googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_fixed01', [[300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1559710191960-0').addService(googletag.pubads()); もちろん新機能の開発も重要なのですが、その一方でこうした過去の負債もバランス良く清算して継続的に開発しやすい環境を作ることも大事です。, 実際のところ他社さんではこうしたところにはなかなか工数を取れないのですが、その点、こうやって過去の負債を解消するための工数もしっかり確保できるのは、Kaizen Platformさんの素敵なところの一つと思います。, SREの本田(@mov_vc)です。 Kaizen Platformではインフラ構築…, はじめまして。 7月にApplication Engineerとして入社した徳田 …, Kaizen Platform で Product Manager / Engineering Group Mana…, はじめまして、Kaizen Platform SRE の @tkuchiki です。 本記…. なので、以下のように書いた場合はエラーになります。, 「じゃあscaffoldも削除出来るの?」と思って調べたら、scaffoldも同じでした。, destroyで「helper」や「migration」なども削除出来るようです。 rails generate migration ファイル名(任意) 3.マイグレーションファイルにテーブル削除の文法を記述 2.で作成された、存在しているマイグレーションファイル内に 「def change」文があるので、「def change」ブロック内に 「drop_table :(削除する)テーブル名」を追記・保存. なるほど、便利なコマンドですね!₍₍ (ง ˙ω˙)ว ⁾⁾, 先程のサイトでは、その他に削除出来るものも一覧で出ていますので、是非参考にしてみて下さい。 9.4 ユーザーを削除する. googletag.pubads().collapseEmptyDivs(); Railsのマイグレーションファイルを徹底解説しています。テーブルを作成する際の記述法や、その際どういう型でカラムをつくればよいか、またテーブルに変更を与える際にはどのように記述したらよいか、この記事を読めば全て理解することができます。 googletag.pubads().enableSingleRequest(); 「暖かい」「冷たい」などイメージから配色を行う事が出来ます。 将来紅茶を片手に犬と猫と一緒に住むのが夢です。, 「色のカードを並べる感覚で配色が出来る」をコンセプトに作成しました。 これを書いた当時は動いていたはずですが、その後の経緯でクラスそのものが無くなったりして動かないコードになってしまったというわけです。, migrationファイルで将来変わりうるクラスや定数を使うのは悪いコードで、本当は, とは言え既にある500個近いmigrationファイルのうち、現在動かないコードが何箇所もあって、最初から全て通るように修正するのはそれなりに手間がかかりそうです。, そもそも古いmigrationファイルのコードを見ることは経験上ほとんどなく、残っていても考古学的な価値くらいしかないので、手間をかけて修正するほどでもないと考えて、今回これらを一気に削除することにしました。, 削除すると言ってもdb:migrateしたときにちゃんとDBが最新の状態になるようにしたいので、削除する代わりに最新のdb/schema.rb相当のmigrationファイルを用意することにします。, まずは本番のサーバーでrake db:schema:dumpを実行して最新のdb/schema.rbを取得します。, このdefine内が最新のテーブルのスキーマ情報になっていて、このコードはそのままmigrationファイルで使えるので、これを新たに作ったmigrationファイルの中にコピーします。, この新しいmigrationファイルは新たにDB作成してdb:migrateしたときのためのもので、既存のDBがある環境ではここでスキップさせるようにします。, これで新しい環境でこのmigrationファイルが実行されるとdb/schema.rb相当の状態になるところまで進みますが、db/schema.rbには載らないものの動作に必要な情報が古いmigrationファイルに残っている場合があります。, 具体的には、絵文字対応のために一部カラムをutf8mb4に変更していたり、必要な初期レコードをテーブルに投入したり、ストアドファンクションを定義したりといったコードです。, これらを古いmigrationファイルから洗い出して、新しいmigrationファイルの中に, のように手作業で移植して、ようやく一つの巨大なmigrationファイルが完成しました。, ちなみにこの古いmigrationファイルを捨ててdb/schema.rbから新しいmigrationファイルを作るのはおそらくsquasher gemでもできそうだったのですが、それ自体は手作業でもすぐできるのと、db/schema.rbに載らない情報の移植はどのみち必要だったので、今回はこうして手作業で済ませました。 このモデル、テーブルを削除する場合を記載する。, まず、 ただrename_tableではテーブルと同時にそのテーブルに張られたインデックスもリネームされて、MySQLの名前の上限64字を超えるエラーが幾つか出てしまったので、そのあたりは別途インデックスの方もリネームしていました。 コンテンツを継続的に提供するため、書籍版・動画版・質問対応などもご検討して頂けると嬉しいです! しかし作ったModelやControllerを削除するにはどうしたらいいのか? 先程のControllerを削除する際のコマンドがこちら。, ModelもControllerもほとんど「generate」を「destroy」にしただけで、削除が出来るというわけですね。 概要 みなんさんこんにちはcandleです。今回は間違って入れてしまったり、不必要になったgemの削除のやり方を紹介します。 前提 ruby on railsの環境が整っている gemの概念を理解している。 適当にgemをインストールする 試しに何かサンプルとなるgemをインストールしたいと思います。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)};c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g,d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))})(window,document,"script","//dn.msmstatic.com/site/cardlink/bundle.js","msmaflink");msmaflink({"n":"Ruby on Rails 5アプリケーションプログラミング [ 山田祥寛 ]","b":"","t":"","d":"https:\/\/thumbnail.image.rakuten.co.jp","c_p":"","p":["\/@0_mall\/book\/cabinet\/8836\/9784774188836.jpg"],"u":{"u":"https:\/\/item.rakuten.co.jp\/book\/14780201\/","t":"rakuten","r_v":""},"aid":{"rakuten":"1131869","yahoo":"1552740"},"eid":"lbmgI"}); 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. Rails 5.2 Active Storageの添付ファイルの削除/削除 そのため、Active Storageを使用して、コレクションモデルに添付された複数の画像をアップロードしています。 pbjs.que=pbjs.que||[]; (update_columnやupdate_allメソッドを使うと入らないのですが、Kaizenさんでこれらのやや行儀の悪いメソッドを使う人は僕以外あまりいないので、大体このカラムが信用できそうでした), ここで全テーブル名の取得等にActiveRecord::Base.connectionを使っていますが、ここにはRailsのコンソールやスクリプトで生 SQL を叩いたり (executeやselect_all) テーブルのスキーマを変えたり (add_columnやcreate_index) できるメソッドが詰まっているので、覚えておくとちょっとしたときに使えて便利です。, こうして取得したテーブル一覧を眺めて、本当に使われていないかどうかの判断の材料とします。 テーブル削除していたら、バックアップからの復旧となりもう少し手数がかかっていたと思います。, こうして一部のテーブルは元に戻したものの、以降一週間ほど様子を見ても特に問題は起こらず、残りのテーブルは本当に消してもよさそうなので、実際に削除へと進みます。, 本当に消してもよさそうなテーブルが分かってきたので、今度はそれらをこんなmigrationファイルで削除します。, ここでは念のため削除前にテーブル毎にmysqldumpでバックアップをしています。, また、他のテーブルと外部キー制約のリレーションがあるテーブルもあるので、それら外部キー制約は先にremove_foreign_keyで削除しています。, 最後にdrop_tableでテーブルを削除することで、不要テーブルの削減は完了です。, さて、不要テーブルの削除は終わったものの、db/migrate/以下には削除済みのテーブルの分を含めて大量のmigrationファイルが残っていました。, この時点でおよそ500個弱のmigrationファイルがあって、単に数が多いだけならそれほど害は無いのですが、, という問題があって、新しく参加したエンジニアが手元に開発環境を構築するときには、他の既に動いている環境のDBからmysqldumpしてもらってくるしかないという状況でした。, のように、カラムを追加したついでにモデルクラスを使って値を設定しているところでひっかかっていました。 What is going on with this article? var pbjs=pbjs||{}; => #