、そちらを参照してもらいたい。, ■Windows10アップグレード情報 関わればだいたい業務効率はかなり上がります。. 業務改善や、経営者の壁打ち役、事務処理などが得意です。 秋葉原のイオシスなどでよく売られているArrowsTab Q506/MEは、防水でCPUがAtomZ8500、メモリ4GB、ディスプレイが10.1インチのWUXGA(1920x1200)という、なかなか良いスペックを持っていてわりと普通に使えるタブレットです。 スペックの詳細はこちら。 WWANモデルはあり … All rights reserved. All rights reserved. http://azby.fmworld.net/support/win/10/ http://www.fmworld.net/fmv/windows10/get-to-know/, 8型ワイドWXGA[800×1280]Wide Angle液晶 フルフラットファインパネル(マルチタッチ対応), Microsoft Office Home and Business 2013 ほか. Copyright ©2016Impress Corporation.