索引(インデックス)の断片化の確認方法と対処方法 (オラクルエンジニア通信 - 技術資料、マニュアル、セミナー), HEIGHT が4以上で DEL_LF_ROW/LF_ROWS が0.2を超える場合は効率が悪いです。 2. Load Profile、Instance Efficiency Percentages、Report Summary、SQL ordered の意味などについて記載しています。, OracleでSQLを書く際に、どのような点に注意すれば性能の良いSQLが書けるかについてまとめてみました。, jdbcのバージョン確認方法や、Oracleとの互換性確認方法について記載しています。, Leaflet入門|プラグインでマーカーの色を変更する(leaflet.sprite). photo credit: blmiers2 via photopin cc はじめに Oracleのインデックスは通常Bツリーと呼ばれる二分木で管理されます。レコードが削除されると、Bツリーの高さが高くなり、レコードのへのアクセス効率が悪くなります。プロとしてのOracle PL/SQL入門 【第3版】(Oracle 12c、11g、10g対応) (Oracle現場主 … ctx_report.index_statsプロシージャを使用すると、索引の統計レポートを作成できます。このレポートには、最適な行の断片化に関する情報、最も断片化されているトークン、および索引内のガベージ・データの量が含まれています。 重複データが多い非一意インデックスの場合は、特に圧縮効果が高くなる。, インデックスを効果的に用いるには、断片化、未使用インデックスを定期的に監視しメンテナンスを行う。, インデックスはBツリーのレベル数(ルートからリーフブロックまでの階層)が高くなるとアクセス効率が低下します。, また、データの削除が多く行われるとブロックの使用効率が低下して、Bツリーのレベル数が高くなります。 x��[�o77��a���`�ٝ�ݡ�Ƈ{(��s�4@�9��)��S+i�K��%s�)��(�����Ӈǧ������������/�Ow/�|���?���=~������������+u�����/o�6���t�Wwgh���y�p} ÿ�(�j��T+��ߑ��������+�|�-;�����馹��y���U����������?6w v/��/�_�x~yy]`aI� 使用頻度の高い列を先頭(インデックスの共有化) 3. | ブログを報告する, photo credit: Tramonto - Sunset via photopin (license) はじ…, プロとしてのOracle PL/SQL入門 【第3版】(Oracle 12c、11g、10g対応) (Oracle現場主義), 索引(インデックス)の断片化の確認方法と対処方法 (オラクルエンジニア通信 - 技術資料、マニュアル、セミナー), 【原因】ORA-38301: リサイクルビンのオブジェクトにDDL/DMLを実行できません. �H�M"�f��4Ƅ. endobj B-Tree 索引(インデックス)は、B-Tree のレベル数(ルート・ブロックからリーフ・ブロックまでの階層)が高くなるとアクセス効率が低下します。 データの削除が多く行われるとブロックの使用効率が低下して B-Tree のレベル数が高くなります。 その場合は索引を再構築(REBUILD)する必要 … Indexes are one of many means of reducing disk I/O. 仮想マシンにはOSとしてOracle Linuxをインストールし、さらにOracle Databaseをインストールして環境を構築します。. Oracle SQLチューニング講座(11):Oracleの機能を使って表の結合を高速化する (3/4) [亀田明裕,株式会社アゲハ] 本ガイドでは、Oracle VM VirtualBoxを用い … 選択率の低い列を先頭(データの絞り込みの高速化) 4. その場合、インデックスを再構築(REBUILD)する必要があります。, アクセス効率が悪いかは、INDEX_STATSビューの次の値から確認できます。 値が”NO”の場合は、対象のインデックスが使用されなかったことを示します。, https://www.oracle.com/technetwork/jp/database/articles/tsushima/tsm06-1598252-ja.html, Oracleの親カーソル、子カーソルについて記載しています。V$SQLAREA、V$SQL、V$SQL_SHARED_CURSOR, OracleのStatspackの見方(解析方法)について、手順をまとめました。 Oracleのインデックスは通常Bツリーと呼ばれる二分木で管理されます。レコードが削除されると、Bツリーの高さが高くなり、レコードのへのアクセス効率が悪くなります。, B-Tree 索引(インデックス)は、B-Tree のレベル数(ルート・ブロックからリーフ・ブロックまでの階層)が高くなるとアクセス効率が低下します。 �-��� �ջE,`-����[�r2�f��޲NZ�Y䙵�E�Q�R����7���7�滬�e 非ユニーク索引にはキー圧縮(インデックスデータの圧縮), Bツリーでは、テーブルに複数のインデックスが作成されていても、最適な1つのインデックスのみ使用される。, そのため、where句で複数条件を指定している場合は、できるだけ全ての列で複数列インデックスを作成する。 ・DEL_LF_ROW/LF_ROWS(削除されたエントリーの割合), HEIGHT が4以上 かつ DEL_LF_ROW/LF_ROWS が 0.2を超える場合、効率が悪いため再構築を行うか検討する。, また、データ件数が多いため階層が深い場合は、インデックスのパーティション化を検討します。, インデックス更新のオーバーヘッドがあるため、未使用のインデックスは削除を検討します。, 未使用かどうかは、調査したいインデックスにMONITORING USAGEを指定することで判定することができます。, MONITORING USAGEの設定後に、そのインデックスが使用されたかは、v$object_usageで確認します。, used endobj 1 0 obj An index is an optional structure, associated with a table or table cluster, that can sometimes speed data access.By creating an index on one or more columns of a table, you gain the ability in some cases to retrieve a small set of randomly distributed rows from the table. 3 0 obj 使用頻度の高い列を先頭(インデックスの共有化) 索引(インデックス)の断片化の確認方法と対処方法 (オラクルエンジニア通信 - 技術資料、マニュアル、セミナー), replicationさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog Windows 10 SDK(gflags.exe)でヒープメモリ関連のバグを検出する, Windows10にOracle Database 12c Clientをインストールする. stream <>>> Also describes how to run compliance checks regularly, run multiple remote system assessments, and … B, ƒƒfƒBƒAˆê—— | ŒöŽ®SNS | LˆÄ“à | ‚¨–â‚¢‡‚킹 | ƒvƒ‰ƒCƒoƒV[ƒ|ƒŠƒV[ | RSS | ‰^‰c‰ïŽÐ | Ì—pî•ñ, ƒNƒ‰ƒEƒh‚ÅKubernetes‚ðŠw‚ԁ\\ƒ}ƒl[ƒWƒhƒT[ƒrƒX‚ÅŽn‚ß‚éKubernetes“ü–å, uƒeƒŒƒ[ƒN‚ªƒRƒƒiŒã‚̃jƒ…[ƒm[ƒ}ƒ‹‚É‚È‚év‚Í–{“–‚©\\uƒŠƒ‚[ƒgƒ[ƒNvuÝ‘î‹Î–±vŠÖ˜Aƒjƒ…[ƒX‚Ü‚Æ‚ß, uƒRƒƒi‰Ðv‚ÅŒƒ•Ï‚µ‚½Šé‹Æ‚ÆITƒGƒ“ƒWƒjƒA‚́u¶‚«Žc‚èí—ªv\\“ÇŽÒ’²¸‚ƃjƒ…[ƒX‹LŽ–‚©‚çl‚¦‚é. - Oracle Database Server 11.2.0.4 - Oracle WebLogic Server 12.2.1.4.0 - Oracle WebLogic Server 12.2.1.3.0 - Oracle WebLogic Server 12.1.3.0.0 - Oracle WebLogic Server 10.3.6.0.0 ただし、その他の対象となる製品およびバージョンは多岐に渡るため、正確な情報は Oracle の情報を参照してください。 3. 前回「ロックをつぶせ!最初に疑うべき原因」では、SQLにかかわる問題の解決方法としてロックの確認方法を説明しました。データ更新には必ずオブジェクトの処理が行われていることを理解できたと思います。 SQL文をきっかけに更新されるOracleサーバ内のオブジェクトとして、今回はインデックスを取り上げます。SQL文発行時、直接データとのかかわりを意識しづらいオブジェクトなので、データの更新頻度やインデックスの作り方によっては、Oracleサーバの問題の原因になっていても気付かな … データの削除が多く行われるとブロックの使用効率が低下して B-Tree のレベル数が高くなります。 1. 非ユニークインデックスにはキー圧縮(インデックスデータの圧縮) 3. ・HEIGHT(Bツリーの高さ) 【cppcheck】error: Undefined behavior: Variable 'buf' is used as parameter and destination in sprintf(). D/�Sr�����F,��u�~��Z M:� f����xa�������5f�Β��x��y�6�`��8���v�k�y�� %���� 選択率の低い列を先頭(データの絞り込みの高速化) 2. hogetahogeko, ”HEIGHT が4以上で DEL_LF_ROW/LF_ROWS が0.2を超える場合は効率が悪い。このコマンドで収集された統計情報は、Oracleのオプティマイザでは使用されない。つまり、アクセス・パスには影響しない。” / dagjmpd, ”索引(インデックス)の断片化の確認方法と対処方法” <>/ExtGState<>/ProcSet[/PDF/Text/ImageB/ImageC/ImageI] >>/MediaBox[ 0 0 595.4 841.8] /Contents 4 0 R/Group<>/Tabs/S/StructParents 0>>