テーブルの見出し行、データ行、集計行について各セル範囲を取得する方法をお伝えしました。 さて、テーブルのデータ行ですが、追加・削除をしても可変で管理されているということですが、各行についてループ処理を行いたいときはどうすればよいでしょうか? テーブル内をクリックして選択し、[デザイン] タブの [テーブルのサイズ変更] をクリックします。 変更 ), Google アカウントを使ってコメントしています。 仕事に活用できるOfficeの使い方をご紹介。 セル範囲が指定されているボックスのセル番地を編集して拡張したり縮小したりできます。, 拡張できる範囲は行だけではありません。 数式を作った場合の動きを確認します。 企業レポートの報告では、エクセルでインシデント管理されている会社ってたくさんあるようですね。今後はWeb管理だの、いろいろ言われていますが、まだまだ、皆さんの会社では、今後も(たぶん)Excelを使っていくよって人がいるのでは、ないでしょうか。このあたりを今回はVBAとVSTOを交えて、紹介したいと思います。, 今回は、Excelのテーブルを使った例を紹介を紹介したいと思います。項目は、一般的なインシデントの項目をテーブル化するだけにしました。項目を入力したら、先頭行を範囲指定して、[挿入メニュー]の[テーブル]を選択指定下さい。以下のような[テーブルの作成]ダイアログが表示されます。最後にチェックボックスは、必ずチェックしてください。, 1行目が入力出来る状態でテーブルが作成されます。そのまま入力セルに移動して、入力もできますが、今回は同じシートに入力項目を追加したいと思います。, こんな、感じでどうでしょうか。 さっそく、ボタンイベントを追加します。ボタンをダブルクックで、追加されます。, テーブルのアクセス方法が分からない。VBAのコードをどうかけば、いいの。そんな方は、テーブルのオブジェクトは、どのグループか調べましょう。 答えは、”ListObject” になります。分かったところで、入力した内容を、レコードに書き込むには、今までのRangeが使えます。テーブルを使わない場合は、Sheetからみているので、cells(1,1) は [A1]セルを指していますが、テーブルでは、cellsの代わりにRange(1, 1). 求めている数式で、現在の結果は「15」です。, データ (行) を追加してテーブル範囲を拡張すると、セル F2 の結果が「16」に更新されます。 データを入力して [Enter] キーを押します。 テーブル化しておけば、どこまでが表の範囲で見出し行が何行目かなどは専用のメソッドが用意されていますので便利です。テーブルのVBAについてはこの記事の中で後ほど紹介したいと思います。 7. 「=COUNT(販売データ[No])」という数式なので、範囲さえ自動的に拡張されれば、 数式を編集する必要がないのです。この数式は例ですが、テーブルを使うことによって 範囲外であるため、セル F2 の結果は「15」のままです。, セル F2 の計算式で使用しているセル範囲を編集するか、エラー チェック オプションを使って 表の一番下にデータを追加しても、もちろんセル F2 に入力されている計算式に含まれている テーブルでは、列内の1つのセルに数式を代入すると、同じ数式が全部のセルへ自動的に代入されます。本来データベースとはそういうものです。部分的に異なる数式を代入する方がイレギュラーです。もちろん、列内で1つの数式を変更する データを追加したら自動的にテーブル ( ログアウト /  下図のセル F2 には、「=COUNT(販売データ[No])」という数式が入っています。 テーブルのすぐ下の行のセルにデータを入力して [Enter] キーを押します。 追加したいデータが複数ある場合は、ほかの表からコピーして貼り付けてもよいです。 データが追加され、テーブルの範囲が 1 行分 … データが追加され、テーブルの範囲が 1 行分拡張されます。 数式を更新してセル範囲を拡張するなどして、正しい結果に更新します。, 次に、データが含まれる範囲を標準の表ではなくテーブルに変換して、テーブルのデータを参照する 対象にするだけでなく、データを追加したり、項目 (列) を追加したりしながら使っていくことが これは、B6 から B20 のセル範囲に数値データが入力されているセルがいくつあるか、を求めている ミスなく正しい結果を得ることができます。テーブルは見た目が美しいだけの機能ではないのですね。, ☆即日~☆【日高村×期間限定】いもけんぴ製造工場でのカンタンな軽作業!未経験OK♪, <急募!>『即日スタート』【大手流通本社×カスタマーサービス】日曜お休み☆40代50代活躍中♪@安佐南区, Office 全般のスペシャリスト。ユーザー向けトレーニングの実施や書籍執筆、オンライン記事の執筆、インターネット授業などを行っている。. 変更 ), Facebook アカウントを使ってコメントしています。 は、テーブルの項目の左の項目の入力データの1行目を指します。テーブルを基準に相対的にセルを見るので、扱いがとても楽になります。列や行を追加や、A、B、Cなど気にしなくてすみます。, 項目増えることもあるので、 tbl.Range(insertRow, tbl.ListColumns(“管理番号”).Index)  としてもいいと思います。これなら、項目名を使って、アクセスできます。ListColumns以外にも、ListRows.Countなど便利なメッソドやプロパティがあるので、使ったことがない人は確認してみては、どうでしょうか。今回は、テーブルを使ったVBAが、はじえめての方に、簡単ですが、VBAのコードを紹介しました。次回は前回と同じく、操作ウィンドウ(作業ウィンドウ)を使って、テーブルにレコード追加したいと思います。VBAtとVB.Netの違いは、また改めて紹介したいと思います。, インシデント管理で、一番面倒なことは、Excelでドキュメント項目を入力するときの、改行が【[数式バー】で、Alt + Enter と面倒なことと、数式バーが広げたり、縮めたり面倒な点でしょうか。そこで、ちょっとしたアドインをVSTOを使って作成しました。欲しい方は、連絡を頂ければ、いくらかでお分けしたいと思います。公開は、近々できたらしますので、楽しみにしてください。講習会参加者か、Office2013または、VisualStudio購入者には、便利なアドインとして、いつものように提供させてもらいます。 次回は、VBAからVSTOの移植になります。お楽しみに!, WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 テーブルの右下の青いマーク (┛) がテーブルの範囲の端を表しています。, テーブルのすぐ下の行のセルにデータを入力して [Enter] キーを押します。 Excel 名前定義(6)名前定義を複雑な数式で使用する 2020年3月27日 Excel VBA 配列について(5)配列の要素数を取得するUBound… 2020年3月21日 Excel 計算式そのものを表示・取得する方法 2020年3月24日 Excel 最終セルを求めて 拡張したいという場合は、ダイアログ ボックスを使って指定することもできます。 ( ログアウト /  ( ログアウト /  ( ログアウト /  罫線 (枠線) を追加しなおさなくてもよいというのは便利ですね。しかし、知っていただきたいのは、そこだけではないのです。データが追加された領域を含めるようにテーブルの「範囲が拡張されている」のです。何行であろうと、何列であろうと「販売テーブル」という 1 つの範囲なのです。, まずは、テーブルを使わず、標準の表を使ったケースで計算式とデータの追加について見てみます。, 下図のセル F2 には、「=COUNT(B6:B20)」という数式が入っています。 テーブルの右下の青いマーク (┛) の位置でも範囲が拡張されたことが確認できます。, 自動的に書式が設定されるから、データを追加したセルに書式を設定しなくてもよいとか、 あります。テーブルにデータや列を追加する方法と、データを追加したときのテーブルの範囲について [テーブルのサイズ変更] ダイアログ ボックスが表示され、現在の範囲を確認したり、 このような参照方法を利用した計算式を作成できるため、効率よく作業をできるだけでなく、 テーブルの右下の青いマーク (┛) の位置でも範囲が拡張されたことが確認できます。, データを入力する前に範囲だけを拡張する場合は、テーブルの右下の青いマーク (┛) に 行の追加 Topへ テーブルの最下行にデータを入力すると、自動でテーブルの範囲が拡張されます。 この機能は「オートコレクトのオプションの設定」によって実行されています。 拡張したくないときは [オートコレクトのオプション]→[自動的にテーブルを拡張しない]を選択します。 テーブルを利用することによって何が便利なのか?の 2 つ目です。, テーブルも普通の表と同じように、最初に作成したときに含まれていたデータだけを もちろん、セル F2 の計算式には編集は加えていません。, 「販売データ」テーブルの範囲が「B2:F20」から「B2:F21」に拡張されました。 すぐに役立つWordやExcel、PowerPointの基本操作やコツ、テクニックをお届けします。, 「テーブルを使うメリット ―見出しの表示、列や行の選択―」に続いて、 変更 ), Twitter アカウントを使ってコメントしています。 変更 ). 皆さんExcelの表をテーブル化していますか? 私の周囲ではテーブル化している人は意外と少ない印象です。 テーブルは拡張性に優れていて、ユーザーの補助機能がふんだんに盛り込まれているので、ぜひとも使いましょう! これは、「販売データ」テーブルの「No」列に数値データが入力されているセルがいくつあるか、を 計算式です。結果として「15」と表示されています。, 表に 1 件のデータを追加します。 データが追加され、テーブルの範囲が 1 列分拡張されます。 マウス ポインタを合わせ、下へ向かってドラッグします。, テーブルの範囲がとても広かったり、「セル××まで」というようにセルの位置を指定して範囲を 追加したいデータが複数ある場合は、ほかの表からコピーして貼り付けてもよいです。 テーブルのアクセス方法が分からない。VBAのコードをどうかけば、いいの。そんな方は、テーブルのオブジェクトは、どのグループか調べましょう。 答えは、”ListObject” になります。分かったところで、入力した内容を、レコードに書き込むには、今までのRangeが使えます。 書いておきます。, 下図の現在の「販売データ」テーブルの範囲はセル B3 から F18 です。 たとえば、既存のテーブルの右に列を追加したいという場合は、テーブルのすぐ右の列のセルに