・ファイルのパスが400文字未満であること。, 15GBを超えるファイルを同期したい場合は、ファイルを分割または圧縮して15GB以内に収まるようにしてください。, ページ左枠にあるOneDrive.comをクリックし、サービスの稼働状況を確認してください。「問題が発生しています」と表示されている場合は、しばらく時間を空けてからアクセス(同期)してください。, この機能を無効にすると、OneDrive上のOfficeファイルを複数名で同時編集したときに、他ユーザーの編集内容が反映されなくなります。, [Office2016を使用して、開いているOfficeファイルを同期する]のチェックを外し、[OK]ボタンで画面を閉じます。, Windowsを再起動させ、OneDriveの同期が正常に完了するか確認します。 All rights reserved. マイクロソフトがクラウドサービスとして提供しているOneDriveは、Windowsとの親和性も高く、ユーザーには手放せない環境になりつつあります。ところが、Windows 10の正式版に搭載されているOneDriveは、バッテリ駆動中や従量課金制のネットワークの利用中といった設定にかかわらず、クラウドのストレージとの同期を行ってしまいます。あまり使い勝手のよい仕様とはいえないので、できれば、バッテリ駆動中ぐらいは同期を止めておきたいものです。ここでは、簡単にその方法を解説します。, そもそも、OneDriveの同期機能の本体となるプログラムは「OneDrive.exe」です。これは、各ユーザーフォルダーの下にある「%USERPROFILE%\APPDATA\LOCAL\MICROSOFT\ONEDRIVE」にあります。このOneDrive.exeを止めれば、同期は停止し、再開することで同期が開始されます。もし、手動で行うのであれば、OneDrive.exeを手動で起動したり、タスクマネージャーなどでOneDrive.exeを停止するなどしても制御は可能です。, しかし、手動で同期の制御を行うのは面倒なので、これは自動化したいところです。幸いWindowsに付属のタスクスケジューラを使えば、バッテリ動作になったことを検出して、登録したプログラムの自動停止や電源がオンになったあとの再開などが可能になります。今回は、この仕組みを利用してOneDrive.exeを制御します。, タスクスケジューラが制御するタスク(この場合はOneDrive.exe)を制御する関係から、初回の起動もタスクスケジューラに行わせる必要があります。これは、タスクスケジューラは自分が起動したタスクのプロセス番号を記憶しており、重複起動を避けたり、タスクを終了させる場合、自身が起動したプロセスが対象になるからです。このため、スタートアップとして登録されているOneDrive.exeを無効にして、タスクスケジューラのみが起動を行うようにします。このためには、タスクマネージャーの「スタートアップ」を利用します。ここに「Microsoft OneDrive」という項目があるので、右クリックで「無効」を設定し、勝手にOneDrive.exeが起動しないようにします(図1)。, 図1:タスクマネージャーの「スタートアップ」でOne Driveの起動を「無効」にしておきます。, タスクスケジューラに初めてタスクを登録する場合、自分用のフォルダーを作成しておきます。フォルダーは、登録されたタスクを整理するもので、自分用のフォルダーを作らないと、Windows標準のタスクと紛れてしまいます。フォルダーを作るには、タスクスケジューラの左側の領域で「タスクスケジューラライブラリ」を右クリックして、メニューから「新しいフォルダー」を選択します(図2)。名前は適当でかまいません。, 図2:左側の領域で「タスクスケジューラライブラリ」を右クリックしてメニューから「新しいフォルダー」を選択します。, 作成したフォルダーを選択したら、中央上の領域で右クリックして「新しいタスクの作成」を選択します(図3)。, 図3:フォルダーを選択して中央上で右クリックメニューから「新しいタクスの作成」を選択します。, すると、タブが5つあるダイアログボックスが表示されます。まずは、「全般タグ」(図4)で「名前」を指定します。ここは「OneDrive」など適当なものを付けてください。, 次は「トリガー」タブ(図5)ですが、最初は何もないので「新規」ボタンを押します。「トリガーの編集」ダイアログ(図6)では、「タスクの開始」を「ログオン時」として、「特定のユーザー」を指定します。OneDrive.exeはログオンしているユーザーのファイルを同期するため、とりあえず、自分がログオンしているときにのみ実行するようにします。, 図6:「新しいトリガー」ダイアログボックスが開くので、「繰り返し時間」として「5分間」、「継続時間」として「無制限」を選択します。, また、「繰り返し間隔」を「5分間」、として「継続時間」を「無制限」とします。これは、バッテリ駆動からAC駆動に戻ったときに、OneDrive.exeを再起動するためです。なお、ログオン直後には、他のアプリも起動するため、必要なら「遅延時間」を設定してもいいでしょう。また、最後にある「有効」がオンになっていることを確認しておきます。, 次は「操作」タブですが、ここも最初は何もないので「新規」ボタンを押します(図7)。, 「操作の編集」ダイアログボックス(図8)が開くので、「プログラム/スクリプト」でOneDrive.exeを指定します。また「引数の追加」に「/background」を指定しておきます。OneDrive.exeをそのまま起動すると、同期先のフォルダーを表示しますが、起動時に「/background」オプションを付けることで、フォルダーを表示せずに起動することが可能です。, 図8:「操作の編集」ダイアログでは、「操作」として「プログラムの開始」、「プログラム/スクリプト」としてonedrive.exeを指定します。また、「引数の追加」に「/background」を指定しておきます。, 「条件」タブ(図9)では、「コンピューターをAC電源で使用している場合のみタスクを開始する」をオンにして、「コンピューターの電源をバッテリに切り替える場合は停止する」もオンにします。, 図9:「条件」タブでは、「電源」にある「コンピューターをAC電源で使用している……」と次の「コンピューターの電源をバッテリに……」をともにオンにしておきます。, 「設定」タブ(図10)では「タスクを要求時に実行する」、「スケジュールされた時刻に……」の2つをオンにしておき、他はオフにします。, 図10:「設定」タブでは、「タスクを要求時に実行する」、「スケジュールされた時刻に……」をともにオンにしておきます。また、最後の「タスクがすでに実行中の場合に適用される規則」として「新しいインスタンスを開始しない」が選択されていることを確認します。, これで設定が終了しました。正しく動作させるには、システムを再起動します。その後、AC電源ではOneDrive.exeが起動(通知領域のアイコンで確認できる)し、バッテリ駆動状態にしたら、通知領域のアイコンが消えることを確認しましょう。これで、バッテリ駆動時にはOneDriveの同期が行われなくなります。, 「OSSfm」は“オープンソース技術の実践活用メディア”であるThink ITがお届けするポッドキャストです。, コンピュータ、ネットワーク、インターネット全般のフリーライター。雑誌編集者、電機メーカーを経て現職。インプレス、日経BPなどの専門誌やWeb雑誌での連載、記事企画協力などを行う。PDAからサーバーまでの技術解説や入門からシステム構築まで「ゲームとアダルト」を除く幅広い分野をカバー。著書多数あり。. All rights reserved. OneDriveはファイルを同期しない. OneDriveには1ファイル当たりの容量制限などがあります。次の条件に当てはまるか確認してください。 ・同期するファイルのサイズが15GB未満であること。 ・ファイルのパスが400文字未満であること。 Windows10で毎回出るユーザーアカウント制御(UAC)の無効/解除【個別に例外も】, 重いWindowsセキュリティ(Defender)の無効化と対処法 – Windows10, 「Windowsサービスに接続できませんでした」エラーの対処法 – Windows10, Google Playストアでアプリを更新/アップデートできない時の対処 – Android, 「このPC上のアカウントのリンクを解除しますか?」の確認メッセージが出たら「アカウントのリンク解除」をクリックします。, 「OneDriveを設定」の画面が出たら同期の解除は完了です。右上の「×」マークをクリックして閉じます。, 全般の項目にある「WindowsにサインインしたときにOneDriveを自動的に開始する」のチェックを外して「OK」をクリックします。, アプリと機能が表示されますので、下へスクロールし、[Microsoft OneDrive] をクリックします。, エクスプローラー上部のアドレス欄に以下をコピー&ペーストし、[ENTER] を押下します。, [OneDrive] フォルダがありますので、右クリックし、[削除] をクリックします。, 引き続き、エクスプローラー上部のアドレス欄に以下をコピー&ペーストし、[ENTER] を押下します。, 引き続き、エクスプローラー上部のアドレス欄に以下をコピー&ペーストし、[ENTER] を押します。, [Microsoft OneDrive] を右クリックし、[削除] をクリックします。, 上部に表示されている [表示] をクリックし、[隠しフォルダ] にチェックします。, [OneDriveTemp] フォルダが表示されますので、右クリックし、[削除] をクリックします。, 左下の [田] マークを右クリックし、[ファイル名を指定して実行(R)] をクリックします。, [名前(O):] の左側の入力欄に以下を入力またはコピー&ペーストし、[OK] をクリックします。, 「System.IsPinnedToNameSpaceTree」のレジストリ値を「0」に変更して「OK」をクリックします。, レジストリエディターで「HKEY_CLASSES_ROOT」フォルダに移動します。, 左上の [編集] をクリックし、[検索(F)] をクリックして、[検索する値(N):] に「OneDrive」を入力して[次を検索(F)] をクリックします。, データに「OneDrive」を持つレジストリが見つかるまで「次を検索」を繰り返します。, 下へスクロールし、[Windows システムツール] - [コントロールパネル] をクリックします。, 右上の [表示方法:] が [カテゴリ] と表示されている場合は、[大きいアイコン] に変更します。, ["ユーザー名"のユーザー環境変数(U)] 下部の [変数] に表示されている [OneDrive] をクリックし、右下の [削除] をクリックします。. マイクロソフトがクラウドサービスとして提供しているOneDriveは、Windowsとの親和性も高く、ユーザーには手放せない環境になりつつあります。ところが、Windows 10の正式版に搭載されているOneDriveは、バッテリ駆動中や従量課金制のネットワークの利用中といった設定にかかわらず、クラウ … イメージスキャンやランタイム保護などコンテナのライフサイクル全般をカバー、Aqua Security Softwareが展開するセキュリティ新機軸, コンテナ環境のモニタリングやセキュリティ対策を一気通貫で提供、世界300社以上に採用が進むSysdigの真価, コンテナ領域で存在感を強めるNGINX、OpenShiftとの親和性でKubernetes本番環境のセキュリティや可用性を追求, CNDT 2020にNGINXのアーキテクトが登壇。NGINX Ingress ControllerとそのWAF機能を紹介, DXの実現にはビジネスとITとの連動が必須 ― 日本マイクロソフトがBizDevOpsラウンドテーブルを開催, Azureとのコラボレーションによる、これからのワークスタイルとは― Developers Summit 2020レポート, Windows 10曰く「このディスクに、Windowsをインストールできません…」, Windows Server 2012 R2 LANの構成とドメインコントローラーの設定, ゼロからわかるAndroid Studioインストール手順(Windows版 v1.1.0対応), Windows Server 2012 R2におけるWindows 10クライアントのドメインへの参加, ゼロからわかるAndroid Studioインストール手順(Windows版 v2.2.2対応), はじめてのWindows Azure Accelerator for Web Roles, ホスト型とハイパーバイザー型の違いは何?VMware vSphere Hypervisor の概要. Windows10に標準で実装されているオンラインストレージサービスのOneDrive。 他のオンラインストレージサービスを使用している場合、OneDrive は必要ないのですが、停止したいが、どうやって停止したらよいかわからない方も多いでしょう。 この記事では、Windows 10 上で動作するOneDriveの同期の解 … Windows10に標準で実装されているオンラインストレージサービスのOneDrive。, 他のオンラインストレージサービスを使用している場合、OneDrive は必要ないのですが、停止したいが、どうやって停止したらよいかわからない方も多いでしょう。, この記事では、Windows 10 上で動作するOneDriveの同期の解除方法から無効化手順、完全なアンインストール方法をご紹介いたします。, OneDriveの同期を解除しても、初期設定のままだとWindowsサインイン時にOneDriveが起動してしまいます。, OneDriveを無効化するには、次の手順でWindowsサインイン時に起動する設定をオフにします。, 上記の手順で、Windowsが立ち上がってもOneDriveが起動しないように設定することができます。, OneDrive を同期解除、無効化ではなく、設定情報も含め完全に削除したい場合は、以下の順番で削除しましょう。, 続いて、ユーザープロファイル、AppDataからOneDriveの設定情報を削除します。, 続いて、OneDriveのレジストリ値を削除します。レジストリを削除することで、エクスプローラの左ペインに表示される「OneDrive」の表示を消すことができます。, *エクスプローラの左ペインにOneDriveの表示がない場合は、レジストリを削除する必要はありません。, レジストリの操作になりますので、操作を誤るとOSの動作に影響が出るお恐れがあります。レジストリの編集は自己責任で、データのバックアップを取ってから行って下さい。, 環境によっては、上記のレジストリが見つからない場合があります。見つからない場合は、次の手順でレジストリを検索してみて下さい。, 以上の手順で、Windows10のPCからOneDriveを完全にアンインストールすることができます。, 岐阜県で10年以上IT関連の仕事をしている30代のITおじさんです。10歳の頃からPCに興味を持ちWebサイトの運営を開始。大学では情報理工学部に所属。スマホ、パソコンの些細なトラブルや悩みの解決方法などのニッチで見つからない情報の発信を心がけています。.