MacOSを新しいものにアップグレードすると機能性はアップするかと思いますが、アプリの互換性がなくアプリが使えなくなったりMacの速度がおそくなってしまったりと様々な不具合が発生する場合があります。, そんな時にはMacOSを以前に使っていたOSに戻す方法があることをご存知でしたでしょうか?, 今回はMacのOSをダウングレードする方法をいくつかご紹介していきたいと思います。, まず一つ目にご紹介するのが、Time Machineバックアップからダウングレードを行う方法です。, この方法は今回ご紹介する中でも一番簡単にできる方法となっていますので、もしTime Machineバックアップを取っているという方はこの方法でダウングレードを行いましょう。, もちろんTime Machineバックアップを事前にとっていないという場合にはこの方法は使えなくなりますので、OSのアップグレードをする前には必ずTime Machineバックアップをとってからアップグレードを行うようにしましょう。, Time Machineバックアップについてバックアップ方法などをまとめた記事が別途ありますので、下記のURLから参考にしてみてください, Time Machineバックアップからダウングレードを行う際はリカバリー起動を行い、MacOSユーティリティから復元を行うことで最新のバックアップをとっていた時の状態に戻すことができます。, 復元手順については下記の通りとなりますので、できるものがあればぜひMacOSのダウングレードを行なってみてください。, ①Macをシステム終了し、電源ボタンを押してから「command+R」をAppleロゴが表示されるまで 長押しします。, ③macOSユーティリティ画面で「Time Machineバックアップから復元」を選択し続けるをクリッックします。, ⑤次の画面でTime Machineバックアップが保存されているディスクを選択します。(パスワード入力画面が表示される場合には設定したパスワードを入力しロック解除します。), ⑥保存されているバックアップ一覧が表示されますので、復元したい日にち時間のバックアップを選択し続けるをクリックします。, ⑦Time Machineバックアップ復元が開始されますので、復元が終わり次第Time MachineバックアップしていたOSにダウングレードされます。, この方法ではTime Machineバックアップをとったその時の状態に戻るので、Time MachineをとってからMacに追加したファイルなどのデータは消えてしまいます。, ですのであらかじめ外付けのハードディスクなどに必要なデータを移行させておき、Time Machineバックアップ復元が終わった後に戻すというのが良いかと思います。, もしTime Machineバックアップを取るのを忘れていた、という場合にはインターネットリカバリー起動を行い、そこからダウングレードをすることができます。, この方法は一度Macのデータを初期化し、まっさらな状態に戻すという方法になりますので、事前に必要なデータなどは外付けのハードディスクに移行アシスタントもしくは手動で保存しておく必要があります。, そしてこの方法で戻すことができるのは、Macを購入した時に初期搭載されていたMacOSになりますので、もし初期のOSとは別のOSを使いたいという場合にはインターネットリカバリーにて初期化を行った後にOSアップグレードが必須となります。, またインターネットリカバリーは名前からもわかるようにインターネット経由でリカバリー起動をする方法となるためネットワーク環境が必要になりますのでご自宅や会社など安定したネットワーク環境で行ってください。, ①Macをシステム終了し、電源をボタンを押してから「command+option+R」を地球儀マークが表示されるまで長押しします。(インターネット環境によっても異なりますが、インターネットリカバリー起動されるまでに10分ほどかかる場合がありますので、先にインターネットリカバリー起動し少しの間おいて置かれるのがオススメです。), ②MacOSユーティリティの画面が表示されましたら「ディスクユーティリティ」を選択します。, ③現在使用されているディスクを選択し削除からHDD/SSDを削除します。この時にフォーマットは「MacOS拡張(ジャーナリング)」、方式は「GUIDパーティションマップ」を選択し消去を押します。, ④削除が完了しましたらディスクユーティリティを閉じ、MacOS再インストールを選択します。, ⑤画面の指示に従いOS再インストールを進め、完了次第ダウングレードされます。その後外付けのハードディスクなどに保存したデータなどを移行アシスタントや手動などで戻すようにしてください。, この方法は過去にApp StoreからダウンロードしたことがあるMacOSの状態に戻すことができる方法です。, App StoreからダウンロードしたMacOSをUSBなどの外部保存できるデバイスに保存し、そこからインストールするという手順になります。ですのであらかじめUSBなどを用意しておく必要があります。, ②USBをMacに接続し、Finderのアプリケーションから「ディスクユーティリティ」を開きます。, ④わかりやすいような名前を自由に入力し、フォーマットは「Mac OS拡張(ジャーナリング)」を選択し消去をクリックします。, ⑤USBの初期化が完了しましたら、Finderのアプリケーションからターミナルを起動します。, sudo /Applications/Install\ OS\ X\ (OSの名前).app/Contents/Resources/createinstallmedia –volume /Volumes/(ご自身でつけたUSBの名前)/ –applicationpath /Applications/Install\ OS\ X\ El\ Capitan.app –nointeraction, ⑦「If you wish to continue type (Y) then press return:y」と表示されたらキーボード「y」を入力しreturnを押します。, ⑧「Copy complete」と表示されましたらUSBにMacOSインストールが完了となります。, ⑪OSユーティリティ画面でディスクユーティリティを開きHDD/SSDから消去をクリックします。, ⑫お好きな名前を入力し、フォーマットを「OS X 拡張(ジャーナリング)」、方式を「GUIDパーミッションマップ」を選択し消去を押します。, ⑬消去ができたらディスクユーティリティを閉じ、OS再インストールから画面の指示に従いOSインストールを行います。, ⑭インストールが完了しましたら、USBに入っているOSにダウングレードされています。, この方法はここまでにご紹介した二つの方法よりも手順としては難しくなりますが、手順通り行えばできる方法となりますので、どうしても前に使っていたMacOSに戻したいという場合にはこの手順にダウングレードを行ってみましょう!, Macの場合は上記でご紹介した通りMacOSのダウングレードを行うことができますが、iPhoneやiPadの場合は一度アップグレードを行ってしまうとダウングレードを行うことはできません。, ですので、あらかじめiPhoneやiPadには入っているアプリが最新のOSに対応しているかなどを事前に確認しておいてからOSのアップグレードをするのが良いかと思います。, Mac同様にiOSの最新版が出たばかりの頃はアプリが対応していない可能性が非常に高いので、少し時間をあけてからiOSのアップグレードを行うことがオススメです。, いかがでしたでしょうか?今回はMacOSのダウングレードについて3つの方法をご紹介してきました。, アップグレードした後に不具合などがあり以前のMacOSに戻されたいという方も多いかと思います。, MacOSはOSごとに特徴があり、昔使っていたOSに戻したいという方も多くいらっしゃるかと思いますのでぜひ今回ご紹介した内容を参考にMacOSのダウングレードを行ってみてください。, 『説明はわかったけどいざ自分でやるとなると自信がない』とか『作業が面倒だから誰かにやってもらいたい』という方はこちらでご相談を承ります。 Macサポート歴20年、当サイトを運営する株式会社アースト(arst)まで是非ご相談ください。, アプリのダウンロードやiCloudを使用する際に必ず必要になるAppleID。どのように作成するかわからないで困ってしまったという方も多いのではないでしょうか? 今回はApple製品を使用する上でさま …, iPhoneをお使いの方であれば電話やメールを快適に使用するために電話番号やメールアドレスを連絡先アプリに登録するのではないでしょうか。 しかし電話番号を連絡先に登録するといってもどうすれば良いかわか …, 今までWindowsOSのPCを使っていた人がMacを初めて使う場合、その仕様の違いに戸惑う点も多いかと思います。 今回はそんなMac初心者の方に向けてMacの基本中の基本であるDockの編集方法やカ …, 普段Macを使っている方で、仕事などでWindowsを使わなければいけないという機会も多いかと思います。 WindowsPCを新しく購入するのもなんだかもったいないけれど必要だしという時にオススメした …, 2018年9月にリリースされ話題となった最新のMacOSであるMojave。 今までにはなかった様々な新機能が追加されたりと一つ前のMacOSであるHigh Sierraよりも機能性が向上しています。 …. 2018.12.15加筆 <まえがき> Macの古いOSを使う時に ハードウェアとの組み合わせが解り辛いな。と思っていました。 或は、古いMacを使う時に、 どのOSが使えるのか調べるのが面倒だと思ったりもしました。 なので一覧にしてみました。 以前は、インターネットリカバリーの要領でMacApp Storeにアクセスし、「購入済み」タブからかつてダウンロードしたすべてのアプリをダウンロードすることが可能でした。 インターネットを経由して、AppleサーバーからOS Xを復元させる。Mac購入時の初期OSがインストールされる(購入時の初期OSにダウングレードする) macOS 復元を使えば、起動ディスクを先に消去しなければならない場合でも、簡単に Mac オペレーティングシステムを再インストールできます。準備する必要があるのは、インターネット接続だけです。ワイヤレスネットワークを使える場合は、Wi-Fi メニュー から選択できます。 Macの全データが削除されてダウングレードされる方法もありますので、この方法を取る場合、万が一を考えてバックアップは外付けHDDにTime Machineでバックアップを作成して、備えておく必要があります。 sudo /Applications/Install\ macOS\ Sierra.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/Sierra --applicationpath /Applications/Install\ macOS\ Sierra.app --nointeraction, インストールディスクを作成しOSをダウングレードする方法は、以下の通りです。 ②起動してすぐ「command⌘+option+R」を同時に長押しする。 ⑤Mac OSのユーティリティ画面を閉じ、「Mac OS再インストール」をクリック。, 過去に「Mac App Store」からOS Xをダウンロードしたことがある人は、そのOS Xにダウングレードすることができます。「Mac App Store」の購入履歴から再OS Xをダウンロードすることができるからです。, 「Mac App Store」からOS Xをダウンロードする時は、直接お使いのMacには入れません。「Mac App Store」からダウンロードしたOS Xは、一旦USBなど外部メモリに保存しておき、そこでインストールディスクに書き換えたものをMacにインストールさせます。USBなどの外部メモリを必ず準備しておきましょう。, 「Mac App Store」からダウンロードしたOS Xは一旦USBなどに保存し、USBごとインストールディスクに書き換えます。しかし、ダウンロードしたOS Xによって入力するコードが異なります。, OS X Mavericksの入力コードは、以下の通りです。 インターネットリカバリを使ってMac OSをダウングレードさせる方法 は、以下の通りです。 ①Macの電源を一度きり、起動する。 ②起動してすぐ「command⌘+option+R」を同時に長押しする。 ①Macの電源を一度きり、起動する。 このコマンドを入力してエンターキーを押し、「y」キーを押してさらにエンターをすることで、インストールディスクの作成が開始されます。, 都度インターネット上からダウンロードするよりもUSBにインストールディスクを作成しておいてここからダウンロードする方が便利という方はこの方法をオススメします。 ですが、MacOS Mojaveでは、購入したアプリを見ることは可能ですがMacの古いバージョンは表示されなくなりました。, 以前OS X SierraはAppleが提供したリンクからインストーラをダウンロードすることが可能でしたが、こちらもダウンロードすることができなくなりました。 OSをアップグレードする前にバックアップをとり、OSをアップグレードしたあとそのバックアップを復元するとダウングレードできるやり方で、もっとも簡単にできる方法となっております。, バックアップからダウングレードする方法なので、まずはバックアップを取る方法をご紹介します。システム環境設定からTime Machineを選択します。, その後、Time Machineのバックアップを自動作成をONにしてバックアップを取るように設定しておきます。, Time MachineでMacのバックアップを取ることに成功しましたら、ここからはダウングレードの手順になります。まずMacをシステム終了して、電源ボタンを押してから「command+R」をアップルロゴが表示されるまで長押しします。, バックアップデータをtime capsuleなどのネットワークサーバーに保存している場合はWiFi設定が必要になりますのでWiFiのアイコンから設定します。, その後、MacOSユーティリティから一番上の「Time Machineバックアップから復元」を選択します。, その後、Time Machineから復元画面が出てきたら続けるをクリックします。次の画面でバックアップが保存されてるディスクの選択をします。