toefl ibtのリーディング対策にもなるおすすめの洋書3 ... から読むことができますし、面白いものがあれば、さらにその人の本を読んでみるのもおすすめです。 toefl ibtを受験した人はピンときていると思いますが、内容、分量ともにtoefl ... toefl攻略法 2015.11.10 皆さんはどうやってTOEFL対策をしていますか?塾に行って学ぶ。独学で参考書を使って学ぶ。どちらにしても多くの問題を解いてスコアを伸ばすためには参考書や教材の使用が不可欠です。, でも、世の中にはびっくりするほど多くの教材が溢れています。本屋に行っても本が多すぎてどれがオススメなのかわからない。アマゾンで見ていてもよくわからない。そんな人たちのために今日はオススメの教材を紹介します。, 参考書は日本の和書が中心です。基礎を固める単語帳や、リーディング、リスニング、スピーキング、ライティング各パートのオススメの参考書を紹介します。, 問題集は和書に加えて洋書も多く紹介します。なぜなら、洋書の方が質の高い問題を作っている業者が多く、問題の質、解説ともに圧倒的に和書に比べてレベルが高いです。TOEFLは世界中で受験者がいるため、多くのユーザーがいる方が問題研究に時間が避けることがその要因でしょう。, 自分は和書の参考書で基礎をつけて問題集をやった上で、最終的には洋書の問題集を繰り返して実際の問題の傾向や対策を学びながら苦手なところを埋めていきました。, 人によって向いた勉強方法があるとは思うのですが、参考に自分が活用したTOEFLのオススメ参考書・問題集を紹介していきます。, 次は、TOEFL参考書選定記事の第二弾目として、トーフルの和書の問題集の選び方について触れてみたいと思います。, しかしながら、TOEFL学習者初心者や、洋書アレルギーの持ち主、さらには、愛国主義者の方々には、やはり和書がウケるのではないかと推測します。, そこで、TOEFLの和書テキストで、実際に僕が購入して使用してみたものについての評価と難易度を主観的に算出したいと思います。, あくまでも主観的ですので、僕の批評を丸呑みするのではなく、一つの判断材料として利用していただければ光栄です。, 語彙の吸収という観点では、やはり日本人の学習者ならば和書を使うのが一番手っ取り早い語彙の吸収方法です。, 正直、この本に記載されている単語を8割でも抑えることができたら、もうTOEFLの語彙に関して言うことはない。, この本に出てくる(特にレベル2~3)の英単語がリーディングの同義語問題で頻繁に登場します。, また、難易度もなかなかちょうどよく、この本をマスターすれば、アカデミックの語彙はもちろん、, レベル1では、発音記号も例文もないため、僕はあまりこのレベルでの語彙力増強はお勧めしません。, レベル1に登場する語彙が少し難しいと感じたらまずは別の単語帳で鍛錬を積んでからにしましょう。言うならば、レベル1は読者をふるいにかける役割を担っています。本屋で立ち読みして力試しをしてみることをお勧めします。, 同義語の語彙網がものを言うTOEFLテストの単語帳ならば当然持っていてほしい項目です。, 3800のレベル1の単語が難しいと感じた方は、まずはこの単語帳で学習を始めるのがよいかもしれない。, しかしながら、この本に記載されている語彙だけでは正直、TOEFLを制することはできません。やはり、この本での語彙習得が終了した後に、3800での鍛錬が必要です。, また、この本の特異な特徴としては、ほぼすべての単語についての同義語が記載されている、という点です。, その意味でこの単語帳はまったく新しい単語帳の形をとっている新鋭の本であると言っても過言ではありません。, 正直、明らかにTOEFLの範疇を越えており、気軽に例文を目で追えない代物ばかりです。, しかしながら、マクロな視点でみると、掲載されている語彙がテストの範疇から大きく外しています。, 100回テストを受験して1回出るか出ないか、という瀬戸際の単語がちらほらとみられます。, これでは、学習者に英語を日本語のように読んでしまう癖をつけてしまうのではないかと思います。, また、リーディングパッセージのいたるところに青の太字、黒の太字が散りばめられており、, しかも、話すスピードが「試験レート」、「高速レート」、「基礎レート」のようにリスニングスピードが丁寧にレベル別に分かれています。, この批評を書くためにCD音源を掘り返してみたら、想像以上に音源の質がよくて驚きを隠せませんでした。, このCDには、無理な日本語訳など含まれていないし、スピーカーの話し方、または話す内容はTOEFLのそれに近いのでじ非常におすすめします。, また、リーディングパッセージ群の後に、Part2と称して単語帳が付随されていますが、この単語群は正直、マニアックすぎて存在価値を疑います。英単語オタクしか見向きもしないような代物がずらりと押し並べられています。, たとえば、pneumoconiosis(肺塵症)という単語。こんなの日本語でも耳にしたことがなかったし、もし、本番出題されたとしても、推測すべき単語です。, 全体的に、いい学習教材を提供しようとしているにも関わらず、それを勿体ないカタチでアウトプットしてしまっているのが非常に残念です。, 和書のTOEFL対策の問題集は大方、出題傾向を把握できておらず、無駄に難解すぎるものばかりですが、そんな中でも皆様におススメできる参考書もあります。, リーディングパッセージが全部で合計で28題掲載された和書の中では良質な問題集です。, パッセージの出題傾向や文章中にちりばめられた各問いもそんなに主題傾向を外れていません。, このテキストでは残念ながら、一つの学術記事について、ご丁寧にも一つの全日本語訳がついています。, このすこぶる無駄な和訳さえなかったら、この問題集は良本であることは間違いありません。, TOEFLのスピーキングセクションは、日本人の受験者が最も苦戦するセクションの一つです。かくいう僕もこのセクションには大分苦しめられ、スピーキングに関するテキストを、和書に限らず洋書でも探しまくりました。, 参考書の中を泳ぐように漁りまくった結果、次に紹介する和書が日本人にとって最もスピーキングセクション攻略に近いテキストだと結論づけることができました。, この本はスピーキングの各問においてのモデルアンサーが数十個(数えようと思ったがめんどくさかった)記載されており、スピーキングセクションでどうふるまえばよいのか、右往左往している日本人受験者にとってまさに神の手となる本です。, 受験者の中には、この本に記載されているいくつかのモデルアンサーを完全暗記してそれを質問ごとに少しずつ変容させる、という作戦をとっている方もいるそうです。, つまり、ある一つの「スキーで骨を折って、病院送りになった」というモデルアンサーを、, たとえば、「一番印象に残っている旅行は??」という質問に対して、「それは家族で行った北海道旅行です。なぜなら、私の弟がスキーで骨を転んで骨折って・・・」と続けることができます。また、「尊敬する人はだれか」という問いに対しても、「私が尊敬するのは、私の父です。なぜなら、私が家族旅行でスキーをして、骨を折ったとき、彼が助けてくれて云々・・・」というようにカメレオンの肌色のように使いまわしができるわけです。, この戦法を僕も試みたことがあるのですが、練習もろくにせずに本番で試したために悲惨な結果になりました。, そこで気づいたこの方法の一番の欠陥は、暗記していた事柄を出し切ったときに言葉に詰まる、ということです。, なぜなら、それ以外にアウトプットの倉庫がないからです。仮に、自分の言葉でしゃべろうという姿勢を持っていたら、続けることができますが、単に暗記していたことを喋るのでは不可能です。, このテキストでは、便利な語彙・熟語の箇所が太字で強調されているため学びやすいのです。, トーフルの学習に常時付きまとうのは、やはりモチベーション。やる気があれば自分の人生の貴重な時間を割くことだってできるし、学習の密度も異なってきます。, 日本のTOEFL学習者を鼓舞するためにこのウェブサイトが存在しているわけですが、同じような主旨を持った和書が存在しています。それが次の書籍です。, しかし、大半の内容はテスト出題傾向からはずれていたり、一ミリも栄養分として吸収できないような項目が目立ちますが、その膨大な情報の中にはいくつか参考になるものもあります。, たとえば、英語の脳の作り方。この著者は英語学習にとって大事なのはインプットだと主張しています。, この彼の主張は、ろくに友人がおらず、一人で英語の勉強ばかりしていた僕にとってまさに鶴の一声でした。, 彼曰く、「留学をすることでスピーキング力は伸ばすことができるが、リーディング力は伸びない」といっていました。, ろくにTOEFL対策もせずにテストを留学中に受験したらリーディングの点数がこれまでに採ったことがないほど、低い点数を叩き出した僕の経験と非常に酷似しています。, 留学すれば万事よし、という世の中にはびこる幻想が嘘だと通告してくれる良本だと思います。, この書籍によれば、ライティングセクションのIndependent Taskのエッセイでは、, 心理学のマズローが唱えた人間の5大欲求を元に多角的な視点からのサポートを混ぜ込むべき、と書かれていました。, しかしながら、参考にできる箇所が上記の2点しかなく、それ以外は、テスト形式から的を大幅に外していることが多かったため、評価を★2つとさせていただきました。, リーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの4つのセクションにおける解法のコツがまず解説されており、, たとえば、本番同様にリーディングのパッセージをパソコンの画面上で読む練習を積むことができる。, そのため、エントリーモデルではないが、購入しておいて損はない書籍と称することができると思います。, その質の高さに加えて、問題形式が本番の形式と非常に近く、CD-ROMの出来が非常に良いです。, 特にこのCD-ROMのフィードバックのシステムが非常によく、自分の過去の成績と現状を比較することも可能です。, リーディング力を手っ取り早くつけたいなら、まさにこのテキストで己の鍛錬をするべきです。, なぜなら、この一つの本には、約700字(TOEFL本番の一つのパッセージの量に相当する)の英語の文章が、, これらの問いはTOEFLと同様の形式のものであるため、非常にTOEFLの受験者にとって重宝する問題集です。, 自身の脳内で形成されるので、TOEFL学習の初期段階に取り込むことをおススメします。, ただ、文章を読み始めて、ただの苦痛しか感じないようでしたら、すぐにこの問題集は後回しにしましょう。, 全シリーズ間で320個の学術記事、約1600もの問題に対して回答する計算になります。, これだけ解けばあなたのリーディングの点数もうなぎのぼりになることは間違いありません。, まず、英語の音源の音読のリズムが棒読みではなく、なんというか、生命感にあふれている。, そのため、このTOEFLの問題集は、リスニング練習のために購入すると考えたほうがよいです。, この書籍には、全6回分のテストが付属されており、ダミー問題がリーディングの場合とリスニングの場合とで交互に現れるようになっています。, リーディングもリスニング同様に優良な教材なので、シコシコと問題を解いて実力をつけましょう。, この本はTOEFL iBTにおける4つのセクションにおいて、高得点を獲得するための練習問題が用意されています。, Deltaシリーズのリスニングの教材の高さは先ほど紹介した参考書と同様にこのテキストでも見られので、, 前作と同様に、スクリプトが巻末についているため、シャドーイングの教材として再度利用が可能です。, CDに付属されている会話や講義が一つ一つ分離されていないという負の面が挙げられます。, 少量を小出しにするスタイルをとっているために、挫折しやすい初心者にはおススメの一冊です。, ただ、スピーキング、ライティングの2セクションに関しては、主題傾向を若干外しており特に取り組む価値はありません。, また、リスニングのCD音源がほぼ棒読みであるため、リスニング対策のテキストを探している方は、他の問題集をあたったほうがよいかもしれません。, リーディング、リスニングの問いの形式が本番に沿ったものになっているため、テスト慣れには良い参考書です。, この問題集はテスト作成側のETSと大手出版社Longmanが協力して作成した問題集です。, それだけあって、スピーキングとライティング以外の問題は非常に質が高いのが特徴です。, リスニングの音源の質という観点では、DELTAに唯一引けをとらない本と言えそうです。, リスニングのスクリプトもしっかりついているので、シャドーイング用の音源としても利用可能です。, 形式としては、ユニット1~10までアカデミックな話題に関するリーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの練習問題が課され、, リーディング・リスニングの2力を身に着けたい方は、このテキストで鍛錬を積んでみてはいかがでしょうか。, これは良好なTOEFLリーディングに関する参考書(僕はリーディングパートしか購入していないので他は知らないです)。, しかし、一つ残念というか、気を付けなければいけないのは、解答が別売りだということです。, 読者の皆様が洋書を購入するときは、まず最初にアンサーキーが巻末についているかどうか確認することをおススメします。, 文章の質はTOEFLのリーディングに匹敵するほどの質を兼ね備えているので、読み物としては良い教材です。, しかしながら、各文章語に出題される問いがTOEFLのそれと大きく異なるために、TOEFLの点数には直結しにくいかもしれません。, そのため、この本の使い方を少しTOEFL対策使用に変えてみることが必要とされます。, たとえば、記載されている学術記事を読み、それを自分なりに書き言葉で要約する、という作業を自分なりにしてみるなどです。, これにより、アカデミックリーディング能力が鍛えられると同時に、己の脳内に漂うアイディアを書き言葉としてアウトプットする能力を身に着けることができます。, 教育系の教科書で名が高いBarronが作成したTOEFLライティングのために存在している参考書。, たとえば、150字ほどのリーディングパッセージを読みそれのmain ideaやsupporting detailを読み取ったり、, ここには、ETSが公開しているライティングトピックに基づいて作成された計185のモデルエッセイが記載されています。, これらのモデルアンサーは若干、高得点を取るという観点から逸してしまっている部分が否めませんが、, たとえば、書き言葉得意の言い回しや、ある特定のトピックに対する回答のアイディアなどです。, このモデルエッセイ発のアイディアは、ライティングに限らずスピーキングでも使いまわせるために非常に便利です。, とこのテキストは主張していますが、まずそんなことはありません。むしろ、ほとんどエッセイは最悪の部類に入ります。, 非ネイティブの僕がモデルエッセイを読んでも、これが第二外国学習者によって書かれたエッセイである、と察することができる程です。, なぜなら、ところどころに無理な表現が散りばめられており、違和感しか残らないからです。, ただ、この本の唯一の利点としては、エッセイのアイディアを取得できる、という点です。, この本のトピックとそれに対する答えを参考にして、エッセイに対して自分なりの答えを準備しておくのも一つの手かもしれません。, バロンが出しているトーフルの対策本で、全7回のテストが付属されています。CD‐ROMもついているため、パソコン上でのテスト対策に最適です。, しかし、このCD-ROMにはバグが多く、解答が正しいにも関わらず誤解答と認識されてしまっていたり、, リーディングの問題は正直、難しくて何を言っているかわからなく、リスニングは、会話時間がテスト平均の5分を軽く超過し、7分ぐらいあります。TOEFL初心者がこの本に手を出すと痛い目に合うので気を付けましょう。, このテキストの基本スタンスは「ライティングのエッセイを書ける奴はスピーキングも話せる」というものです。, なぜなら、論理的に文章を書けるようになれば、論理に沿って自分の意見を口頭で表明することもできるからです。, そのため、この本の序盤では主にTOEFLライティングのIndependent  Taskの解答の作り方について触れています。, この参考書では英語でのエッセイの書き方をこれでもかというほど簡易に書きとめてくれています。, 帰納法と演繹法の違い、5パラグラフエッセイの書き方、読者を惹きつけるためのイントロダクションの作り方など多岐にわたります。, このテキストが提示しているモデルアンサー、出題形式、戦略などは基本的には的を外したものばかりです。, ほんとうに英語のスピーキングの地力がない方はほんとうに英語でなんて言っていいかわかりません。, そんな方に助けを差し伸べるようにこの本ではTOEFLスピーキングに役立つありとあらゆる表現が掲載されています。, どうでしたか?無数にあるTOEFLの参考書。そのような中からいかに効率的に質の高い教材を選ぶかが高得点をとって周りと差をつける秘訣です。, 今日は様々な参考書を解いた上でオススメする日本語の和書と英語の洋書両方の参考書、問題集を紹介してみました。. When did life on earth begin? What happened to the dinosaurs? アメリカやオーストラリア、カナダ等への留学に必須なtoefl ibtのスコア。toeflリーディング、リスニング、スピーキング、ライティング各セクションの勉強法と、最適なおすすめ参考書、問題集、テキストを紹介しています。留学に必要なスコアを超えたい人にオススメの記事です。 toeflハイスコア獲得者が選んだオススメ参考書!スコアアップのために重要な教材選び。今回は和書のtoefl単語帳やスピーキング、リスニング、リーディング、ライティングのパート別問題集。そして問題集を紹介します。問題集は上級者のための洋書参考書までを網羅。 TOEFL、TOEICなどの英語試験ではリーディングテストが得点配分の内多くを占めています。, 試験で高得点を取るためにはリーディングのスコアをあげる必要があり、多読によるリーディング学習が最も効果的です。多読を繰り返すことで学習した単語や文法などの習得も早くなり、結果的にリスニングの強化やスピーキング、ライティングの強化にもつながります。, テストだけではなく、将来ビジネスや研究をする上でも英語の多読力はかなり力を発揮しています。世界中の多くの情報は英語が最も多く、英語で読めるということは世界中のほとんどの情報にアクセスすることが出来るということを表します, では、英文読解力を伸ばすためにどのような英文を多読するべきなのでしょうか?このパートではどういう風に数多くある本から自分にとってベストな本を選ぶ方法を紹介します。, 人によっては小説などで物語を英語で読むのが好きな人もいれば、ビジネスを学ぶためにビジネス書を読んで多読をするのが好きな人もいます。, 最初から好きなものを選んで難易度を気にせずに多読本を選んでしまう人がたくさんいます。日本語でも同じように、洋書でも様々な英文レベルの本が存在するため、自分にあったレベルの洋書を選ぶことが重要です。, 実際にこの記事で紹介するようなレベルで選んだ上で自分のレベルに適した教材を選んで多読を続けてください。, 英文を多読する上で様々な方法があります。洋書を買って本を読む人もいれば、電子書籍で読む人もいます。中にはアプリやウェブサイトなどでスマホやタブレットで英文読んで多読する人もいます。, 自分の好きな内容や読む方法を考えた上で、純粋にそれだけで選んで読むものを決めてしまうのがいいでしょう。, 多読のために最も重要なのは「読んで理解すること」と「読み続けること」そして「何かを学べる」ことです。, 適切な題材、レベルの教材を選んで楽しく英語の多読をしてリーディング力を向上しましょう。, まずは、洋書のTOEFLの参考書、問題集から紹介します。海外では日本のように丁寧にテクニックや解答方法を解説した本はかなり少なく、ほとんどの本が実際の模擬試験を含んでいて、その模擬試験とともに解答やテクニックの解説をするというものです。, 日本では受験者が少ないTOEFLなのもあり、洋書では日本とは比にならない量と質の参考書があります。英語だと気が引けるかもしれませんが、オススメなのは、日本語で基礎を身につけた上で、ある程度英語が読みこなせるようになったタイミングで洋書のTOEFLの問題集を購入して、実際の試験問題に限りなく近い試験問題で実践を繰り返すことです。, 定番の英語のTOEFL問題集です。TOEFL本番の試験問題を作成しているETSが作成している問題集で、問題の品質は本番に限りなく近く作られています。国を問わずTOEFLを受験する人のほとんどが使っている問題集で、英語で少し使う気が引ける人もいると思いますが、ハイスコアを取るためには必須の洋書です。, 本番のレベルに近い問題だけではなく、解答用紙もついているので、本番の模擬練習をするために使うのが一番オススメです。, この本は海外の英語参考書でかなり人気のもので、パートごとの解答テクニックと、実際の本番の模擬試験が収録されています。テクニックもかなりスコア獲得に繋がる実用的なもので、問題の質やリスニング音声の質なども圧倒的に高く、海外ではベストセラーとしてTOEFL受験者の中で愛されています。, もっとも難易度が高いと海外でも言われているのがこの問題集です。他のものや本番と比べてかなり難易度が高く、ある程度スコアは取れるようになった。さらに難易度の高い英文を読み、難易度の高い問題を解くことでさらに上を目指したいという人にオススメです。, この本で演習を繰り返した後に、本番や他の参考書を解くと魔法にかかったように簡単な問題に感じるのでオススメです。ただ、本番とレベルはかけ離れているので、上級者、かつ、時間に余裕がある受験者のみ使うことをオススメします。, この物語の中でマービンというお調子者の小学生が、日常生活の中で奮闘する様子が描かれています。, マービンがクラスの中で「鼻くそをほじる奴」というブランディングをされ、クラスメイトからいじめられます。, 小さな爬虫類であるシャルロットがどう救うのか、というところに注目して読んでみてはいかがでしょう。, それらの不運を乗り越えていく過程で主人公が内面的に成長していくさまが描かれています。, 冒頭部で多少読みづらさを感じるかもしれませんが、それ以後は非常に読みやすく書かれています。, 「A to Z Misteries」という幼児向けミステリー本シリーズの第二作目。, そんな学校からも見捨てられていた彼を見捨てることなく、根気よく彼に寄り添ったサラ。, ある日、この少女が自分の意思を伝えることができる機械を購入して他人との意思疎通ができるようになった。, 自らをアダルトと自負する老若男女の方、もしくはそうでない方も参考にしてみてください。, ここから紹介する書籍では、本文の語彙レベルが幼児レベルから若干高いものが採用されています。, 10数ページを読み進めて、少しでも苦痛を感じ取ったら即座に読書を中止してください。, 女心が知りたい日本男子や、誰かに共感したい女子などが好きになる書物であることは間違いありません。, 前作と同様、年齢・職業がまったく異なる女性たちがまるで編み物のように物語を紡いでいきます。, この第三作目ではシリーズものに有りがちな初期登場キャラクターとの再会を楽しむことができます。, 第一作品、第二作品を読み終えて、さらに郷愁感に浸りたい方はぜひ読んでみてはいかが。, そのため、中途半端な英語力でこの書籍を読むと、読後にはクエスチョンマークが大量発生することになります。, 続編といっても、前作に続き登場するのは、Armpit(わき)というユニークなあだ名を持つ少年と、, この大役を引き受けたアームピットに次々と降りかかる試練と、徐々に成長していく彼の内面が描かれています。, 1939年に起きたスターリン政権によるリトアニアへの侵略という歴史を舞台にした物語。, 多読で読めるのは小説だけじゃない!!教材は幅広く楽しく選ぶ