google_ad_type="text_image"; google_color_url="0033CC"; 4 NHKと契約しない方法まとめ(上手な断り方) 5 もしNHK ... 4月 30, 2019 はやて. //-->, Sign in|Report Abuse|Print Page|Powered By Google Sites, なお、銀行口座振替の場合は、銀行の支店に行って、NHKからの引き落としを止めるように指定すれば、引き落としをストップさせることも可能ですが, クレジットカードの場合、カード会社に言っても対応不可のようなので、NHKに申し出ない場合はカードを廃止するしか自動払いを止める手立てはありません。, 支払方法の選択、変更は契約者側の権利です。NHKにそれを拒否する権利はありませんし理由を言う必要もありません。もし理由を聞いてきたら, 最近はNHKが銀行に手を回しているようで、自動引き落とし停止を銀行に要求しても、銀行が「「できない」と言ってくることが多いようです(特にNHKのメインバンクであるみずほ銀行)。また「NHKの口座番号が分からないと無理だ」などと言ってくる場合もあるようです。銀行の言い分のどこまでが本当かどうか不明ですが、5年前の筆者の経験では、みずほ銀行の支店で、向こうの口座番号など分からなくても、あっさりNHKからの引き落としを止めてもらいました。銀行に「できない」と言われてもあっさり引き下がらずに、「俺の金だぞ!おかしいだろ!支店長呼べ!」といって粘れば、引き落としを止めてくれたという証言もあります。, 、NHKは、解約を認める要件について上のB~Eの他、「テレビを設置した住居に誰も居住しなくなる場合」などに勝手, としては有効ですが、一度契約を成立させてしまった人が「解約」の理由として使うのは現実的ではないということです。, を選べば、おそらく「受信技術」という部署の職員が家にやってきて、テレビの修理を試みるでしょう。, のうち、いずれか一つを理由に解約したい旨を告げれば、1週間程度で解約届けが送付されてきます。, 何も連絡がこない場合は、解約が受理されたと判断して、放おっておけばよいでしょう。わざわざこちらから確認の電話などする必要はありません。, 連絡を忘れていたり、一回電話したけど留守だった、とかいうだけで、その後も契約状態が続き、淡々と料金が引き落とされる可能性は低くありません。, に準拠した解約届を送った事実と証拠があるのだから、既に解約は完了している。リサイクル券などの、, をクリアしているか否かは関係ない。訴えられるものなら訴えてみろ」というふうに強気に考えるということです。, (くどいようですが銀行引き落としやクレカ払いにしている人は、引き落としを止める手続きを忘れずに!), そういう人を訴えると、NHKは「放送受信規約」という、放送法や民法との整合性においてツッコミどころ満載の、実にグレーで曖昧な規定の有効性を巡り、法廷という公の場で争うことになり、返り血を浴びるリスクが高くなるからです。, 一般的な解約の窓口である「ふれあいセンター」を使うと電話代は安くすみますが、電話オペレーターはマニュアル通りの杓子定規な応対しかできません。少しでも対応マニュアルに沿わない点があると、「解約は受け付けられません」の一点張りになります。こちらが放送法や受信規約の記述を持ちだして食い下がると、電話を「上司」に代わり、その上司は「こちらでは判断できないので、お住まいの地域の営業センター(または地域放送局)から折り返し電話させる」と言ってくることが多いようです。, 一番確実です。また、融通の一切効かないコルセンのオペレーターと違い、営業部の正規職員ならば下っ端であっても一人ひとりがその場で解約を認めるかどうかの裁量権を持っているため、話が早いことも多々有るようです。, 新規の料金発生をストップするのは当然のことです。その上で、過去の未払い分の精算をどうするか、ゆっくり検討すればいいのです。, 解約に踏み切れないでいる人を掲示板などでよく見かけます(女性が多い印象)。裏返せばこれは, 「契約後、数ヶ月置いてからなら、契約直後に解約申請するのに比べてNHKもすんなり解約を受け付けてくれるかもしれない…」という根拠のない期待感の表れだとも言えますが、結論から言うとそのようなことは一切ありません。, 契約してすぐの解約だと、何が「信じてもらえない」のか、さっぱりわかりませんが、こういう発想をする人は、おそらく2つの点で根本的な勘違いをしていると思われます。, まず、一旦、「解約を受理してもらうにはNHK職員に変だと思われてはダメだ」というのがその通りだと, 契約させられた翌日にテレビを棄てたり他人に譲ったりすることは、何か変でしょうか?自分から積極的にNHKに連絡して契約を申し込んできた人なら、確かにちょっと変かもしれませんよ?, でも実態は集金人の方から押しかけてきて義務だなんだといってしつこく居座られた挙句に、しぶしぶサインさせられたわけでしょう?, そういう契約時の実態を、わざわざ契約者の方から「なかったこと」にして「双方納得の契約だった」という建前で解約に臨む必要など全くないわけだし、, NHK職員だって集金人に契約させられた人の9割が納得してないことくらい百も承知です。そういう, 2つ目として、契約してすぐの「受信機廃止」が変かどうかとかいう話以前に、そもそもNHKになんか変だと思われて怪しまれたとして、それで, NHKは、基本的に「テレビがない、テレビを捨てた」などといっている人は、全員、契約逃れのためにウソをついていると考えています。したがって、天下の, NHK様から見れば、解約を言ってくるような輩は、契約の翌日だろうが10年後だろうが, しかし、くどいようですが、NHKは捜査機関でもなんでもない、ただの「特殊法人」なので、, NHKから見て「怪しい」というだけで解約が不可となるのなら、これまで解約に成功した人は一人もいなくなるでしょう。, むしろ、末端のNHK職員からすれば、うるさそうな客と「解約させろ、させない」でバトルになって話が長引いてトラブルになるよりは、解約を受理できる, そういうことなので、契約させられた翌日に解約しようが1年後に解約しようが同じことです。, むしろ、契約させられても速攻で形式を整えてきて、解約のアクションを起こしてくる人の方が、, そんな考え方でいる人ほど、たとえ本当のことだけ話していても、なんとなく矛盾を突かれて「形式」が崩れてきて話がグダグダになって結局解約できなくなってしまうケースも多いのです。, 。 不条理な相手に「私を信じてもらって円満に縁を切りたい」などと考えるのはナンセンスでしょう。. 時代は「脱・nhk」。受信契約を合法的に拒否し、楽に解約するための実践的な方法を満載。また、集金人やnhk職員の詭弁に押し切られないための理論武装、撃退法も分かりやすく解説。読めばあなたも「受信料ハッカー」。ウザイ集金人も訴訟恫喝も、もう怖くありません。 google_ad_format="120x600_as"; google_color_link="000000"; //-->, Sign in|Report Abuse|Print Page|Powered By Google Sites, 「解約申請しても、NHKが法的根拠のない無茶な要求をし、拒否すると解約をさせないと, 犯罪的態度をとるため、やむなく私製の解約通知書を送付する」と一言書き添えましょう。, 最近では「電子内容証明」という便利なサービスも登場し、以前に比べずっと手軽になりました。, “内容証明”ד nhk”でググればたくさんの関連サイトがヒットし、様々な解約申請の書き方を, これを電子内容証明または従来の内容証明(配達証明もつけましょう)で、居住地域管轄の, なので、受信契約の解約においても、まずは所定の手続きで解約申請をしておくべきでしょう。その上で, 2ちゃんねる「受信料・受信契約スレッド」における過去の議論においても、「内容証明郵便」でNHK, そういう方々は、このサイトで提唱しているような他の解約方法をただ億劫だと感じ、内容証, 内容証明郵便とは、相手が中身を読んでその内容を理解したかどうかは問題ではなく、相手の手元に到達した, なので、内容証明郵便の発送後もNHKから「放送受信料払い込みのお願い」は送られてきます。, それは、NHKに内容証明郵便で「受信設備廃止の旨」と、「解約の意思」を通告し、それを証拠として. https ... 1月 15, 2019 はやて. google_ad_client="pub-0015116770091594"; google_ad_type="text_image"; google_color_bg="F3F3F3"; google_color_url="0033CC"; 私自身引越しを5回ほど経験しているので、その度にNHKを撃退してきました。(苦い思い出もあります), この記事では、NHKの受信料を支払わない・拒否する方法を紹介していますからね・・・, ただ結論から言うと、放送法でNHK受信料の支払いの義務があることがはっきりと書かれています。, 【放送法第64条(受信契約及び受信料) 】 第1項  協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であつて、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。第126条第1項において同じ。)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。, 言い方を変えればNHKはこの法律を根拠に契約を迫って来て、払わせようとしてくるわけです。, テレビがあるだけで月額1310円、衛星放送なら月額2280円も払わないといけないなんて理不尽ですよね。, 契約をした後に受信料を払わないようにすることもできますが、はるかに難易度が上がります。, あなたがまだNHKと契約をしていないなら、絶対に契約をしないように対策するべきです。, NHKの集金人は引っ越したり、まだ契約をしていない世帯を中心に毎日のように訪問しています。, 集金人に契約を迫られなければ契約をする必要はないので、NHKの集金人を撃退することから始めましょう。, NHKの集金人はNHKの社員でもNHKに雇われているわけでもなく、NHKが委託している会社のスタッフです。, ほとんどの集金人は営業成績で給料が決まってくるため、契約数=自分のふところに入ってくるお金なのです。, できるだけ会話時間を少なくするために、(NHK未契約の場合は)よく分からない訪問者がきたら、忙しいので失礼しますと即インターホンを切ってください。, 基本は集金人と「面会しない」ことが一番大事ですが、うっかり家にいれてしまうこともありますよね。, そんな場合は、「すみませんが、テレビを設置していません」といきなり言い切りましょう。, 本当になければ「ない」と言い切れば良いだけですし、設置していたとしても「テレビがありません」と告げましょう。, 主要な駅で演説していることも多いですが、「NHKをぶっ壊す」で有名な、現役区議会議員の立花孝志氏が代表を務めている団体です。, あらかじめこのシールを玄関先に貼っておき、貼っているにもかかわらず、NHK関係者が来たらNHKから国民を守る党が対応をしてくれるという優れもの。, YOUTUBEのコメント欄を見るだけでも、NHK撃退シールの効果の高さがわかりますよね。, かなり前に、撃退シールを応募しまして早速、マンションのポストに貼ったらそれ以降、一度もインターホンが鳴ったりポストに契約書が入っていたりが無くなりました。, 使ってる者ですが。使い始めて一年くらい経ちますが、使う前までは一ヶ月に1~2回はピンポンされてほんとうざかった。見てもないのに知らずになんとなく契約してしまいましたが、使いだしてから、ほんとに来なくなった。 半年に一度くらいくるんですが、今まではしつこく5~6回呼び鈴鳴らされたりしたのに使ってる今は半年に一度くらいきて、1回ピンポンしたらなんか慌てて帰ってますね。, 私はかつて契約してしまった時に①の方法をとり、4年にわたり滞納していましたが何もなく終わりました。, NHK側から裁判をおこされることもあるようですが、その確率は極めて低い模様。(0.1パーセントを切るくらいの確率らしい), 仮に裁判を起こされても5年以上遡って請求することはできませんので、5年の滞納分だけ払えばいいわけです。, テレビがなければお金を払う必要がないわけなので、NHKの窓口にテレビを撤去したことを伝え、解約しましょう。, NHKにはインターネットで解約するフォームはないので、ナビダイヤルで伝えるしかありません。, NHKも簡単に解約させたくはないので、証明できる書類の提出を求められることもあるそうです。, 具体的には、テレビを売ったことがわかるレシート・撤去したことがわかる業者のレシートなどがそれにあたります。, それらの書類がない場合は、テレビがないことを確認しにきてもらうこともできるようです。, チェックの時だけテレビを隠しておくこともできますが、解約後は何度も確認にやって来る可能性があるので、そこだけは注意してくださいね。, ただ、以上のことを意識して立ち回ってきた結果10年近く払わずにきています。(実際にテレビを設置していないことも多いですが), 賛否両論あるかもしれませんが、NHKの受信料を払わないという選択肢を取ることも可能です。, NHKの受信料は決して高くないですが、長く契約していると10万円単位の差が出てきます。, 塾(予備校)講師歴10年以上。 google_ad_host="pub-6693688277674466"; 時代は「脱・nhk」。受信契約を合法的に拒否し、楽に解約するための実践的な方法を満載。また、集金人やnhk職員の詭弁に押し切られないための理論武装、撃退法も分かりやすく解説。読めばあなたも「受信料ハッカー」。ウザイ集金人も訴訟恫喝も、もう怖くありません。