ここで言う「移動」は、位置的な動きだけではありません。 AviUtlのアニメーション効果にある「砕け散る」は、オブジェクトが割れたガラスのようにバラバラに砕けて、散り散りになるエフェクトです。   このページの内容(目次)1 砕け散るの設定項目1 ... AviUtlの「色ずれ」は画像や文字などのオブジェクトを赤・青・緑のそれぞれの成分に分解して、ずらして表示することができるエフェクトです。   元画像 ずらし例1 例2 振動など他のエフェク ... オブジェクトに関する全般的な事はコチラの記事にて オブジェクトについてのまとめ このページの内容(目次)1 1つの場合2 複数選択2.1 Ctrlキーを使って1つ1つ追加する方法2.2 ... AviUtlの「ラスター」はオブジェクトをぐにゃぐにゃと波のように歪ませることができるエフェクトです。   このページの内容(目次)1 ラスターの設定ダイアログ1.1 横幅1.2 高さ1.3 ... 「閃光」では対象のオブジェクトから閃光を発することができます。   「閃光」には「一瞬にして放たれる強烈な光」という意味があります。   光に関連するエフェクトとしては、閃光以外に ... Copyright© Aviutl簡単使い方入門|すんなりわかる動画編集 , 2020 AllRights Reserved. ループさせたい場面に使うと反復させたい場面だけループさせることができます。 時間制御について詳しくは「AviUtlの時間制御の使い方・やり方」を参考にして下さい。 スクリプトを使って反復再生させる. ・反転反復 AviUtlスクリプト製作者「さつき」氏が公開しているスクリプト集の「ANM2」効果についてのまとめです。「ANM2」系は、 テキスト 画像 動画 カスタムオブジェクトなどの様々なオブジェクトに適用できます。導入方法については以下記 貴重な情報ありがとうございます。, 【WordPress】yStandardカスタマイズ、プラグインを見直して軽量化を図る, yStandard Theme by yosiakatsuki Powered by WordPress. 試してみたところ、ミラーミラー画像ループ2できれいに中央にきました。記事の回転を使ったシーンチェンジではちょっと難しいかなと思いますが、拡大縮小回転やリール回転のような移動の際にはこちらが簡単でいいですね。 AviUtlで、画像を時計回りに高速回転させることはできますか? なんの画像かわからないくらい、ぐるぐるーって感じの回転です。 360度ゆっくりの回転ならできたんですが、高速で何回転もの回転ができ … 【すんなりわかる】AviUtlでのmp4の使い方【読み込み・出力・結合・編集などなど】, 【録画ソフト】Bandicam(バンディカム)を使ってみた生レビュー。製品版を買うか迷う人が呼んでおきたい記事。, OBS Studioをデスクトップキャプチャとして使い画面録画する方法【ダウンロードから使い方まで】. 数値はX、Yの両方ともー1000から1000まで設定でき、初期設定では0になっています。, 「個別オブジェクト」にチェックを入れると、コピーされたオブジェクトも1つのオブジェクトとして扱われるようになります。, 個別オブジェクトにチェックを入れていない状態だと、全体が1つのオブジェクトとして扱われます。, コピーして増やしたオブジェクトの1つ1つの間隔を、もう少し広くとりたいな~というような時は「基本効果」オブジェクトの「, まず、画像ループをかけたいオブジェクトに、設定ダイアログ右上の「+」マークから、「領域拡張」を追加します。, 領域拡張の項目から、間隔を開けたい部分の数値を調整することで、1つ1つのオブジェクトの間隔を広げることができます。, 画像ループでオブジェクトの数を増やしていくと、サイズもどんどん大きくなっていきます。, 【すんなりわかる】AviUtlでの動画のカット編集のやり方・使い方【本体・拡張編集】, 【録画ソフト】Bandicam(バンディカム)を使ってみた生レビュー。製品版を買うか迷う人が呼んでおきたい記事。, OBS Studioをデスクトップキャプチャとして使い画面録画する方法【ダウンロードから使い方まで】, 【すんなりわかる】AviUtlでのmp4の使い方【読み込み・出力・結合・編集などなど】. AviUtlの画像ループは、オブジェクトをコピーして並べることができるエフェクトです。, 画像だけでなく、テキストや図形、カスタムオブジェクトなど色々なものを複製できます。, また、コピーされたオブジェクトは縦や横に数を指定して並べたり、スクロールして動かしたりできます。. オブジェクトを回転させるときに気をつけたいことがあります。動画サイズと同じ大きさのオブジェクトは回転させると隙間ができてしまいます。拡大率と一緒に使うときは拡大することで隠すことができるのですが、その場で回転したり、縮小しながら回転する場合は必ずこの隙間ができてしまいます。, この問題をクリアするために必要な素材がこちら。オブジェクトを上下左右に反転したものです。画像なら画像編集ソフトで、動画なら一度aviに書き出したものを使うと扱いやすいと思います。サイズは1280×720が縦横3つなので3倍の3840×2160になります。これが収まるようにAviUtlの最大画像サイズの設定も見直しておきましょう。慣れてきて、こんなに大きくなくても隙間ができないサイズが分かれば、必要なサイズにカットすることで負荷も軽くなります。, Photopeaを使ったミラー素材の作り方を動画で紹介しているので、よかったら参考にしてみてください。, 素材を別途作らずともさつきさんの画像ループで隙間は埋めることができますが、反転はしないのでつなぎ目が目立ってしまいます。ここら辺は労力とクオリティのバランスをとって決めるといいかもしれません。, では、動きを作っていきます。編集はSceneで行います。前もって作っておいたミラー素材と、回転を出します。回転は[メディアオブジェクトの追加]→[フィルタ効果の追加]→[基本効果]にあります。, 回転のオブジェクトをコピペして、パラメータを0から30へと。移動方法はイージングの14番にしました。回転のイージングはeaseout、easeinの同様のグラフなら適宜変更可能です。15番の代わりに11番にしたり23番にしたり。, 最初のと区別するために単色化で色をつけています。そんなことしなくてもわかるよという方は、単色化の工程を飛ばしてください。, さらにマスクをかけます。今度はマスクの反転にチェックを入れ、サイズを500にしました。そうすると、ドーナツ型のオブジェクトになります。, 先程と同じように回転オブジェクトを配置。パラメータはさっきと逆方向に回るように設定します。ここでは、あたまの回転は0→30に、おしりの回転は0→-30ですね。一方が時計回りに、もう一方が反時計回りになるようにします。, Scene1のオブジェクトをすべてコピーし、Scene2に貼り付けました。素材を差し替えるだけで同じ動きが量産できます。同様にScene3にも別素材で作りました。, 中心を左端にもってきて回転させるとこんなバリエーションの回転も作れます。上下左右や四隅など中心を変更することでいろんなタイプができますね。このドーナツはマスクではなく図形を使い、素材を”上のオブジェクトでクリッピング”しています。, いかがだったでしょうか。ポイントはミラー素材の作成と回転ですね。機会があれば是非試してみてください。, とてもお洒落で凄いです!!q(≧▽≦q) 頑張ってトライしてみます!ありがとうございました`(*>﹏﹏<*)′(✿◡‿◡), 素材づくりの項目についてはミラーフィルターを2つ適用(左側と下側のように)した上で画像ループを適用することで、Aviutlのみで実現可能かと思います, 試してみたところ、ミラーミラー画像ループ2できれいに中央にきました。記事の回転を使ったシーンチェンジではちょっと難しいかなと思いますが、拡大縮小回転やリール回転のような移動の際にはこちらが簡単でいいですね。, ミラーのかかった素材に関してなのですが、ティムさんのモーションタイルTのパラメータ設定からXY反転配置でaviutl上だけで再現できるかと思います, いろいろ方法があるんですね。ティムさんのモーションタイルTを導入して試してみたいと思います。 境界ぼかしは、画像や動画などのオブジェクトの周りの縁の部分をぼかすことができるオブジェクトです。 周りだけでなく全体をぼかすオブジェクトやモザイクについては、別記事で解説しています。 参照 ぼかしの使 ... 「シャドー」ではオブジェクトに影をつけることができます。   このページの内容(目次)1 シャドーの設定ダイアログ1.1 X、Y1.2 濃さ1.3 拡散1.4 影を別オブジェクトで描画1.5 ... 画像などオブジェクトにはぼかしをかけることができます。   似たような演出として、境界ぼかしやモザイクがあります。 そちらは別記事にて解説しています。   境界ぼかしの使い方・やり ... AviUtlでカット編集する方法を掲載しています。 拡張編集でのやり方、AviUtl本体でのやり方、無劣化のやり方など項目別に分けて解説しています。   このページの内容(目次)1 拡張編集 ... AviUtlでは、デフォルトで入っているフォントの他に、フリーフォントを追加して増やすことができます。   では、まず追加方法から見ていきましょう。 このページの内容(目次)1 追加方法2 ... Copyright© Aviutl簡単使い方入門|すんなりわかる動画編集 , 2020 AllRights Reserved. AviUtlでは、オブジェクトの設定ダイアログを調整することで、オブジェクトの移動ができます。   ここで言う「移動」は、位置的な動きだけではありません。   例えば ... AviUtlのアニメーション効果にある「弾んで登場」は、オブジェクトがぴょんぴょんと跳ねるように登場してくるエフェクトです。     オブジェクトは画面の右方向から登場してきます。 ... 放射ブラーは、放射状にブラーを掛けることができるエフェクトです。   放射ブラーなし 放射ブラーあり   「blur(ブラー)」には「かすんで見えるもの、ぼんやり見えるもの」という ... AviUtlのアニメーション効果にある「砕け散る」は、オブジェクトが割れたガラスのようにバラバラに砕けて、散り散りになるエフェクトです。   このページの内容(目次)1 砕け散るの設定項目1 ... AviUtlの「特定色域変換」はオブジェクトのある特定の色を別の色に変えることができるエフェクトです。   変換前 変換後   馬のマスクなどの黄色い部分を水色に変換しました。 こ ... Copyright© Aviutl簡単使い方入門|すんなりわかる動画編集 , 2020 AllRights Reserved. AviUtlでは、オブジェクトの設定ダイアログを調整することで、オブジェクトの移動ができます。. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ただ、この場合は設定ダイアログのYを開き、Shiftキーを押したまま反復移動をクリックすることでもXが直線移動、Yが反復移動とすることができます。, この時、先に「クリッピング」をかけてから「領域拡張」をしないと、この通りの演出にならないので注意。. 反復再生させるスクリプトが配布されています。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 動画オブジェクトや音声オブジェクトの設定ダイアログには、「ループ再生」という項目があります。, ですが、ただチェックを入れるだけではダメで、反復して再生される分の時間を確保するために動画ファイルのオブジェクトの長さを伸ばしてあげないといけません。, 例えば、3秒の動画だったとしたら、オブジェクトの長さを6秒まで伸ばしてあげると2回ループ再生されることになります。, このタイムラインにある動画ファイル(青いバー)をドラッグ&ドロップで右に引き延ばしていきます。, 上の例では7.36秒まで引き延ばしたので、たいまつを3本立てる動画が2回+途中(2本立てるところまで)まで反復再生しています。, ループ再生にチェックを入れて反復再生させる場合には、動画やBGMはカットしていない元のままの長さでないといけません。, 例えば、「1分の動画のうち50秒ぶんはカットして、残りの10秒ぶんをループ再生させる」ということはできないので注意が必要です。, カットした動画ファイルのオブジェクトを引き延ばすと、ループ再生ではなく、カットしたはずの部分が復活します。, Rootに戻り、シーンをおき、Scene1を参照して呼び出し、設定ダイアログにある「ルート再生」にチェックを入れます。, この3秒のところまで時間制御を配置し、設定ダイアログで「繰り返し」を2回に設定すると3秒間の間に「3本のたいまつを立てる」という場面が2回繰り返されます。, 時間制御について詳しくは「AviUtlの時間制御の使い方・やり方」を参考にして下さい。, 「素人が作ったものなので不具合などあるかもしれません。」とのことなので自己責任で使いましょう。, 単純な反復動作でも、使用する動画の「どこからどこまでを反復させるか」や反復再生させる時間や再生速度、逆再生なども設定できます。, ・反復 ・再生&逆再生_反復 ・反転反復ループ. AviUtl拡張編集プラグインの「画像ループ」エフェクトの使い方ついて紹介します。 さつき氏が配布しているスクリプト集にある「画像ループ2」もかなり使いやすいのでオススメです。 フリーソフトaviutlの拡張編集にて任意のテキストや図形をその場で回転させる方法をお尋ねします。拡張編集の「回転」という項目を操作した場合、円を描くように回転してしまいます。x軸y軸が動くことなく、そのまま回転させるにはどうし AviUtl拡張編集プラグインの「基本効果」エフェクトの使い方ついて紹介します。機能基本効果エフェクトは、設定ダイアログの基本パラメータ(座標・拡大率・透明度・回転など)を追加する事ができるエフェクトです。機能的には、設定ダイアログのそれぞ AviUtlの画像ループは、オブジェクトをコピーして並べることができるエフェクトです。. AviUtl拡張編集プラグインの「画像ループ」エフェクトの使い方ついて紹介します。, さつき氏が配布しているスクリプト集にある「画像ループ2」もかなり使いやすいのでオススメです。, 画像ループは、オブジェクトを縦・横に指定した数だけコピーさせる事ができるエフェクトです。, コピーする他に、コピーしたオブジェクト全体をX,Y軸方向に移動させる事もできます。, エフェクト適用後のオブジェクトのサイズが、「システム設定」で指定した「最大画像サイズ」を超えてしまう場合、オブジェクトがぼけてしまうので注意です。, 以下のgifは、「画像ループ」エフェクト追加後にそれぞれに「基本効果」→「回転」を追加してY軸回転させた例です。, 小さい「図形」をいくつも組み合わせたような図形は「オブジェクト分割」エフェクトを使用する事でも作る事ができます。参考:オブジェクト分割エフェクトの使い方【フィルター】, 図形を「拡張描画」に変更し、「中心Y」を「500」に変更して、参考:設定ダイアログの使い方【拡張編集】, 「カメラ制御」を追加し、適当に視野を動かします。(図4)参考:カメラ制御の使い方について【拡張編集】, 図形オブジェクトをコピー(Ctrl+C→Ctrl+Vでコピーするか、Ctrl+Dでコピー)し、コピーしたオブジェクトを先ほどと同じようにそれぞれ「中心X、Y、Z」を変更して「壁」のようにします。(図5), 参考:色関係エフェクト(色調補正・色ずれ・単色化・グラデーション・拡張色・特定色域変換・縁取り)の使い方【フィルター】, 参考:色関係エフェクト(色調補正・色ずれ・単色化・グラデーション・拡張色・特定色域変換・縁取り)の使い方参考:登場・退場系アニメーション効果の使い方(砕け散る), フレームバッファを使用してる解説動画などが多いですが、単純に倍々にしていくだけなら(画面全体にエフェクトを掛けないなら)画像ループエフェクトを挿入するだけで済みます。, 動画を倍速にしていくのところの最初の文が動画画画に見えたのは俺だけであろうか、、、, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 色関係エフェクト(色調補正・色ずれ・単色化・グラデーション・拡張色・特定色域変換・縁取り)の使い方. AviUtlのフィルタ効果の中にある「基本効果」オブジェクトには、以下の項目があります。, 「座標、拡大率、透明度、回転」は動画ファイルや画像ファイル、テキストなど色んなオブジェクトの設定ダイアログを開くと最初からあります。. 設定ダイアログのパラメータ「回転」(拡張描画の場合は「Z軸回転」)を使用する方法です。, 設定ダイアログのその他の機能の使い方については、以下の記事を参考にしてみて下さい。, 1つの画面に複数の動画を表示させていたりする場合に、「グループ制御」オブジェクトを使用して、全ての動画をそれぞれの動画を中心として同じように回転させる事ができます。, まるも製作所様製作の「画像回転」プラグイン(rotate-0.3.0.lzh)を使用する方法です。, 左右反転・上下反転などに関しては、拡張編集機能を使って反転させたほうが遥かに便利なのでそちらをオススメします。, 例えば、「1280×720」の動画を90度回転させたりすると、「720×1280」という風な縦長な解像度に変更されます。, エンコードすると、「1280×720」のつもりが「720×1280」で出力されてしまった!という風なことになるので注意です。, まるも製作所様製作の「画像回転」プラグインの「rotate-0.3.0.lzh」を導入しないと、このページ内での解説にある、, 方法④:本体の「画像回転機能」を使う AviUtl本体の機能で回転させる事が出来る方法です。この方法で回転させるメリットは特段有りません。(拡張編集プラグイン未導入環境でも出来るという事くらい), は、実現できません。 解説中に有る、「メニューの「設定」→「画像回転の設定」を選択します。 の、項目も無いですしダイアログも存在しません。, 「AviUtl本体の機能で回転させる事が出来る方法」との解説だったので、小一時間悩みました。, AviUtlに関しては全くの初心者で、このHPを参考にイチから順番に試して試行錯誤していた最中でしたが、この項目に関しては修正なり加筆した方が、より適切で初心者向けだと思いますが。, 例えば、Googleの検索サジェストを無効にした環境でもこのHPは上位にランクしますので、「aviutl」等で検索した方々には目に触れることが多いと思われます。, AviUtl初心者さん、ありがとうございます。 私も「画像回転の設定」を散々探しました。 もしかしたらAviUtlのバージョンが違うのかと無駄に色々調べてしまいました。, 誤情報なので修正した方がいいと思うのですが、3ヶ月前の指摘に反映がない所を見ると、管理人さんはコメントチェックされてないのかもしれませんね。, コメント間違った情報を載せてしまって申し訳ありませんでした。 記事の方、修正しましたm(_ _)m, 管理人さんに対する「指摘」は有ってもいいのでしょうが、「文句」はいかがなものでしょう? なら、自分で作れと・・・ あくまで参考にする場所だと思いますが?, いろんな人が居るでしょうが・・・ 管理人さん! ほとんどがわたしのような素人だと思うので、これからも活用させていただきます^^, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. AviUtlで、画像を時計回りに高速回転させることはできますか? なんの画像かわからないくらい、ぐるぐるーって感じの回転です。 360度ゆっくりの回転ならできたんですが、高速で何回転もの回転ができ … 色んなオブジェクトの設定ダイアログにあるものと同じで、「X、Y、Z」の座標の調整ができます。, 例えば、X座標で直線移動させると、自動的にY座標やZ座標でも直線移動になってしまいます。, 新しく追加した「座標」の方のYを反復移動にすることで、「Xは直線移動、Yは反復移動」のようにすることができます。, タイムライン上で右クリックして、「メディアオブジェクト」→「フィルタ効果」→「基本効果」から座標を追加しても同じような演出ができます。, この斜めの状態で、設定ダイアログに元からある「X」を移動させると下のようになります。, なので、上のGIFでは正面から見たX座標(グループ制御基準)ではなく、斜めになったネコを基準にしたX座標上を移動しています。, グループ制御に基本効果を追加した場合は、座標だけでなく基本効果の他の項目もオブジェクトが効果の基準となります。, それに対して、追加した基本効果の拡大率を大きくすると2匹のネコがそれぞれ大きくなります, グループ制御やフィルタ効果など、設定ダイアログの項目に透明度がないオブジェクトにも透明度を付けることができます。, それに対して基本効果から追加した回転の方は、それぞれのネコが基準になって回転しています。, 例えば、下のネコの画像では、白い破線で囲まれた部分がこのオブジェクトの領域になります。, アニメーション効果やカスタムオブジェクト(一部)、極座標変換など色んなエフェクトと組み合わせることができます。, 拡大率は見た目を小さく、リサイズは実際のサイズを小さくするというように、微妙な違いがあるようです。, グループ制御を使っている時に「基本効果」を追加すると、元の「X、Y、Z」と追加された座標「X、Y、Z」では挙動が違ってきます。, 【録画ソフト】Bandicam(バンディカム)を使ってみた生レビュー。製品版を買うか迷う人が呼んでおきたい記事。, OBS Studioをデスクトップキャプチャとして使い画面録画する方法【ダウンロードから使い方まで】, 【すんなりわかる】AviUtlでのmp4の使い方【読み込み・出力・結合・編集などなど】. 2.切り替わる瞬間は、回転を-40から0へ移動させます。移動方法はイージングの11番です。 1と2の動きの繰り返しなので、一セットできたらコピペしてテキスト内容を変えるといいと思います。 AviUtlで必須のスクリプト、イージング(トラックバー版) 【すんなりわかる】AviUtlの画像ループの使い方・やり方 AviUtlの画像ループは、オブジェクトをコピーして並べることができるエフェクトです。 画像だけでなく、テキストや図形、カスタムオブジェクトなど色々なものを複製できます。 AviUtlにて、読み込んだ「動画」「音声」などを繰り返し再生(ループ)させる方法を紹介します。永遠にループさせる方法以下のようにすれば、永遠にループさせる事ができます。 設定ダイアログの「ループ再生」にチェックを付ける オブジェクトを引き 画像だけでなく、テキストや図形、カスタムオブジェクトなど色々なものを複製できます。 また、コピーされたオブジェクトは縦や横に数を指定して並べたり、スクロールして動かしたりできます。 AviUtlを使用して、動画を回転させる方法について紹介します。例えば、 「縦向きに撮ってしまった動画を横向きに直したい!」 「横向きの動画を横向きに直したい!」という場合に使える方法です。方法①:「回転」(Z軸回転)を使う設定ダイアログの (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 画像ループ以外のエフェクトで、オブジェクトを増やすことができるものに「ミラー」があります。. ・再生&逆再生_反転反復 AviUtlでアニメーション効果を自作するのはどうすれば良いですかって知恵袋でよく質問されます。今回の記事では、超初心者でもわかりやすくて、AviUtlを使ってアニメーション動画の作り方を説明しましょう。これから、楽にアニメーションを作成しましょう。