find /XXXX/XXXX/*.txt -type f -exec rm -rf {} ¥; 消すファイル数が多ければ多い程、xargsを使った方が速い。 なぜなら、 「-exec」を使用すると、内部的には見つけたファイルに対して毎回rmを行う。 xargs は、パイプ入力を受け付けます。ファイルからの入力も受け付けます。 % cat < fileA.txt, rm, echo等      : 引数のみ取れる。標準入力なし。 Source link, 私は知っている、あなたが知っている、「サイク」は素晴らしいショーです-レビューオタク, 申し訳ありませんが、全員が2回目の刺激チェックを受けるわけではありません。 これが私たちが今知っていることです, ステータスバーアイコンを削除するAndroid 9.0ケーキでシステムUIチューナーを有効にする方法«Android :: Gadget Hacks. ファイル名の一覧を標準入力から受け取って、そのファイル一覧を任意のコマンドに引数として渡すコマンド。ファイル一覧でなくてもなんでもよい。, わかりづらいので、例として、カレントディレクトリの配下にある拡張子が .txt のファイルをすべて削除したいとする。, を実行すればよいが、findの結果が大量にある場合はrmコマンドを手で書くのは手間なので、 % echo fileA.txt | xargs rm  xargsがecho fileA.txtの結果をrmの引数にしてくれるのでO.K, もし出力にある文字列を含むなら、その出力をnullに渡して標準出力しないようにする。, 回答 例えば、-n 3 とすると、コマンドに最大で3つまでしか引数を渡さず、 4つ以上ある場合はコマンドを複数回実行される。 ディレクトリに a.txt, b.txt, c.txt, test.sh があって、 test.sh が以下の内容とし、 echo "exec: test.sh" echo "$@" 以下を実行すると、 ls | xargs sh test.sh UNIX/Linux の xargs コマンドは、標準入力から受け取った文字列を、コマンドの引数として指定できるコマンドである。コマンドライン文字列が長すぎるエラーを回避に使用する。また、xargs の実装によっては並列実行して処理を高速化させることができる。 find . ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー, teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。, 評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。, 上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。, これが、大きな間違いです。今までrmを使ったことが無い?? ェルの組み込みコマンドとGNU版の2種類ある. teratailを一緒に作りたいエンジニア. 注意)>はパイプではなく出力先の指定。なので以下ではcatと言うファイルができる。 で、分かりますでしょうか?, 簡単な説明ですが、例えば、パイプの場合とxargsの違いは、 echo file1 file2 | xargs rm ---はOKです。, (2)cat 下記は、file1 file2の内容がコンカチされて出力されます。, otnさんと同じく質問者さんはパイプ(標準入力)と引数を勘違いなさっていると思いますので私は補足までに, 例えば、echo a | echoとしてもなにも起きません。 © Copyright 2020 エンジニアの入り口. n.callMethod.apply(n、arguments):n.queue.push(arguments)}; 例:rm foo LinuxやUNIXで、コマンドちょっと組み合わせて利用する際、非常に役に立つxargsコマンド。 今回は、このxargsコマンドで覚えておきたい使い方・組み合わせについて紹介する。 1.基本的な使い方. -reg -type f -print | xargs grep hoge /dev/null, % find . % pwd > cat, xargs        : その標準入力を引数で指定したコマンドの引数にしてして実行。 -type f -print0 | xargs -0 grep hoge /dev/null, コマンドライン引数の [文字列] の部分を、標準入力から受け取った文字列に置換する。-i を指定すると、-l 1 が指定されたものとみなす。, BSD 系のみ。BSD の xargs には -i が使えない。代わりに -J を使う。-i とは異なり、-l 1 が暗黙には指定されないことに注意。, % (echo aa; echo bb; echo cc) | xargs echo, 何が起こっているかわかりやすくするため、-t オプションで xargs がどのようなコマンドを実行しているか表示させてみよう。, % (echo aa; echo bb; echo cc) | xargs -t echo, 典型的な使い方としては、下記のように find でファイルを探し、それに対して grep で検索する、というものがある。, しかしながら xargs はコマンドライン引数の最大値 ARG_MAX を見るという機能がある。, grep(\0)hoge(\0)/home/user/a00001(\0)/home/user/a00002(\0)/home/user/a00003(\0)…, 一方、xargs は ARG_MAX の値を把握していて、引数が ARG_MAX を越えそうになると, % grep hoge /home/user/a00001 /home/user/a00002 … /home/user/a00943, この値は伝統的に ARG_MAX というマクロ定数で定義されているため、使っている UNIX/Linux の ARG_MAX を調べたい場合は /usr/include の下を ARG_MAX で grep するか、下記のように getconf コマンドを使うことで調べることができる。, % echo /* /*/* /*/*/* /*/*/*/* | xargs hoge, % echo /home/user/* | xargs grep hoge /dev/null, % grep hoge /dev/null /home/user/a00001 /home/user/a00002 … /home/user/a00943, % find . 4つ以上ある場合はコマンドを複数回実行される。, ディレクトリに a.txt, b.txt, c.txt, test.sh があって、 xargs は、パイプ入力を受け付けます。ファイルからの入力も受け付けます。 -name fileA | xargs grep abc を実行すると ./dirA/fileA:abc ./fileA:abc が出力されますが、 find . 例(入力)% cat < fileA.tx, パイプ      : 2つのコマンドの標準出力(>)と標準入力(<)を同時にした物。 Linuxのコマンドの結果をパイプで次のコマンドの任意の位置に使う方法 itneko 2018年10月23日 / 2019年2月6日 複数行のテキストデータから 1 行目を取り出し、その 1 行から最初の空白までの項目を curl コマンドのリクエストヘッダ指定に使用する。 但し、上記は”file1 file2”の文字列が出力され 4 / クリップ xargsを使う場合 xargs経由で引数を与えたいケースもあるが、通常はxargsから自作関数は呼べない。 よくある手として my_func 関数をエクスポートしておき、 bash -c で実行する。 echo・・・コマンドライン引数を標準出力に出力する 例)% pwd | xargs grep ABC 速い. パイプとは「|」のことを指していて、パイプによっていくつものコマンドを組み合わせて複雑な処理ができるようになる。, 「パイプライン」とは少々難しく言うと、「コマンドの入出力をコマンドへ引き渡す処理」のことを指す。, LinuxなどのUnix Like Systemのコマンド、特にコマンドラインで使われる。「パイプ」とは直訳すると「配管」だ。このパイプを通して、入出力の情報がやりとりされる。, 小さなコマンドをパイプで連結することによって、複数のコマンドがまるで一つのプログラムのように動作する。その出力結果を自由に操ることができるわけだ。, lsの結果をsortコマンドで逆順ソートした結果がかえってくる。簡単な例だがもっと複雑にコマンドを、複数連結することも可能だ。, パイプとコマンドは幾つでも連結可能だが、大体多くても3つぐらいで大概の用はすむことが多い。, Unix Like Systemのコマンドが単機能的なのにはパイプ機能が背景にある。Unix哲学では「小さいことは美しい」「プログラムはフィルタとして動作するようにすべき」という、教示があるのだ。, パイプラインは、コマンドを繋げていくだけなので、複雑なアルゴリズムなどはぬきにして使える。「プログラミングは苦手」という人でも何度か触れば感覚がつかめるだろう。ぜひチャレンジしてほしい。, 例えば、次のように打ってみてほしい。の部分はあなたのユーザ名でいいだろう。, ps auxの結果をgrep でhogeの含まれる行を抽出、それをsortで並びかえた結果がえられる。, 上の例では、三つのコマンドがパイプによって接続され動作したのだ。これを「>」などのリダイレクトを利用するとファイルへ保存可能だ。, dmesgは起動時のシステムのメッセージを表示するコマンド、lessコマンドは1画面ずつ表示するコマンドだ。, これを実行すると起動時のメッセージが1画面ずつ表示される。dmesgの出力結果がlessコマンドに引き継がれている形だ。, wcコマンドは文字数をカウントするコマンドだ。-lオプションで行数をカウントする。, lsコマンドによってファイルやディレクトリ名が出力され、その行数をカウントするコマンドになる。つまりは、今いるディレクトリのファイルとディレクトリ数をカウントすることになるわけだ。, teeコマンドは処理を2つ同時に行いたいときに使える。標準入力から読み込み、それをファイルと標準出力に分岐させる。言葉で言うと難しいかもしれないが、コマンドを見ると単純だ。, lsコマンドの実行結果をls_logファイルに書き込むと共に、「wc -l」で行数をカウントしている。, このようにファイルへの保存とコンソール上の出力に分岐させることができるのが、teeコマンドだ。, tarやrmといったコマンドは引数をパラメータとして受け取る必要があるため、パイプでものをひきわたすと、怒られてしまう。, 今回はtarコマンドを例にあげてみる。hoge.tar.gz huge.tar.gzなどの複数のtarファイルが存在しているとき「tar -xvf *」 のようにしても解凍できない、tarは複数のtarファイルを一度に解凍できない。そこで, 無事解凍できるはずだ。「-n」はいちどにひきわたすパラメータを指定するオプションだ。今回は一ずつわたすので「-n1」となっている。このように、パラメータをうけとらないと動作しないプログラムもしっかりと対策措置がある。, のちに他のページで紹介するが、これらはスクリプトを書くための基礎知識につながっているので是非色々なコマンドと組み合わせてコマンドラインをエンジョイしてほしい。, 基本をまずは押さえて、teeやxargsも使える機会があれば積極的に利用していこう。, という方はリナックスアカデミーの資料を見てみてください。短期間で未経験からエンジニアになることができるスクールとして15年間選ばれ続けてきた理由やノウハウが載った資料です。, エンジニアの入り口に立つために必要な勉強や技術の最新動向、本当に使えるIT資格、学習に役立つ国からの奨励金などの情報が詰まっています。, 【ITエンジニア養成スクール & IT研修専門企業のリナックスアカデミーです。】エンジニアの入り口に立つために役立つようなコンテンツを日々ご提供していきます。講師や代表やスタッフ陣が毎日楽しく書いています。ご質問・ご指摘等はぜひコメントください。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. echo file1 file2 | cat       ---はOKです rm <(echo file1 file2)  --はNGです。 test.sh が以下の内容とし、, このサイトは筆者(hydrocul)の個人メモの集合です。すべてのページは永遠に未完成です。. xargsを普通に使うと、最後に引数が追加される。 $ cat list.txt | xargs -L1 echo 1 2 3 コマンドの途中に挟むように入れたいときは、-Iオプションを使う。 cat list.txt | xargs -IXXXX echo aXXXXa a1a a2a a3a -IXXXX とすると、XXXXが引数に置き換わる。 -L1と-xが自動的に適用される。また、空白区切りとか関 … 例(N.G)% rm < fileA.txt, なので標準入力がないrmにパイプを使うのはN.Gです。rmを使うには引数を指定する必要があります。xargsを使えばxargsの標準入力をrmの引数にして実行してくれます。, % echo fileA.txt | rm      引数がないのでN.G もうひとつ便利なもので、「xargs」というコマンドがある。 tarやrmといったコマンドは引数をパラメータとして受け取る必要があるため、パイプでものをひきわたすと、怒られてしまう。 0, 【募集】 【 xargs 】コマンドとは 標準出力結果を実行したいコマンドの前に記述することで 結果を引数として受け取りコマンドを実行することができる 例) コマンド1 | xargs コマンド2 【 | 】パイプとは 標準出力結果を次のコマンドに渡す 例) コマンド1 | コマンド2 xargsの必要性が分からなかったので両者… All rights reserved. rmは標準入力を読みません。, 書きぶりから、rmコマンドを使ったことがないとは思えないので、コマンドラインと標準入力の言葉の区別が付いていないと言うことですかね。 xargsとgrepの違いについてよくわからないので教えてください。 例えば、カレントディレクトリにa.txt, b.txtが存在しているとします。 (OSはmacOSで試しています。) その状態で、パイプを使用してfindとrmを繋ぐと、上手くいきません。 $ find . findとxargsは、手作業ならうんざりするような作業であっても、コマンドライン一発で済ませられる可能性を秘めている。 このエントリーではfindとxargsの基本的な使い方をtipsとしてまとめる。 xargs は、デフォルトのデータストリームを使用して実行パイプラインを構築するためのコマンドです。 xargs では、 echo rm や mkdir のようなコマンドは標準入力引数を受け入れることができます。. ~/dst にテキストファイルたちが移動されることになる。 -t がないと、 % find . しかし、echo a | xargs echoとするとaが表示されます。これはxargsが(xargsの引数) (標準入力)にコマンドを変換して実行します。, 分かりづらければ、プログラムの話をすると、引数はc言語ではargs[]で取ります(正確にはmain関数の第2引数ですがそれは理解のために省略), 一方、標準入力はc言語ではstdinという変数を使ってfread(str, 256, 1, stdin)のように読み込みます。, つまり、標準入力とプログラムの後ろにつく引数は全く別物なんです。 Linuxでコマンドを使用する際によく使う縦線「|(パイプ)」について紹介します。このパイプを使うことで、より柔軟にコマンドを扱えるようになります。 コマンドをつなぐパイプ「|」 バイプ「|」は、複 … n.queue = []; t = b.createElement(e); t.async =! 0; 削除対象ファイルはコマンドラインで与えます。 -name \*.c -print | xargs -n 10 grep hogehoge, マニュアルなどには記載はないが、おそらく "eXecute ARGumentS" あたりが由来では。PWB UNIX で出現したコマンド。, ▷ カレントディレクトリ以下のファイルについて、hoge を含む文字列を grep する。, FreeBSD は 10-RELEASE 前後で 256KB (それ以前は 64KB), HP-UX 10.20 までは 20KB (パッチを当てれば 2MB)、HP-UX 11.x 以降は 2MB.