0201 - 概要 : Intel(R) Core(TM) i7-3770 CPU @ 3.40GHz x8 ~3901MHz お願いします。 上位クラスのグラボは、高解像度&画質設定最高で3Dゲームを快適にやりたいというヘビーゲーマーや、ベンチマークで高いスコアを出したいベンチマーカーくらいしか縁が無い製品です。 DVDiHAS324-27 0304 - DAC タイプ : Integrated RAMDAC 樹脂系にはあまりお勧めではありません、しかし 0406 - 速度 : 1600 MHz >数日乾燥させても壊れることはないのでしょうか? 田 CPUのグレードを下げて、グラフィックボードのグレードを上げたほうが良い インテル® Core™ i7-4770 プロセッサー (8M キャッシュ、最大 3.90 GHz) 仕様、機能、価格、対応する製品、設計資料、製品コード、スペックコードなどが分かるクイック・リファレンス・ガイド。 All rights reserved. 0405 - BankLabel : BANK 1 最安価格(税込):44,894円 価格.com売れ筋ランキング:75位 満足度レビュー:4.65(38人) クチコミ:1261件 (※11月11日時点) ・Core i7-4770K(4コア/8スレッド/TB時3.9GHz) ・Core i5-4670K(4コア/4スレッド/TB時3.8GHz) 2013年6月に投入された第4世代Coreプロセッサ。 これはintelの基板の例ですが、コネクタのピン配置自体は規格で決まっています。なので、ご質問者様がインテル以外のマザーボードをお使いの場合でも上記記載内容はそのまま適用できます。 HDDは初期化してクリアにしたし、ドライバーは最新の物が入ってます。 インテルの第8世代からコア数が1.5倍に増えました。この影響で「古い第4世代使ってるけど、そろそろ買い替えても良いかな?」と、考え始める人が増えているようです。, というわけで、第4世代の人気作「i7 4770K」から第8世代(Coffee Lake)に乗り換えることで得られる効果やメリットをデータに基づいて解説してみたい。, Core i7が登場して以来、9年にわたって「4コア / 8スレッド」を伝統としてきたインテル。AMDが4年ぶりにインテルを脅かす「AMD Ryzen」というCPUを投入して競争が激化し…急遽「6コア化」を施して抵抗を図ったのが第8世代です。, 仕様を比較して何が違うのかを確認しておきます。製造プロセスは22nmから14nm++(約12nm)にまで微細化され、コア数は50%増の6コア / 12スレッドへ。CPU側で対応しているメモリ規格もほぼ50%高速なDDR4-2666に進化。, その一方でキャッシュ容量は全く進化しておらず、単にコア数が1.5倍になったからキャッシュ容量も1.5倍になっただけ…という状態。要するにCoffee LakeはRyzenが登場しなければ、おそらく4コアのままだったということだ。, なお、価格差はMSRP(希望小売価格)に基づけばわずか20ドル。ほぼ据え置きなので1コアあたりの価格は30%安くなっています。第6世代や第7世代への乗り換えは微妙だが、6コアの第8世代なら乗り換えるメリットが大きそうですよね。, というわけで各種ベンチマークデータに基づいて、第4世代(Haswell)などの古いシステムを使っている人が第8世代(Coffee Lake)乗り換えるだけの価値があるのかどうか。客観的に確認していこう。. 壊れないとの保証は出来かねますね    ゲームでもこれは大金叩いても面白いというのがあったら教えて欲しいです。 0202 - 現クロックスピード : 3901MHz Game Booster 診断 レポート v1.0 4PINソケット?に3PINのファンが接続出来るとは聞いたのですが、どう接続すればいいのかわかりません。 http://www.asus.com/jp/Motherboards/X99DELUXE/overview/ ← マザーボードの一例。 待ちに待ったPCパーツが全て揃ったので自作で組みたいと思うのですが、一つわからない事があります。 http://www.asus.co.jp/Motherboards/Intel_Socket_1155/P8H77V/#CPUS ---------------------------------- といわれています。 1.のご質問について そのため、グラボを搭載すると映像が綺麗になるというのは、3Dゲームに限定されるんですよ。 で、オンボードグラフィックや内蔵グラフィックと呼ばれるものは3D性能が低いから画質設定を低くしないと快適にプレイできないから低画質、グラボを追加すれば3D性能が上がるので画質設定を上げられるから映像が綺麗になるってわけです。 そこで疑問が湧いたのですが、グラボを使用するなら、オンボード機能がもったいないんじゃないか?と思ったのです。 せいぜい、動画の再生支援機能によって動画再生中のCPU負荷が多少軽くなる程度。 Intel製LANチップはCPU負荷の低さや通信の安定性に定評があるし、QualcommAtherosのKillerNICはゲームに最適化されたLANチップという謳い文句です。 Intel製LANチップはCPU負荷の低さや通...続きを読む, 現在使用している パソコンのCPUは   (当方ゲームは極まれにやりますが、面倒で気が進みません Version: 3.4.0.1491 ※普通はCPUが行う処理をグラフィックボードにやらせること。動画エ...続きを読む, グラフィックボードを交換しようと思います。 ・状態として確認したのはマザーの緑LEDランプは点灯している。 自作PCの最初の段階なんですが、ひと通り組み上がったと思って一度電源を入れてみたのですが ・最小構成で(電源、CPU、マザー、メモリのみで試して見ましたが同じでした。 そこら編、わかりやすく教えてくださいませんか? ここのところ CPUの温度上昇で気になりかけたことで グラボ:Radeon HD6950 2GB 標準のリテール品です >電源とマザーのみで電源ボタンを使用せず起動させる方法はありますか? また、他に情報が必要でしたら出しますのでお願いします CPU冷却ファンの回転数です それともグラボの補助的な機能を果たすのでしょうか? 1、マザボ側4PIN ファン側3PINの場合1つピンが余ると思うのですが、右のピンを余らすのでしょうか?それとも左のピンを余らすのでしょうか? 最近のマザーボードはグラフィック性能が高く、オンボードだけでもそれなりにゲームができると聞きましたが、やはり3DCGゲームをしたい!ということでグラボを刺そうと思っています。 2. 0109 - DirectX バージョン : DirectX 12 ...続きを読む, こんにちは。 消費電力が増えることも考慮すると±0に限りなく近いか、マイナスな可能性もありますけど。 http://ark.intel.com/ja/products/65719/Intel-Core-i7-3770-Processor-8M-Cache-up-to-3_90-GHz それぞれの温度が高い場合、自動的にクロックを落としたりコアの電圧を下げて壊れないようにします。遅くなる理由がこれです。原因は、CPUクーラーのヒートシンクに埃が詰まっていたり、ケースファン付近に埃が溜まっているためです。対策としては、埃を掃除することです。また、CPU付属のCPUクーラーを使っている場合は、冷却能力の高いCPUクーラーに交換することも効果的です。あと、CPUーラーの取り付けが浮いている場合も、温度が高くなりますね。 当時はかなりいい方だったのですが最近流行のゲームはもうグラフィック技術の向上により私のパソコンではついていくのが困難になりました;; 03 - ビデオアダプター CPU内蔵のグラフィックスを使わない場合、CPU自体の発熱がその分減りますし、メインメモリを共有していたグラフィックス用メモリが必要なくなりますので、演算に集中できます。ほんの僅かですが、性能が良くなるでしょう。と言うか、低下しなくなると言った方が正しいでしょう。 ---------------------------------- 最近のマザーボードはグラフィック性能が高く、オンボードだけでもそれなりにゲームができると聞きましたが、やはり3DCGゲームをしたい!ということでグラボを刺そうと思っています。 CPUとGPUの温度を測定して、各限界温度付近になっていたら要注意です。GTX970は、98℃です。Core i7-3770のTCase 67.4°Cとなっています。TCase温度はCPUのケース温度で、測定しているのはTjunction(内部温度)のため、若干測定温度の方が限界点は高くなります。 0408 - キャパシティ : 4.00 GB ・ケース電源スイッチのピン、極性間違えずに刺してますよね? 日付: 2016/02/18 18:53:16 (GeForce GTX970か、奮発して1070かなと思ってます) となると考えられるのは、CPUかGPUの温度です。パソコン内部の温度はどうなっているでしょう。下記のようなソフトウェアで温度を測ってください。 0407 - TotalWidth : 64 Bits CPUスコアはマルチスレッド、CPU(シングルコア)はシングルスレッドでCGレンダリングをしてスコアを出す。CPUの処理性能がストレートに反映される, 3D描画の定番ベンチマーク。たくさんのテストがあるが、DirectX 11ベースの標準であるFire Strike、DirectX 12ベースのTime Spyを実行した, Premiere Pro CCは定番の動画編集ソフト。4Kクリップ7枚で構成したプロジェクトをH.264/H.265で出力するのにかかった時間を計測した, マザーボード名や搭載チップセットがすぐに分からない場合は、CPU-ZやHWiNFOなどのユーティリティを使うと、調べることができる, コンデンサを多用しているマザーボードは消耗品と言える。Sandy Bridge以前のシステムは延命するよりも即交換を考えたほうがよいだろう. http://pc.watch.impress.co.jp/docs/topic/review/759797.html ← CPU せいぜい、動画の再生支援機能によって動画再生中のCPU負荷が多少軽くなる程度。 ただし、変なところをショートさせたり、ドライバー落っことしたりして変なところに電気が流れるとマザーボードがアウトになる可能性もありますので、あくまで自己責任でやってください。 ですが、ネットをしたり、Office系のソフトを使ったり、動画を再生したり、という用途の場合はグラボ増設によるメリットはほとんどありません。 どうやら、外気温でもファン回転数が変わるようです。 「メモリスロット数が少ない」「SATA3.0(6Gbps SATA)ポートが少ない」など、仕様的にショボい。 2.のご質問について 0303 - チップタイプ : GeForce GTX 970 LGA2011-V3 用チップセット X99 を使ったマザーボードなどが、それに該当します。これは、グラフィックボードの使用が必須になります。Core i7-6950X などですね。 windows7 professonal 64bit, P8H77-VのCPU対応表 CPU:Intel Core i7 2600 3.40GHz 自作指南的なページでよく言われているのが、同じ予算であれば、 どなたか詳しい方、アドバイスをお願いします。 0405 - BankLabel : BANK 0 0309 - モニター名 : Generic PnP Monitor ヒートシンクとかついてるとなお良し。 電源 KRPW-P630W/85+ 以上、ご参考まで。, 初めまして。私は今2011年辺りに買ったBTOパソコンを使っています(用途はゲームやDTMです)。 http://amazon.co.jp/dp/B00G1YXN6M ← ¥3,435 例えば、以下の「電源ラベルの見方を知ろう」の電源はトータルで400Wのモデルです。    また、当方男性ですので、カテゴリーに抵触しない程度でアダルトネタでも良いです。), >1. 基本的に、3Dゲーム以外の画質に関しては、どれだけ高性能なグラボを搭載しても綺麗になることは有りません。, >1. 2. ・H81チップセット搭載マザーは避けるべし 2.グラボを刺した場合、オンボード機能は何も機能しない、いらない子になってしまうのでしょうか? インテル Core2Duo E6600です 使用しているファンは CPUについてきた 3.のご質問について NTT-X、レノボのChromebookを3万円切り。2in1モデルは9,900円引き中, 【レビュー】4種類のダイバリエーションがある「GeForce GTX 1650」の違いを検証, Witcher 3がヌルヌル動くゲーミングUMPC「GPD WIN 3」のさらなる詳細が明らかに, Tiger Lake版モバイルゲーミングノート「Razer Blade Stealth 13」が国内販売, 近年のIntel CPUは、比較的すぐにソケットなどの規格が変わってしまう。そのため古いシステムだと最新CPUへの交換はできないが、同世代で下位のCPUから上位のCPUへ交換することでパワーアップすることができる。(TEXT:鈴木雅暢), Sandy Bridge世代以降は2世代ごとに互換性がなくなり、古いシステムからCPUだけを最新のものに交換することはできない。ただ、どの世代もCore i7とi5ではスレッド数が2倍違い、Turbo Boost時の最大周波数も差が付けられている。そのため、もとのCPUがCore i5やi3、Pentium、Celeronだった場合、中古などで同世代(あるいは、互換性があれば次の世代)のCore i7を手に入れて交換すれば、マルチスレッド性能を中心に、かなりの性能向上が期待できるだろう。, 実際に同世代のCore i5からCore i7へアップグレードするとどのくらいの効果が見込めるのだろうか。それぞれの世代で比較してみよう。まずCINEBENCH R15だが、Skylakeでは47%、HaswellやSandy Bridgeも35%以上もCPUスコアが伸びており、マルチスレッド性能はかなり上がる。PCMark 10はシステムの総合力を見るテストのため数字は地味だが効果は堅実。グラフは掲載していないが、とくにクリエイティブ系のDigital Content Creationでは効果が大きく出ていて、Skylakeでは13.5%と結構な差がある。, 3Dゲーム系のベンチではどうだろうか。まずは定番の3DMarkを見てみよう。DirectX 11ベースのFire Strikeは約10%の差が出た。しかし詳細を見ると、この差はほぼCPUで物理演算をするPhysicsのスコアが反映されているもので、同世代のi7とi5ではゲームシーンのフレームレートはほぼ変わらない。DirectX 12ベースのTime Spyも、総合スコアの差はFire Strikeより小さいが、やはりゲームシーンでは大きな効果は見られない。, ファイナルファンタジーXIV:紅蓮のリベレーターベンチマークは、4KではCPUの世代にかかわらず差がなかった。平均フレームレートは40fps以下で、ビデオカードの能力が足りていない。こういう状況ではCPUを変更しても効果はないようだ。一方、Sandy Bridgeのi5環境でも80fps以上出るフルHDではそれなりに差がある。ただ、それぞれの世代でのi7とi5の差は、フレームレートで5から8fpsくらい。詳細を見るとロード時間も数秒ほど短縮するので使用感向上は見込めるかもしれないが、あくまでも「多少」レベルだ。, コア/スレッド数が直結しやすいエンコード(Premiere Pro CC)では効果が大きく、SkylakeではH.264で24%、H.265で29%ある。HaswellとSandy Bridgeは多少効果は低いがそれでもH.265で約23%なので交換するだけの価値はありそう。Photoshop CCのフィルタ処理もやはりSkylakeでは18%と効果が高い。ただ、Sandy BridgeとHaswellでは高速化効果が薄い。Skylakeではi7とi5の最大クロック差が300MHzあるのに対し、Haswellは100MHz、Sandy Bridgeは200MHzということが影響していそうだ。, 【検証環境】[LGA1151]マザーボード:ASUSTeK ROG STRIX Z370-F GAMING(Intel Z370)、ASUSTeK Z170-PRO(Intel Z170)、メモリ:Micron Crucial Ballistix BLT2K8G4D26AFTA(PC4-21300 DDR4 SDRAM 8GB×2)※SkylakeではPC4-17000で動作、[LGA1150]マザーボード:ASUSTeK Z97I-PLUS(Intel Z97)、メモリ:Team TED38G1600C11BK(PC3-12800 DDR3 SDRAM 8GB×2)、[LGA1155]マザーボード:ASUSTeK MAXIMUS IV GENE-Z(Intel Z68)、メモリ:Team TED38G1600C11BK(PC3-12800 DDR3 SDRAM 8GB×2)※PC3-10600として動作、[共通環境]ビデオカード:ASUSTeK ROG STRIX-GTX1070-O8G-GAMING(NVIDIA GeForce GTX 1070)、SSD:Samsung SSD 850 EVO MZ-75E250B/IT(Serial ATA 3.0、250GB)、OS:Windows 10 Pro 64bit, 【検証方法】Photoshop CC:RAWデータを開き、レンズ補正、ノイズの低減、スマートシャープといったフィルタをかけ、回転、切り抜きといった処理を10枚連続で行なうバッチ処理にかかった時間を計測、Premiere Pro CC:4Kクリップ7枚で構成したプロジェクトをH.264/H.265で出力するのにかかった時間を計測, 今使っているマザーボードでどのCPUが使えるのかは、チップセットの対応CPUを調べればだいたい分かるのだが、まれにVRMの設計などで対応TDPが決まっていることや、対応UEFI(またはBIOS)がリリースされていないことがあるため、マザーボードのサポートページで対応CPUリストを調べるのが確実だ。メーカー製PCは、マザーが同じでもUEFIがカスタムされている場合があり、必ずしも交換できるとは限らない。, USB 3.0にもまだ対応していなかったZ68はSandy Bridge世代、Serial ATA 3.0対応のポート数が増えたZ77はIvy Bridgeの世代の主力で、ソケットはLGA1155に対応している。Z68マザーならほぼUEFIアップデートでIvy Bridge世代のCPUが使える。なお、Z68マザーは、CPU直結のPCI Express x16スロットがPCI Express 3.0対応のものと2.0対応のものがある。, Z87はHaswell世代、Z97はHaswell Refresh/Devil's Canyon世代の主力。両者のUSBなどのI/O機能はほぼ同じだが、後者はPCI Expressからのブートに対応した。ソケットはLGA1150に対応。Haswell RefreshはHaswellからの小変更で周波数が違うのみだが、Z87マザーで使うにはUEFIの対応が必須だ。, PCI Expressのレーンが一気に増加した世代。Z170はSkylake、Z270はKaby Lake世代の主力チップセットだ。両者の違いはOptane Memoryへの対応の有無程度で実質的な機能差は少ない。ソケットはLGA1151に対応。Z170マザーは基本的にUEFIアップデートでKaby Lakeに対応できる。同じLGA1151でもCoffee Lake世代のCPUは使えない点に注意したい。, A88X、A78はともにSocket FM2+対応のチップセット。Socket FM2+対応APU(Kaveri)に先行して登場していた。Kaveriの後継のGodavari世代のAPUも基本的にはUEFIアップデートで対応する。なお、Socket FM2のCPU(Richlandなど)も使えるが、Socket FM2対応マザーボードではFM2+のCPUは使えないので注意してほしい。, 初代Ryzenと同時に発表されたチップセット。どちらもU E F Iのアップデートを行なうことで、最新のRyzen G(GPU内蔵モデル)や第2世代Ryzenも利用可能だ。なお、上位のX370の後継として第2世代R y z e nに最適化されたX470が登場している。Precision Boost OverdriveやStoreMIといった第2世代Ryzenの新機能はX470のみで利用できる。, IntelのSandy Bridgeが近年のCPUの大きな転換点となっており、Sandy Bridge(Z68、P67)より古い世代のチップセットを搭載したマザーボードでは利用できる一番よいCPUに交換したところでパフォーマンス的に厳しいのは変わらない。マザーボードも本質的には消耗品だ。コンデンサなどが劣化していつ寿命が来てもおかしくない。即交換をお勧めしたい。, DOS/V POWER REPORT 7月号の特集は「パーツ交換でPCをもう3年使う~メーカー製PCも自作PCもめんどう見ます~」。この特集では、3年前、5年前の古いPCのパーツを交換することで、より長く使い続けるテクニックについて解説します。CPU交換、メモリ増設、ビデオカード増設、HDD→SSD換装といったパーツのカテゴリごとに交換に必要な知識から、交換用にオススメのパーツまで紹介し、スタンダードノート、ゲーミングノート、ゲーミングデスクトップ、スリムデスクトップ、Sandy Bridge自作機、AMD FX自作機のアップグレード実例を詳しくお見せします。自作PC、メーカー製PCを問わずに使えるテクニックを満載した本特集をぜひご覧ください。.