時系列は2019年が舞台の現代戦であると発表され、マルチモードではCoDシリーズ初のクロスプレイに対応 すると発表された。 ただしコンソール(PS4/Xbox One)のプレイヤーは通常コンソール同士でマッチングし、フレンドパーティを組んだ時のみPCのプレイヤーとクロスプレイできるとしている [7] 。 なんか女神転生3ですがアサクサ手前でだれてきました。。なんか女神転生3リマスターですが、アサクサの手前辺り?でだれてきました、なんか2003年に無印が出て、当時はかなりやっていたのですが、今やってみると「エンカウント遭遇率が高すぎる」し、、雑魚がかなり一戦一戦しんどいし、、で何かアサクサ手前でだ... ウォッチドッグスレギオンを買うかあと少し待ってアサシンクリードヴァルハラを買うか悩んでいます。皆さんどちらにされましたか?理由付きでオススメポイントなどもあれば教えてください。ちなみに両者過去作プレイしています。, PS5の予約抽選外れたようです、、今から予約できるとこって無いですかね?どうやら店舗での予約抽選外れたようです、(コジマで予約しましたが外れました) Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 2020年9月25日 . 私はそれを聞いて最初は嬉しかったけど、だんだん不安になってきました。 そこには締め切り前の予約は対象とありますが、仮に今月の残り全てに予約を入れた場合、それらも500ー1000ポイン... ママ友との会話で旦那が工場勤務とか土方は嫌だよね〜って話題になりました。そのママ友には言っていないのですが旦那が土方仕事をしています。 ©2020 Sony Interactive Entertainment Inc. All Rights Reserved. 旦那が東大卒なのを隠してました。 『cod:mw』キャンペーン・メインキャラクター紹介(パート2)アレックス"echo 3-1"&ケイト・ラズウェル. 『Call of Duty: Modern Warfare』キャンペーンモードに登場する魅力的な, 【翻訳記事】キャンペーン・キャラクター紹介(1)ジョン・プライス&カイル・ギャリック, 【翻訳記事】キャンペーン・キャラクター紹介(2)アレックス&ケイト・ラズウェル. 旦那は私の顔を上の中と言います。だったら上の上がいたら私は捨て... ゴートゥーイート 11月中に終了する可能性高いですか?キャンペーンに気付いてなくて最近予約し始めたので そのファイルには、ギャズ(カイル)やソープ・マクタビッシュ、サイモン・ライリー(MW2やMWで登場した髑髏のフェイスマスクとサングラスをするゴーストと呼ばれた兵士)の名が書かれており、プライスはタスクフォース・141を設立する事を伝え、世界の体裁を保つ為にザカエフを追う新たな戦いへと向かっていく、、、, 本当はスペックオプスへと話が続きますが、以上がキャンペーンモードのストーリーでした。, ちなみに、シーズン3のムービーで死んだと思われていたアレックスがまさかの生きていたのは驚きでした。, 過去作のリブート作品なのでCoD4~MW3の前日譚として考えると辻褄が合わない部分が多いです(CoD4のギャズは白人でしたし、TF141はMW2でマカロフの計画阻止する為に作られた組織であった事など)。, 今作のCoD:MWは、文句なしに面白い物語です! 507: 2020/09/23(水) 08:55:54.49 ID:QLDWSlbVp. 今回は、CoD:MW(2019)のキャンペーンモードのストーリーを時系列にまとめて解説と整理していきたいと思います。, 今回のCoD:MW(2019)キャンペーンモードは、過去作のMWシリーズに登場したプライス大尉やゴーストが登場しますが一切繋がりは無く、リブート作品・パラレルものと考えた方がしっくりくると思います。, ※この記事では、CoD:MW(2019)のキャンペーンモードの壮大なネタバレとなります。, また、自身の解釈も含んでいる為、憶測などの要素も含んでいることをあらかじめご了承下さい。, ロシア人のバルコフ大将は、現地のイスラム過激派組織アル・カターラを根絶しこの地を平和にすると言う思想の名の元に、独自の軍隊を率いてウルジクスタンに侵攻。, 化学ガス兵器を使い、少しでも疑わしき市民を「テロリスト」と称して弾圧し暴虐の限りを尽くしていました。, しかしロシア軍による市民の虐殺が始まり、街には化学ガス兵器がばらまかれる中、父に連れられて自宅にいる兄のハディルと合流して街から脱出しようとします。, ファラとハディルは協力して何とか父を殺したロシア兵を倒して街から脱出を目指すも、バルコフ大将に捕まってしまい収容所に入れられてしまいます。, それから10年後、戦争捕虜として監禁されて10日目(作中では触れられてませんが、10年間収容所で育ったと思われます)。, カリム司令官とそのメッセージの事を隠すためにバルコフの拷問を耐えるも、ファラが司令官だと知っていたバルコフに殺されそうになります。, そんな時に何者かが収容所を襲撃した隙にファラは脱走し、同じく収容されていた仲間と共に他の仲間とハディルを開放するために反撃の一手に出ます。, ガスの保管庫についたファラはロシア兵に殺されそうになるも、ファラのメッセージを受け取った中尉だった頃のプライスに助けられます。, 収容所を出た兄妹は、ウルジクスタンの平和を取戻す為に解放軍を設立し、革命を起こす事を決意します。, これによりウルジクスタンは20年に渡って泥沼の紛争、西と東による代理戦争が続いていく事になります。, CIAはバルコフが持つ化学兵器がウルジクスタンに運ばれようとしていると言う情報を掴み、ケイト・ラズウェルの命令を受けたアレックスは、海兵隊と共に化学兵器が置かれている施設を強襲し回収に向かいます。, ロシア軍との戦闘になれば国際問題となる極秘作戦でしたが、施設を守っていた兵士を見るとバルコフが雇っていたスペツナズ隊員でした。, アレックス達は化学兵器を積んだトラックを見つけて回収しますが、突如テロリストからのゲリラ攻撃に遭いガスはテロリストに奪われ、アレックス以外の兵士は全滅し作戦は失敗。, アレックスは何とかその場から脱出しますが、これによりアメリカの関与が発覚してしまう事になります。, 直ちに奪われたガス兵器の所在とテロリストの正体を明らかに出来なければ、アメリカとロシアの衝突が避けられない事態となったケイトは昔の知り合いであり、かつてウルジクスタンのレジスタンスのリーダーを救ったSASのジョン・プライス大尉に協力を要請し、ガス兵器を追う事になります。, 一方で化学兵器がテロリストに渡った事を知り、テロの警戒が高まっているロンドンでは、カイル・ギャリック巡査部長(CoD4ではギャズだった人物)を含むSASとCTSFO(英国対テロ専門特殊部隊)が、ピカデリー・サーカス周辺で武装した兵士が乗っている不審車両とすれ違い、すぐさま確保に向かうも目の前でバンが爆発。, 広場は瞬く間に戦場となり、AKやPKMなど機関銃で重武装したテロリストを相手にカイル達はハンドガンだけで応戦していく事に。, 人質の1人には爆弾付きのベストが仕掛けられており、解除は困難と思ったプライスは、自分達と他の人質の命を優先して躊躇なくベストを来た人質を突き落としてしまいます。, テロリストの情報を持っていたのに、交戦規定に縛られたせいでこのような事件が起こってしまった事に不満を漏らすカイルを、プライスはSASに引き入れます。, ガス兵器が盗まれてから48時間後、アル・カターラからの犯行声明が届きリーダーであるウルフが黒幕だと知ったCIAは、現地解放軍に協力してもらう為にアレックスをプライスの使いとして送り込み、司令官であるファラとハディルと出会います。, アル・カターラとロシア軍を掃討し平和の為に戦うファラと、化学兵器を追うアレックス。, 互いの利害が一致した事から、ウルジクスタン市内の占拠するバルコフのロシア軍を掃討する為に、アレックス達は民間人に紛れて市内で騒ぎを起こし、空軍基地が手薄になった隙を突いて占拠する作戦を開始します。, 市内でC4を使ってロシア軍の陽動に成功したアレックスとファラはハディルと合流し、迫撃砲や手製のラジコン飛行機にC4を取り付けた自爆ドローンを使って基地を強襲。, 途中でロシア軍と戦車に包囲されて逆に追い詰められてしまうも、アレックスが要請したアパッチ攻撃ヘリの支援を受けてロシア軍を掃討し、解放軍は一時的な勝利を収めます。, 一方で、プライスとカイル率いるSASはアレックス達の活躍の裏でロンドン北部にあるアル・カターラのアジトを制圧。, アジトの通信履歴からウルジクスタンのラマザ病院にウルフが潜伏している事を割り出したCIAは、アレックスに指示を出してアメリカ海兵隊と共に病院へと進軍。, アル・カターラの激しい抵抗を受けながらもアレックス達はウルフを確保する事に成功します。, アメリカ大使館へと連行したウルフを取り調べしますがガスを盗んだのは別の集団だと主張し、混乱するアレックス達。, そんな時に、ウルフを取り返そうと過激派集団であるブッチャーに大使館を包囲され、建物内に侵入されてしまいます。, プライスとカイルは、地下のセーフルームにいるアレックスたちを救出するために大使館へと突入しますが、大使館はブッチャーに占拠され大使公邸で潜伏する海兵隊達と合流します。, 街の全市民と戦う事になる極めて危険状況下で、プライスは「ウルフを回収して逃げる事のではなく、生きるため」一向は広場でブッチャーとの大規模な戦闘となってしまい、ウルフが奪われてしまいます。, ファラは再びウルフを奪還する為に、死のハイウェイと呼ばれる「タリークアルムート」で待ち伏せする作戦を立てます。, アレックスとファラは、ハディルがカスタムメイドした対物ライフルを使って狙撃支援をしますが、プライスからウルフが町から逃げたと一報が入ると同時にウルフを追っていたバルコフのロシア軍も現れます。, ガスを吸い込み失いかける意識の中、アレックス達を襲撃してガス兵器を強奪したテロリストは自分だと言い残したハディルは何処かへ行ってしまいます。, ケイトからハディルはまだガス兵器を所持している事と、アル・カターラに接触した事が伝えられます。, ガスを使った事に怒りを覚えテロリストに寝返ったと思うファラと、ハディルは敵じゃないと信じるアレックス。, 一向はハディルを重要参考人として捕えるするために、アクラス山脈にあるウルフの拠点を襲撃。, アレックスとファラは地下のティーハウスでウルフを倒すも、爆弾ベストと部屋中に爆発物を仕掛けられており、2人は間一髪で爆弾を解除に成功。, ウルフの遺体を回収した彼らは前線基地へと戻るも、アメリカ司令部はハディルを脅威とみなしてファラが率いる解放軍を国外テロ指定組織として指定してしまいます。, プライスは「出張」と称してカイルを連れてロシアのサンクトペテルブルクへ向かい、古い知り合いであるニコライの手を借りてロシアでもテロを起こそうとしていたブッチャーを確保します。, これにはブッチャーも動揺し、ガス兵器の位置とハディルの狙いはバルコフである事を吐きます。, ブッチャーの尋問に妻と子を使ったプライスのやり方に憤りを覚えるカイルですが、彼の信念に論された事で迷いを断ち切り、ハディルがいるアル・カターラに守られた屋敷へと潜入します。, ガス兵器を奪った理由も全ては妹の為にやったと語り、バルコフの化学兵器工場の場所を知るために寝返ったふりをしていた事を知ると同時に、ハディルを抹殺しに来たバルコフの部隊が襲撃してきますが、ハディルが知っているトンネルへ逃げ込み何とか脱出します。, プライスは再びファラの元を訪れ、ハディルの計画していた爆破計画を引き継ごうと提案します。, 今やテロ組織となった解放軍がやった事になれば、西と東の全面戦争を回避しバルコフとの決着をつけれるからです。, 一向はそれぞれの思いを胸に全ての決着をつけるため、CIA、SASとニコライの支援を受けた解放軍と共に、バルコフがいる工場を襲撃します。, このミッションで、アレックスが死のハイウェイで使ったハディルのSRを持ってくるあたり、ハディルの意思を継ぐみたいな感じでグッと来ますね。, バルコフの部隊が全力で工場を防衛してくるものの、内部へと潜入しニコライから爆薬と起爆装置を受け取ったアレックス。, 工場のファーネスを爆破する予定でしたが、今までCIAの命令に従い続けてきたアレックスは自らを犠牲に工場を爆破する事を選び、ファラはバルコフを追う事に。, ファラはバルコフが乗ったヘリに潜入してナイフを何度も突き刺し、ついに自分の手でバルコフを殺し積年の恨みを晴らすと同時に工場を爆破する事に成功します。, ウルジクスタンの戦いを終えたプライスは、ケイトからプライスがかつて少尉だった頃に、当時上官だったマクミラン大尉と共にウクライナのプリピャチで暗殺に失敗したイムラン・ザカエフが、ハディルを助けようと動き出した事を聞きます。, 更に、シェパード将軍から預かっていたファイルをプライスに渡します。