必要なもの:PC 「cocoon」から「jin」に変更すると文章の行間が広くなりますので開けすぎないようにしておくと良いと思います。 私も「COCOON」の高機能に頼りっきりで、広告もショートコードを使用していたので、すべての記事で修正対応を迫られました(まだ修正していない記事あり・・)。 このブログでは、僕たちが旅で得た情報やエピソードを綴っています。, 自由気ままに、世界放浪中の夫婦。 JINと比較して、 Cocoonの良いところ を挙げていきます。 「JINに変更して失ったもの」とも言えますね。 サイトスピードが早い . rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="14893961.cf157f8e.14893962.1422d44e";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="468x160";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1588409361158"; ご依頼者さまオリジナルの国内旅行プラン立てます 【日本一周した旅ブロガーが作る!】世界で一つだけの旅行プラン!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)? jinはプラグインおばけです。, cocoonでは標準でできるのに、jinではプラグインが必要な場合が結構あります。, その都度、「めんどくせぇな・・・」と思ってしまうのは私だけではないと思います。もちろん、一度プラグインを入れてしまえば後は便利に使えるのですが・・・, jinのデザインは神レベルですが、使いやすさではcocoonに少々軍配が上がります。, 「カスタマイズばっかりしてたらブログ書けねー」なんてことになったら本末転倒ですよね。, [chat face="まる太.png" name="まる太" align="left" border="blue" bg="blue"] こんにちは、まる太です。 [/chat], ブロックエディターに慣れちゃってたんですよね。ここへきて、旧エディターを使わないといけなくなったので、慣れるまで時間がかかりました。, IT企業でソフトウェアエンジニアとして生きています。今年で12年目になります。これまでに学んだことやこれから新しく吸収することを発信していきます!, というか、これ以外に乗り換えの理由はないです。それくらいcocoonは素晴らしいので、デザインに満足している人はcocoonのままでいいと思います。, 2019年6月23日現在の情報です。今後のアップデートにより機能改善される可能性がありますので、随時更新していきます。. ワードプレスのテーマは実際に使ってみないとわからないことも多いので、使い比べてみてください!, 有料テーマを購入する勇気がない人は、Cocoonなどを使ってみても良いかもしれません。, 【JIN】【Cocoon】【Luxeritas】一番高速なのはどれだ!ワードプレスのテーマを比較. 世界各地の旅に関する情報や、旅で感じたこと、生き方を発信していきます!. JINはURLだけではブログカードを表示してくれない. cocoonから有料テーマのJINに移行した経緯; cocoonからJINへ移行したので比較してみたら; いろいろ自動にやってくれていましたcocoonは。。。 今なら言える。cocoonは無料なのにスゴイ! 私はぬか喜びしました。不覚。, Cocoonを使っている方ならわかると思うんですが、Cocoonだとアドセンスの設定は一か所にコードを貼り付けるだけで完了でした。, これはこれで簡単なのでいいのですが、どこの広告が有効なのかわからないという欠点にもなります(私収益ないのでわからないんですけど)。, 掲載する場所によっておすすめの広告形態があるようなので、おススメに沿ってアドセンスのユニットを生成して貼り付けていきました。以下の記事が参考になります。, 当然テーマが変わるとCSSの中身が変わりますので、前のテーマで適用されていたCSSは軒並み無効化され、新しいテーマのCSSは何も適用されていない状態になります。, ネットの海を見渡した時に、「JINを買うつもりがあるなら早めにした方がいい」という意見をいくつか見かけましたが、まあ、そういうことだということです。, Cocoonではデフォルトで目次が表示されていましたが、JINではプラグインにより表示させるようになっています。, 一度やってしまえば終わりですが、ユーザーのためにも、早いうちに導入しておきましょう。, 私が好んで使っていたのがボックスデザインなのですが、ことごとく(おそらく全部)無効化されて、無味乾燥なデザインに早変わりしていました。, こちらはあまり使っていなかったので被害はほとんどないのですが、吹き出しも無効化されます。, ボックスデザインと違ってただシンプルになるだけでなく、明確に「変」な感じになるので、テーマ変更後速やかに修正する必要がありそうです。, Cocoonでは、Wordpressで作成された外部サイトへのリンクがカードで表示されていましたが、JINのデフォルトでは表示されません。ご覧の通り。, ブロガーさんの中にもJINを使っている人が数多くいることから、JINが気になっている方も少なくないと思います。, 現状では決定的な優位点は見つけられていないので、どちらがいいとは言えないのですが、これだけは言えます。, 有料のテーマですし、きっとまだ私に見えていないいいところがたくさんあるのだと思いますが、Cocoonから引き継げない設定もかなりあります。, とか思っているのでしたら、今買うか買わないかを決めた方がいいです。 ワードプレスのテーマ、無料で圧倒的な支持を誇るCocoon、そして有料で割と人気なJINどちらがおすすめか感想をぶっちゃけます。勝者は・・・・・・Cocoonです!!JINより高機能。アップデートが頻繁。軽い。。スキンの追加でデザインの不満 あらかじめ登録したものを表示させるだけなので、例えばjinで新しく記事を追加して、ピックアップにも表示させたいなーと思った場合はピックアップを再度設定する必要があります。, cocoonなら、ランダム表示をONにしておけば新しく記事を追加しても特に操作不要で記事が追加されますのでcocoonのほうが手間なしです。, しかし、jinでは外部リンクのブログカードには対応していません。外部リンクを貼ると、ただのテキストリンクになってしまいます。, もし外部リンクにもブログカードを使いたいとなると、「Pz-Link-Card」というプラグインを使う必要があります。, cocoonではプラグイン不要で外部リンクもブログカードになるので、cocoonのほうが使いやすいですね。, jinはWordPress5.0以降で対応された新エディターGutenbergに非対応です。正直困りました。なぜなら、私はcocoonでブロックエディターGutenbergを使用して記事を書いていたからです。, しかし、旧エディターの方が人気があるようですので、ブロックエディターなんて使わないぜ!という方は特に気にしなくても良い点です。, 今まで書いてきたことからもお分かりいただけるように、 Cocoonは何種類か登録ができで、吹き出し挿入時に選べました。 しかも「 Gutenberg 」のブロックを追加する項目にCocoonオリジナルのボックスがあって、そこから挿入できるのですが、TheThorは基本的にクラシックエディターからの挿入になるので、ちょっと使いにくい。 ブログの投稿記事数が20記事を達成して思ったこと. UUUMの業績自体はそれほど悪くないのですが、You... 2020年3月にGoogleアドセンスの支払いが承認されないという問題が起きたようです。