ライヴエイド(live aid)は「1億人の飢餓を救う」というスローガンの下、「アフリカ 難民救済」を目的として、1985年 7月13日に行われた、20世紀最大のチャリティー コンサート。 「1980年代のウッドストック」とも一部でいわれていたが、その規模をはるかに超越したものとなった。 ライブエイドで大活躍したクイーン。上の画像でわかるように、大勢の人々を虜にしました。その数なんと、7万人! それは"ライヴ・エイド(Live Aid)"である。力のあるアーティストたちの中で、クイーンによる21分間の見事なパフォーマンスがその日の話題をさらったということに反論する者はいないだろう。 ウェンブリースタジアムを埋めつくすほどの人数を一瞬で完成の渦に巻き込んだ彼らですが、その活躍ぶりとは一体どの程度だったのでしょうか?