考えられる原因やエンスト時の心構えや対処法、miniにはよくあることなのか、など教えていただけたらと思います。 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5513061.html 回る過程で、バルブが高速型カムシャフトに切り替わり、電気モーターのように加速します。 いまの輸入車は日本車と殆ど故障も変わりません。 バッテリンがなくなったのか?それとも何かロックされったのか?どうしたら良いのか? 搭載している車とかは、空気を大量に押し込み燃焼させるので、エアフィルターとかも管理していないと 、いったんこのような状態に陥ったバッテリーは充電しても回復することはまずありません。急に始動困難になったとのことですが、そのような状態になる原因として多いのがスルーパーティション部分でのセル同士の結合の不良です。ご存知かと思いますが、自動車用のバッテリは2Vのバッテリーを6個直列につないだ状態でひとつのパッケージになっています。これを構成する2Vのバッテリーをセルと呼び、それぞれをつなぐ部分がスルーパーティション(異なる形式もある)です。この部分に異常が出て電気抵抗が大きくなると、スターターモーターのような大電流には耐えられず電圧が一気に降下してしまいます。 に低速でもトルクが出ていて、アクセルをガツンと踏むとタコメーターが高回転のレッドゾーンまで 上記2点の質問をした者です。 ライトが付くならバッテリーではないのかな? えっ!?っと思う感じでした。 購入したミニショップへは片道60km近く(もちろんレッカー保証対象距離からは大幅にアウト)。 エンストについて知っていた人も、知らなかった人も、エンストを起こしてしまったら、この記事の内容を思い出して落ち着いて対処してみてください。 Powered by WordPress with Lightning Theme & VK All in One Expansion Unit by Vektor,Inc. 状況としては,キーを回してもスターターリレーが一度「カチッ」となるだけで,セルモーターは一切 バルブが詰まると、切り替えがうまくできなくなる不調になります。 それは書かれたほうが良いですよ。 念のためにチェーン&ガイドも同時に交換させていただきました 私が分かるのは 相談等は、やはり車本体に詳しい正規ディーラーの方が良いと思います。 (2)タコメーター内のドライブコンピュータ?の中にあるRange○○kmと表示されているのは何のことでしょうか。同じドライブコンピュータの表示(燃費等)は長押しすると消えるのですが、これは消えません。利用方法も合わせて教えてください。 こんな修理が今までに、5回以上、合計30万は払っています。 チェーンもかなり伸びてしまっているものもあります. V型エンジンとかに可変バルブ機構が搭載されていると、市街地とか普通に走っている時には、それなり 本当に好きなら、新車からその車に付き合ってみてください。 ・夕方、ごはんを食べるのでカレー屋へ入って戻ったときのギュルギュル ...続きを読む, はじめまして。      また回してかからず、とやっていると、 大学を出て免許を取り、去年の5月に車検を終えたばかりのミニをミニ狂いおっさんの経営するショップで購入。それから今までの8ヶ月あまり入院させるほど困る事は起きた事が無いので、当たりの車だと言われていたのですが。 ドアを開く事も出来ず、仕方なく左のドアを開けて車から降りて駐車券を挿入して清算しました。 メインの原因はおそらくチェーンテンショナ―の異常. (家⇒コンビニ(10分程度の距離)で,コンビニで不動。) 原因さえ分かれば、父は一式道具を持っていますし、ミニに乗った事は無くとも30年近くポンコツのイタリア車に乗っている人なのでなんとかしてくれるだろうという淡い期待が… https://minkara.carview.co.jp/car/mini/mini/qa/unit140797/ それは書かれたほうが良いですよ。  CVTは、旧型の弱点としてかなり有名みたいです。いつ逝くか分からない、しかも、かなりの大物!(だからか、新型は日本製のアイシンのATに変更) よろしくお願いします。 ディーラーは土曜までお盆休みなので、ここで質問させてもらいました。 このようなご経験はありますか? 日本車だって中古なら3年目でも修理が多い車もあります。 よく「エンジンストップ(engine stop)」の略称だと思っている人がいますが、それは和製英語であり、実際には「エンジンストール(engine stall)」の略称をエンストといいます。 エンスト原因の大半は、mt車運転時の操作ミスによるものです。 mt車では、クラッチを操作してエンジンの動力をタイヤに伝えることになりますが、発進時のクラッチ操作が下手だと動力がタイヤに上手く伝わらず、エンストしてしまいます。  尚、ECUにはゴムの『ハカマ』みたいなモノが被せてありますが、これはカプラに直接水がかからない様にしているモノで、取ってはいけません。破れていたら交換するか幅の広いテープなどをハカマの様に巻いておきましょう。  ちなみに年式は平成18年9月(CVT)で、3年前に中古で某国産メーカーのディーラーで購入しました。走行距離はまだ2万Kmしかいっていません。 バッテリーに関してですが、 時刻は22時前。 症状:止まっている状態からアクセルを踏んで動きだすと空回りする。何とか走り出してもドンという衝撃がする。ガタガタ振動がある。走っている時はとりあえず何ともないですが…。 5年ほど使ったバッテリーで、 エンスト・マニュアルのいずれでもエンストになりうる可能性はあります。エンストは場合によっては危険を招くこともあるため、事前に回避できるように準備しておくのもドライバーの責務です。または、ドライバーの操作能力を上げることで、エンストを回避することもできるでしょう。, 「エンジンストール」を略して「エンスト」と呼んでいます。言葉の意味としてはエンジンがストールする、つまりエンジンが意図せずに停止することをエンストといいます。エンストが起こる原因はいくつかあり、この記事ではエンストの原因と対処方法について紹介します。運転中にエンストが起きても焦らず対処できるように、また原因を知るためにも、この記事を参考にしてください。, アナログな操作を行うマニュアル車にエンストが起こりやすいとされています。手動で管理する構造の部分があるため、誤った操作をするとエンストが起きやすくなります。教習所での練習中や、免許を取りたての頃は操作に慣れていないこともあり、エンストを起こしてしまったという人もいるのではないでしょうか。教習所であれば教官がいますが、免許取得後にエンストを起こしてしまうと、どのように対処して良いのかわからず、パニックになりかねません。, オートマ車だからエンストが起きないというわけではありません。オートマ車でも、ギアのポジションと進んでいる方向が合っていないとエンストを起こす可能性があります。坂道を進んでいるときに、登りきれず下がってしまうなど、進行方向とは逆の方向へいきなり負荷がかかるという経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。オートマ車だからエンストは起きないということではなく、車に無理な負荷がかかることでエンストが起きてしまいます。, オートマ車で起こるエンストの原因6つについて紹介していきます。オートマ車も、基本構造はマニュアル車と同じです。機械で組み立てられた車両は、条件次第ではエンストを引き起こします。オートマ車でエンストしてしまって困っている方は、原因を見つけ解決できるように、この記事を参考にしてください、, 燃料系のトラブルが起こると、オートマ車でもエンストしてしまいます。例えば燃料切れになると、ガソリンが正しくエンジン内へ送られなくなり、必然的にエンジンが停止してしまいます。そのため、燃料トラブルが起きるとオートマ車でもエンストに直結することが多いです。車を使用する前には必ずガソリンの量を確認し、燃料切れが起こらないように注意しましょう。, 燃料がしっかりと送られず、燃料切れではないのにガス欠のような状態になる、エア切れも原因の1つとしてあります。燃料ポンプに不具合がある、燃料フィルターが詰まっているなど、エア切れになる原因は様々です。昔のデザインのオートマ車は、古くなっている部分もあるためエア切れによるエンストが起きやすいです。長い間乗っているオートマ車は、定期的な点検を行い、ポンプやホースに不具合がないようにしましょう。, 燃料を噴射する装置に不具合が生じると、オートマ車でもエンストする可能性があります。エンジンへ送られるガソリンの量や、燃料に空気が取り入れられないといった制御系のトラブルがあります。制御系のトラブルについては自分で直したり、点検するのが難しいため、専門家に見てもらうようにしましょう。, エンジンの点火系不良によっても、エンストが起きる可能性があります。点火系とは、コイル・レギュレーター・スパークプラグなどのことで、いずれかのパーツに不具合が生じるとエンストが起きます。定期点検や点火系部品の交換を行っていないと、経年劣化によって不具合が発生し、オートマ車でも走行中にエンストしてしまうことがあります。定期的に点検をしましょう。, 車両が指定している以外の燃料を入れると、オートマ車でもエンストすることがあります。たとえばガソリン指定車へ軽油を入れてしまう、ディーゼル車へガソリンを入れてしまうことでエンストが引き起こされてしまいます。エンジンを破損することは少ないですが、車両へよい影響を与える行為ではありません。車両にどういった燃料をいれるのか、乗車前に確認しておきましょう。.