税金の計算. 「この人の記事はお金を払ってでも網羅したい」と思われる必要がありますので、一定のファン層を持つ上級者向けの方法だと言えるでしょう。漫画などの連載物のほか、ノウハウを提供するメルマガのような形で配信しているクリエイターも多いようです。, noteで公開された記事の最後には、「サポートをする」というボタンが設置されています。これは記事の読者が、「有料記事ではなくても、気に入った記事に対価を払いたい」「この記事を書いた人を、金銭的にサポートしたい」と思った時に、クリエイターに対して「100円~10,000円」のサポートを行えるシステムです。 STORES、minne、BASE、iichi、MUUU、EC-CUBEのプラットフォームが対象となっており(2020年8月現在)、商品一覧のRSSを取得することで、自身のnote上の「ストア」ページに商品を表示することができます。 クリエイターにとって「有益な情報」の一つに、「収益につなげる方法」があります。「自分の技術を向上させる」ための情報よりも、むしろ「どうやって自分の作品で稼ぐか」というノウハウが、多くのクリエイターにとって関心の的となるのです。 Twitter上の口コミをリツイートしたり、あるいは有料記事の無料公開部分にツイートを貼り付けたりすることで、コンテンツの質を客観的に担保することができるでしょう。, 初期費用をかけることなく創作活動を開始できるnoteには、ソーシャルメディアのなかでも収益につなげやすい環境が整っています。 SNSのように利用できる、短文投稿型のフォーマットです。クリエイターとしての近況報告や、フォロワーとの交流など、note利用者とのつながりを持つために活用できます。 書いたテキストは、無料のコンテンツとして公開できることはもちろんですが、有料記事として販売することも可能となっており、この点がnoteの大きな特徴といえます。 (画像出典:「ECサイトで販売している商品の一覧ページを表示する|noteヘルプセンター」) noteには、ECサイトの商品をページ上に一覧表示できる機能があります。 投稿時に表示されるこのような画面から、簡単に「有料」「無料」の設定や価格設定を変更することができます。, 売上金が1,000円を超えた段階で、「振込申請」が可能となります。毎月20日までに振込申請をすることで、前月の売上金から「決済手数料・プラットフォーム利用料、振込手数料270円」を引いた金額が、申請した月の末日に振り込まれます。 有益な情報を発信することでフォロワーを増やし、販売ページにつなげるという「集客ツール」としても、noteは有効に活用することができるでしょう。後述するTwitterとの連携も含め、自身のサービスについて多角的に情報を発信できるシステムとなっています。, noteには趣味や関心を同じくするメンバーが集まる「サークル」という機能があります。基本的には、「主催するクリエイターがサークル参加者に対して限定情報を発信したり、勉強会を開催したりする」という構造になっており、サークル参加者の支払う「月会費」が、サークル主催者の収益となります。 このあたりの計算は、確定申告ソフトを使うのが便利。手計算だとややこしくなる。 どの記事をどのマガジンにまとめるか、という設定も簡単ですので、利用者のニーズに則したテーマをまとめることで、より効率的に収益につなげることができます。 月額の利用料を設定し、購入者に対する記事を連載していく形式です。利用にはプレミアムサービスへの加入が必要となります。 これをメインに稼ぐというのは現実的ではありませんが、「質の高さにこだわっていれば、評判だけではなく金銭面でのメリットもありうる」と考えると、クリエイターとしてのモチベーションも高まるでしょう。, noteを直接の収益媒体と考えるのではなく、ECサイトへの流入経路として考える方法です。 極端な話をすれば、その分野では駆け出しであっても、収益化の方法をわかりやすく解説することができれば、クリエイターにとって「有益な情報」を提供するサークルが運営できるわけです。, note上での収益を高めるためには、コンテンツの質を高め、売り出し方を工夫することが必要です。しかしそもそもの問題として、自身のnoteの存在を広く知ってもらわなくては、コンテンツの販売に結びつけることができません。 収益化ツールとして注目を集めるnote(ノート)には、有料記事の機能をはじめ、クリエイターが稼ぐための環境が整っています。この記事では、noteを使って「好きなことで稼ぐ」ための具体的なポイントをご紹介します。 「確定申告する必要があるほど稼いでないけど、副業で収益がでた。会社にバレないためには?」 です。 ここで立場はっきりさせておかないといけないのは 「確定申告するほど稼いでない」です。 それ以外のケースは今回ここには書きません。 自身で撮影した写真や、オリジナルのイラストなどを公開することができます。デザイナーやフォトグラファーを目指す方はもちろん、オリジナルの漫画を連載して人気を博している方も多く見られます。 アカウントの開設や作品の投稿は無料で行えるため、思い立ったその時からクリエイターとして活動できることも大きな特徴です。, noteで投稿できる作品は、大きく以下の5つに分けられます。 ただ、小難しいことは抜きにして「申告書Bに記入すべきところ」だけをピックアップした記事がほしかった。, 「申告書B」のみ、税務署に提出する。収入・支出を記入した「収支内訳書」は、雑所得の場合は提出不要。ただ1つずつの経費をまとめた書類として、エクセルなどに記しておくと、何かあったときの保険になるかも。, 収入金額等の給与(㋕)・・・支払金額所得金額の給与(⑥)・・・給与所得控除後の金額, 収入金額等の「雑・その他」(㋗):副業の総収入所得金額の「雑」(⑦):㋗ー必要経費 の金額, ここまでやれば給与・副業それぞれの金額が出ているはず。1〜3までの合計を、⑨に記載。, 第二表。雑所得のところに、所得の種類を「雑」と記入。引用画像だと『上記のとおり』となっているが、ここは『雑収入・Google AdSense』と記入したほうが良いだろう。, 画像は引用なので、このとおりの番号に数字を入れ込むわけではない。必要な項目は、以下に書く。, 課税される所得金額(㉖):⑨ー㉕の金額上の㉖に対する税額(㉗):課税される所得金額に対する税額差引所得税額(㊳)、再差引所得税額(㊵):㉗の金額を転記, 復興特別所得税額(㊶):㊵×0.021 の金額所得税および復興特別所得税の額(㊷):㊵+㊶の金額, 源泉徴収税額(㊹):会社からもらう「給与所得の源泉徴収票」に書かれている「源泉徴収税額」を転記, 最後に、第二表の右下にある『住民税・事業税に関する事項』の「自分で納付」に○をつける。, これを忘れると、副業分がプラスされた住民税額が行ってしまうので、バレる可能性が高くなる。, サラリーマンがブログ収益(AdSense)を白色申告するときの「申告書B」の書き方【令和元年版】, 20代。ブログ歴5年ちょい(WordPress)。ブログ収益化をするうえで独自の外注システムを作りあげ、極限まで自分のかかわる作業を省略させる。このnoteでは、外注マニュアルにまつわる戦略やどうでもいいネタをまとめていきます。. 振込や購入の履歴は、利用者メニューの「ダッシュボード」から随時確認できますので、確定申告が必要となるケースでもダッシュボードの情報を参照して進めていくことが可能です。, ここからは具体的に、どのようにして有料コンテンツで収益をあげていくか、ということを説明していきます。noteで稼ぐ方法は、大きく5つに区分することができますので、それぞれの方法について収益化のポイントを示しながら紹介していきます。, 書いた記事などの作品を有料コンテンツとして販売する、もっともスタンダードな方法です。 ハンドメイド販売の売上が伸びてきたら気になる「確定申告」。このマガジンでは、確定申告とは何か?から、いくらから申告する必要があるのかなど、基本的なことについて解説した記事をまとめていま … 一見ブログのようなサービスに見えますが、ブログと大きく異なる点として「自分の作品を有料コンテンツとして販売できる」ことや、「クリエイター同士でコミュニケーションを取れる」ことが挙げられます。 文字数の制限なくテキストを投稿できるフォーマットです。日記のように使うだけではなく、小説やジャンル別のコラムなど、さまざまなカテゴリのテキストを投稿することができます。TwitterやYouTubeの埋め込みをはじめ、コードの貼り付けも容易なので、視角的な要素も交えつつテキストベースの情報を発信することができます。 「作品を売る」と言うとハードルが高く感じられてしまうかもしれませんが、有料コンテンツを販売するためには、必ずしも高い専門性が要求されるわけではありません。 noteはさまざまな自己表現の形に対応したソーシャルメディアであり、テキスト・画像・音楽・動画と、多数のジャンルの作品を投稿・公開できるプラットフォームです。 ◆つぶやき 下記の手順で確認できます。 1. ◆定期購読マガジンについて 基礎控除(⑳)はすべての人に適用されるので、38万円と入力。 ⑩〜⑳までの計(㉑)と、合計(㉕)の欄にも、38万円を記入する。 5. 通常の記事と同様、有料設定も容易です。有料の場合、マガジン「単体」での販売(通常マガジン)と、「継続」での販売(定期購読マガジン)を選ぶことができます。 ◆通常マガジンについて ◆動画 複数の記事をまとめて提供できる機能です。マガジンとしてまとめた記事は、セットでの価格を設定でき、たとえばシリーズ物やテーマ別の記事など、利用者の関心に合わせて販売することが可能です。 ◆画像 「自分で作ったものに、自分で値段をつける」ということが簡単にできるため、収益化までのプロセスも簡略化できるでしょう。 ターゲットが抱えるニーズと、自分が持っている情報や技術を擦り合わせていくことが、有料コンテンツを販売するうえで最大の要素となります。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 私は2019年2月からブログを始め、2019年11月から本格的にnoteを始めました。, なので本記事を書いている現在は、本格的にnoteを販売して2ヶ月経過したところです。, 2019年11月の後半から高単価の記事を販売スタートしたため、そこから急激に収益が伸びていますね。, 記事数もまだ4記事だけなので、あと2記事ほど追加すれば、月10万円は超えてくると思います。, noteはSEO効果が見込めない為、ブログで集客→有料noteへ飛ばすというのがオーソドックスな集客手段です。, つまり、私が比較的早い段階でnoteから収益を獲得できた理由は、ブログからの流入があったためと言えます。, すべての記事にnoteへのリンクを貼っているわけではないため、純粋にPV数とnoteの収益が比例するわけではありませんが、12月は約3万PVで約4万円の収益が上がった計算になりますね。, ブログで稼ぎやすいものの代表例として、Googleアドセンスがあります。>>関連記事:Googleアドセンスとは?仕組みを解説, つまりGoogleアドセンスの場合、1PV=0.3円くらいの収益であると言えます。, noteの場合は1PV=1.3円でしたので、noteの方が4倍以上稼げる計算になりますね。, noteの収益は上述のとおりですが、実はnoteを販売すると、販売手数料がかかります。, ※振込手数料は、振り込み依頼の都度かかりますが、収益をまとめて1度に振込依頼することが可能です。, 決済手数料は、noteを購入した人がどのような決済方法で決済したかによって、変わります。, 2つとも計算する必要があり、2つの手数料の合計が、販売手数料になります。(もちろん、両方とも販売者側が負担する手数料です。), なお、2019年12月現在において、(少なくとも私のnoteでは)ほとんどがクレジットカード決済でした。そのため、決済手数料は安い方の「5%」が適用されるケースがほとんど、と思って良いでしょう。, 定期購読マガジンとは、いわゆる「有料のメルマガ」「オンラインサロン」のようなものでして、月額料金を支払うことで、毎月の記事を購読するシステムのnoteです。, いずれのnoteを購入されたかによって、販売手数料(プラットフォーム利用料)が変わってきます。, どちらを販売するかによりますが、今からnoteを始めようという初心者の方の場合、ほとんどが後者の「それ以外の場合」に該当するかと思います。定期購読マガジンの販売は、ファンのいる方でないと販売が難しいですからね。, 言葉だけでは分かりづらいと思いますので、具体的な数字を使って、お金を計算してみましょう。, 最も一般的な「クレジットカード決済」かつ「有料note販売」のケースで計算しました。, シンプルに言うと、収益の85.5%の金額から、振込手数料(260円)を差し引いた金額が、手元に入ってくるお金です。, 記事数はたったの4記事ですが、いくつか施策を講じることで、月10万円程度であれば到達できると感じています。, 以下の記事でもご紹介していますが、ブログのアフィリエイトとnoteを掛け合わせると、収益が爆上げになります。関連記事:【note vs ブログ】稼ぐならどっちがオススメ?【実績公開】, そのため、ブログでの集客が必須です。(SNSが得意な方は、SNSを使うのもアリです。), ブログで集客できるようになると、noteへの流入だけでなく、アフィリエイトの収益も安定します。, どちらも収益が上がるのは「アクセス数があるから」でして、どうせnoteのためにブログをやるなら、ブログ上でアフィリエイトも絶対やるべきです。, また、noteで更に効率的に稼ぐ方法は、次の記事でご紹介しています。関連記事:有料noteで稼ぐための具体的手法【初心者向け】【2020年版】, 2019年2月:ブロガーデビュー2019年12月:月収20万円達成2020年4月:月収60万円達成2020年12月:月収100万円予定, ブログ経由でnoteを販売しているため、今後ブログの品質を高めることで、更に収益は増えるだろうな、と感じています。, ちなみに、一番売れているのはCの4,980円の記事でして、2019年12月は7記事(34,860円分)売れました。収益の大半が、このCの記事になります。, ブログの収益はアフィリエイトによる収益でしたが、それ以外にも収益源を作ろうと思い、有料noteの販売をスタートしました。(2019年11月~), ※Google規約により「正確なアドセンス収益」を公開することはできないのですが、私の場合も概ね当てはまっています。, たまにnoteだけで稼ごうとしている人がいますが、少し無理がありそうです。noteだけではそもそも誰もアクセスしない為、人の目に触れることすらないので。, プラットフォーム利用料:(10,000円 – 500円) × 10% = 950円, 手元に残るお金:10,000円 – 500円 – 950円 – 260円(振込手数料) =. (本文・鹿嶋祥馬), サングローブのサービスにご関心のある方は、 今後ますます稼ぐチャンスが増えていきそうなnoteですが、具体的にどのような点が収益化ツールとして優れているのでしょうか。, noteの収益額には制限が設けられていないため、作品が話題になり、売上が増えればそれだけ収益につなげることができます。実際に、月に数十万稼いでいるクリエイターも存在していますので、「副業」としてはもちろん「本業」として活用することも夢ではありません。, 作品を投稿する際に、そのコンテンツを「有料」とするか「無料」とするかを自由に決めることができ、また有料とした場合の金額も任意に設定可能です。