これまでタグすら使っていなかった私。友人に絶対使ったほうが良いと勧められ、記事数も少ないので一気にタグを設定しましたよ。私のサイトは友人からの情報で成り立っています☆ さて、私はこれ … この記事のまとめWordPressの始め方を解説!ワードプレスでブログやアフィリエイトサイトを開設する方法を、画像で優しくレクチャーします!ネットにくわしくない初心者... この記事のまとめWordPressワードプレスをスマホだけで始める(作る)方法を紹介!初心者でもたった30分で、簡単にブログやアフィリエイトを始められます。レンタルサー... 【サーバー移行】表示速度79点→94点!エックスサーバーからConoHa WINGへの移管方法を53枚の画像で解説!. タグはカテゴリーとは違った「切り口」で設定すると使い分けがしやすくなります。また、タグはカテゴリーと違い、階層構造にはできません。 使い方によってはソートや索引的な使い方もできます。タグのイメージは下図みたいな感じです。 【使う人】【見る人】それぞれの立場にたって、何度も何度もブラッシュアップを重ねたためです。 ⑤なら「朝におすすめ」や「食前におすすめ」など飲むタイミング。, こんな感じでしょうか。すべて設定してもいいし、1つだけ設定してもいいです。結局は閲覧者にとってわかりやすく、見やすくすることを心がけて設定する数を考えることが大切です。, たまに10個以上タグをつけている人をみかけますが、あまり多すぎてもアレなので気をつけましょう。, 前述のようにカテゴリーはタグのように複数設定することができるのですが、僕はあえて1つのカテゴリーしか設定しません。なんでかっていうと、内部SEOを考えると1つのほうがいいからです。, 主にブログやウェブサイト内でのリンク構造や文書構造のことをいいます。前者のリンク構造とは、いわゆる「内部リンク」と言われるもので、どのページとページが関連付けられているかをGoogleに伝える役割があります。, この設定が非常に重要で、うまく活用するとコンテンツやブログ記事の上位表示をさせることが可能です。後者のはかなり専門的な話になるので、ここではスルーします。, 内部リンクのうち、階層構造を伝えるための重要な役割をしているのが「パンくずリスト」と呼ばれるものです。, WordPressのテーマ(テンプレートとも呼ばれる)のほとんどにはこの「パンくずリスト」がついています。下図のようなやつです。, ※ユーザビリティの向上によって、サイト回遊率(滞在時間)がよくなり結果的にSEO向上ということもあります。, パンくずリストは下図のようにトップページから現在のページまでの階層が表示されます。, もしカテゴリーを複数設定していれば、パンくずリストにはそのうちの1つしか表示されず、Googleに記事の階層を正確に伝えることができなくなります。, 個人的な意見ですが、複数カテゴリーを設定することで、いろいろなカテゴリーで一度見た記事が表示されたりして、閲覧者の混乱=ユーザビリティ低下につながると感じています。, 内部SEOとか考えるの面倒だっていう人は、難しく考えずカテゴリーは1つだけ設定するようにするといいです。複数設定する場合はタグをうまく活用するようにすること。, カテゴリーはうまく設定すれば非常にSEO効果が見込めるので、是非意識して使うことをおすすめします。, タグページは重複コンテンツ、つまり低品質なコンテンツとみなされる可能性もあるので、僕はプラグイン「All in One SEO Pack」を利用してnoindex設定にしています。, アフィリエイターで有名なひつじさん(@hituji_1234)とコラボし、史上最高とも呼べるWordPressテーマ【JIN】を開発しました! WordPressを使った企業サイト開発のためには、テーマを構成するテンプレートファイルの構成、ページを構築するHTMLタグの書き方、テーマの中で使用される関数の分類、そしてテーマの見た目を … WordPressを使った企業サイト開発のためには、テーマを構成するテンプレートファイルの構成、ページを構築するHTMLタグの書き方、テーマの中で使用される関数の分類、そしてテーマの見た目を装飾するスタイルシートの書き方についての理解が必要になります。, WordPressテーマを導入すると、テーマスタイルシートstyle.css(必須スタイルシート)に、コメント形式でテーマの説明を書く必要があり、なかでも「Theme Name」にテーマ名の記述が必須です。 冒頭の「@charset 文字コード」は、外部スタイルシートの文字コードを指定します。, テーマフォルダ内に「screenshot.png」という名前でテーマのスクリーンショットを配置すると、管理画面の「テーマ」の中で表示されます。, テーマをインストールしたら、まず最初に親フォルダと同じ階層に、子テーマ用のフォルダを「親フォルダ名-child」という名前で作成し、親テーマからコピーしてきたテーマスタイルシートstyle.css のTemplateパラメータに親テーマディレクトリを指定します。, 親テーマのスタイルシートを引き継ぐ場合にはfunctions.php内に以下のコードを記載します。, テーマのテンプレートファイルは、PHPファイルとスタイルシートから構成され、「wp-content/themes」内のテーマフォルダに格納されます。, テーマ用のPHPファイルの中に、1人だけ拡張テーマ関数を集めたfunctions.phpという色違いが居り、これがwp-includes内の関数ファイルと同様に、自動的にWordPressの初期化中にロードされ、WordPressの拡張インターフェイスのような機能を果たします。, テンプレートファイルをカスタマイズする場合は、子テーマフォルダ内に同名でコピーしたファイルをカスタマイズすることにより、先に読み込まれる親テーマのテンプレートファイルを、後に読み込まれる子テーマのテンプレートファイルが上書きします。, ただしfunctions.phpだけは、親のfunctions.phpより先に読み込まれるので、子テーマフォルダにコピーしただけでは上書きされず、同じ関数名だとエラーになるので、子テーマ側の関数名を変えて優先度を上げます。, この例では親の関数の優先度が999なので、子の関数は1000に上げることにより、親関数の後に子関数(_yama付き)を呼びます(優先度の大きいものが後に呼ばれる)。, WordPressによるWEBサイトの開発は主にテーマとプラグインの開発であり、このとき「ベーステンプレート」「モジュール」「パーツテンプレート」などの定義が曖昧な言葉が登場します。, ベーステンプレートは、WordPressがテーマごとに表示を替えるための下地になります。, 存在しないファイルに対するリクエストがあった場合、サーバーはレスポンスとしてHTTPステータス404を返しますが、このときブラウザ規定の「ページが見つかりません」というそっけないメッセージよりも、テーマが装備する一体感のある404.phpを表示するほうが親切です。, すべてのテーマテンプレートの階層の最下位にindex.phpがあり、とりあえずはテーマフォルダ直下に最低限index.phpとstyle.cssの2つが存在していればテーマとして成立します。, index.phpはすべてのテンプレートの最大公約数的記述をするところであり、ドメインのルートディレクトリに配置するindex.phpというファイルが「URLの後ろにファイル名を指定しない場合にデフォルトで開くトップページ」を意味するとは異なるため、サイトのトップページ用のテンプレートとしてhome.phpまたはfront-page.phpが用意されています。, 企業サイトの場合、トップページ、会社案内ページ、商品紹介ページなど、内容に応じて固定ページ作成時にカスタムテンプレートで1カラムにしたり2カラムにしたり、フォーマットのレイアウトを変えるのが一般的です。, テンプレートに記述するHTMLタグには、大きく分けてページ定義タグ、構造化タグ、divタグの3種類があります。, ページ定義タグで大枠のページ構成を定義し、bodyタグ内の構造化タグ(HTML5準拠)やdivタグによって、WEBサイトを「ヘッダー領域」「サイドバー領域」「コンテンツ領域」「フッター領域」の4ブロックに区切ります。, パーツテンプレート(モジュールテンプレート)であるheader.phpにはHTMLヘッダーとbody内のヘッダーセクションが、footer.phpにはWEBサイトのフッター部分が保存されます。, WordPressのテンプレートであるPHPファイルから実行できる関数はテンプレートタグをも呼ばれ、ベーステンプレートからパーツテンプレートをインクルードするパーツ呼び出しタグ、WordPressの一般設定などの基本情報を表示するbloginfoタグ、WordPressループの条件として使うループタグ、ループの中で投稿やページの情報を表示するデータ取得タグ、bodyタグやarticleタグのid属性やclass属性の値をページの種類によって変えるid属性タグやclass属性タグ、wpタグに分類されます。, ベーステンプレートであるfront-page.phpまたはhome.phpまたはindex.phpから「テンプレートタグ名('パラメータ')」形式のテンプレートタグでheaderやfooterなどのパーツテンプレートを呼び出してWEBサイトを構成していきます。, ヘッダー、フッター、サイドバーが呼び出すパーツの代表格ですが、これ以外にも以下のようなパーツ呼び出し用のテンプレートタグがあります。, カスタムテンプレート呼び出し関数get_template_part()の、第一引数であるファイル名(スラッグ)は必須で、第二引数であるサフィックス(接尾辞)は任意です。, yama-01.phpというファイル1個しかなければ、get_template_part('yama-01')でいいのですが、この場合yama.phpというファイルを探してくれません。, get_template_part('yama', '01')にしておけば、最初にyama-01.phpを探して、なければyama.phpを探してくれるので、今後yama-02.php以降が必要になる場合に汎用性が出てきます。, PHPコード「while{~}」はテンプレートタグ「while:~endwhile」と同じ意味であり、PHPコード「if(){~}」はテンプレートタグ「if():~endif」と同じ意味であり、WordPressテンプレートタグではifやelseやwhileなどの条件文の後ろをコロンで締め、条件部分を視覚的に分かりやすくすることができます。, HTMLの中にPHPを埋め込むWordPressテーマのテンプレートファイルではコロン締め、functions.phpのようなPHPだけの記述の際は通常の{}で書きます。, 「if(have_posts()):」でエントリーが存在すれば「while(have_posts()):」でエントリーが存在する限りループし、「 the_post();」で投稿情報をグローバル変数$postから取得し、「the_title();」タイトルと「the_content();」コンテンツを表示します。, 無限ループにならないのは、the_post()を実行するたびに、$postに格納された投稿を取り出すと同時に削除するからであり、投稿が空になるとhave_post()がfalseになり、ループが終了します。, have_posts()以外に条件分岐用のテンプレートタグとしてis_タグがあります。, 条件分岐のwhileで繰り返しているときの記事情報を、DBのデータから読み込み表示するタグです。, 上記のthe_title()とthe_content()以外にエントリー取得用のループ内で使うテンプレートタグは以下のようなものがあります。, あたりまえですが、DBから取得するのはコンテンツだけなので、CSSのための開始終了タグは別途定義する必要があります。, またthe_time()はループの中で使用する必要があるとCodexに明記されているにもかかわらず、日付アーカイブページのタイトル表示に使用します。, 本来ならwp_title()で表示できるべきですが、表示される日付フォーマットが日本語対応が不十分であるため、代用としてthe_time()を使用します。, 上述のようにWordPressはページの種類ごとに表示を替えるためのテンプレートが分かれており、ヘッダやフッタなどはパーツテンプレートとして分割管理します。, パーツテンプレートであるheader.phpのbodyタグのクラス属性をページの種類のよって変化させるのがbody_class()関数であり、このフロントページの例ではログイン中の場合はhomeやlogged-inやadmin-barなど使いそうもないやつまでゾロゾロくっついています。, ちなみに個別記事はsingle、アーカイブはarchive、カテゴリーにはcategoryになります。, WordPressループの中で投稿の種類によってクラス属性を変化させるのがpost_class()関数です。, wp_title()は現在表示しているページのタイトルで、個別記事なら投稿タイトル、カテゴリアーカイブページならカテゴリ名となります。, WordPressテーマ開発のルールとして、headタグ内にwp_head関数を、footerタグ内にwp_foot関数を記述しておきます。, テーマの利用者がインストールするプラグインにはwp_head関数やwp_footer関数によって呼び出されるものもあり、ヘッダー読み込み時やフッター読み込み時に、実行させたいプラグインを開発できるようになります。, wp_enqueue_script('スクリプトのハンドルネーム')関数で、JavaScriptをプラグインごとの重複読み込みを回避し、適切なタイミングで読み込みます。, スタイルシートはheadタグ(header.php)内に、テンプレートルートからCSSを指定します。, WEBサイトが複雑になってくるとstyle.cssが大きくなるので、ベースのスタイルはbase.cssと分ける場合がありますが、ベースに明確な定義があるわけではありません。, 設備投資によるコストメリットは、出来高や歩留などの数量を根拠に定量的に説明することができますが、システム投資の場合は数値データを根拠に評価するのは難しいと言われます。メーキングインドネシア4.0の後押しでインドネシアのSI業界に活気が戻ることを期待しています。, インドネシア市場の難しさはコストであり、先駆者は後発の大資本の安売り戦略に駆逐されるので、ターゲットとなる分野と顧客層を限定して(局地戦)、生産能力を極限まで向上させ(武器効率)、安易な多角化はせずに愚直に得意分野を攻め続ける(局所優勢)のが有効だと考えます。, インドネシア進出よりも事業継続が難しい理由は、日本のブランド力の優位性の低下や市場拡大を阻害する価格問題であり、ローカル市場向け事業に人脈が重要であるとすれば、趣味やボランティア活動などの本業以外の集まりの場で自分の付加価値をアピールするのは効果的です。, 日本の特殊な商慣習で守られ独特の進化や発展を遂げた日本市場はガラパゴスと呼ばれます。インドネシア国内にも日系ガラパゴス市場があり、日本人が日本語で対応するという参入障壁がありましたが、近年のローカル企業や他国企業の台頭でこの原則が崩れてきています。, インターネットにより情報がフラット化され、誰もが平等にチャンスが得られるようになったことは、インドネシアでは勝てる分野を探すのが難しくなったことを意味します。日本人の優位性を生かしながらライバル会社がコスト的に再現できない分野を探すのが現実的だと考えます。, インドネシアで起業が難しくなった理由は、インターネットの普及による情報のフラット化と、商社による大量輸送によるモノの分散化により、情報格差と物流格差がなくなったためであり、これからは回り道でもブランド力と技術力を磨き続けることが最短距離になります。, 売上の大半を人件費が占める労働集約型に対して、設備投資や資金調達を元手にするのが資本集約型で、受注開発は売上から運転資金を捻出する形になります。絶対的価値を生み出す才能はなくとも、ニッチな分野での専門技能を発揮することで相対的価値を生み出すことは可能です。, インドネシアのように法や規制が頻繁に変わり、資本の力で後発のライバルが市場でシェアを伸ばし、パワーバランスが一瞬で崩れるビジネス環境では、全体像としての戦略はバックワード志向で考えても、先の展開が見えない状況での戦術はフォワード志向で立てざるを得ない。. ブログを報告する, 前回、カスタムタクソノミーの設定まで無事にできたのですが、表示に問題がありました。, 「get_the_term_list()」を使うとリンク付で一覧を取得できますが、階層表示するには「 get_the_terms()」を使います。, ワードプレスでpaypalが使える「WP Simple Paypal Shopping cart」. ※未登録の方はa8にアカウント登録が必要です。, 約9年メーカーにてシステムエンジニア経験後、2016年脱サラ・独立したのち、現在は個別指導のWEBスクール運営。, Webやマーケティングなど覚えたノウハウを自他のビジネスに活かすことが好き。最近は「アフィリエイトを副業で始めたい」というお問い合わせが多くあるので、2019年度からアフィリエイトも強化中。, WordPressでホームページの作り方・ブログの始め方を覚えるなら個別指導のWebスクール「ウェブストエイト」, このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシーと利用規約が適用されます。. タグとは直訳すると「ふだ」「商品の値段・材質・製造会社名などをしるした札」です。 WordPressにおいては「 タグは投稿記事を分類するために付ける小さな札 」と思うと良いでしょう。 タグとカテゴリーの違い. メニューに追加するメニュー項目は、親となるメニュー項目の下にメニュー項目を追加することで階層化させることができます。ここではメニュー項目を階層化する方法について解説します。 見出しにはユーザー(読者)にとっても、あなた(サイト運営者)にとっても、たくさんのメリットがあります。, ユーザー(読者)はそれを見て「この記事にはどんなことが書いてあるのか?」をおおむね判断します。, 記事を読む前に要約を見ることができるのは読者にとってメリットですし、内容の理解も深まります。, キーワードの検索意図(検索した目的、検索者が欲している情報)に則した目次を作ることで、, もし目次が1つもなかったら… 読者はえんえんと続く長文を読み続けることになります。, もし記事のなかに複数の話題(見出しと本文のセット)を作って内容ごとに区切りを入れれば、, WordPressなどのWebメディアでは見出しタグ(h1~h6)を使って見出しを作りますが、, H2(Aの大話題) └H3(Aの中話題①) └H3(Aの中話題②)  └H4(A②の小話題①)  └H4(A②の小話題②) └H3(Aの中話題③)H2(Bの大話題) └H3(Bの中話題①) └H3(Bの中話題②) └H3(Bの中話題③)  └H4(B③の小話題①)  └H4(B③の小話題②)  └H4(B③の小話題③)H2(Cの大話題) └H3(Cの中話題①) └H3(Cの中話題②)……, 見出しの優先度は(h2 > h3 > h4 > h5 > h6)で、この中ではh2がもっとも強い(重要)です。, ※ちなみにほとんどのWordPressテーマでは、h1は記事タイトルなどに使われますので、本文ではh2以降を使います。, 見出しのデザインを使いたくて、記事の内容に関係なく見出しタグを使う… なんてことは避けましょう。, ざっと流し読みし、目次・見出し・本文の強調箇所などを見て、その記事に求めている答えが書かれているかどうかを判断します。, 「この記事には探している情報はなさそうだな…」と感じたらすぐに離脱して他のライバルサイトに行ってしまいます。, ユーザー(読者)はわれわれが考えるよりも短気でせっかちです。記事を初めから最後までじっくりと読むなんてことはしません。, だいたいはサラッと流し読みをして、求めている答え・結論が書かれていないと判断するなりすぐに離脱してしまいます。, だからできる限り結論は早めに見せてしまい、その理由・詳細はあとからじっくりと説明するようにします。, もしどうしても難しい場合は、記事の冒頭のほうに結論へのショートカットを目立つように設置しましょう。, 旧エディターでも新エディター(ブロックエディター、Gutenberg)でもやり方は同じです。, まずはビジュアルエディター(旧エディター)、またはブロックエディター(新エディター)での見出しの作り方です。, 通常のテキストは段落タグ

で囲まれていますが、これを見出しタグ

に変更します。, 見出しタグはh2~h6までありますので、状況に応じて最適なものを設定してください。, そしてその記事の品質は、記事を書き始める前の調査・準備の段階でほぼすべてが決まってしまいます。, 事前準備シートは、下記のような記事作成に必要なあらゆる要素を1枚のエクセルシートにまとめたツールです。, アクセスや収益を上げやすい記事、検索エンジンに評価されやすい記事を作ることができます。, 私サンツォがふだんからよく利用している5つの記事テンプレートをnoteにまとめましたので、, 間違った方法を続けていても時間と手間のムダになりますので、ぜひ一度ご相談ください。, 今ならキャンペーン中につき月額640円~で利用することができます。しかも初期費用は無料!, しかも当「ブログ部」なら、さらに500円OFFになる特典付き!くわしくは下記の記事をご参照ください。, もしWordPressに関することで困ったことがあったら「サイト引越し屋さん」に相談しよう!, WordPressからWordPressへの引越し、ドメイン移管、テーマ変更。無料ブログからWordPressへの引越し。, WordPressのカスタムやサイト高速化、セキュリティ対策など、あらゆる問題・お悩みを解決してくれるサービスです!, ブログ歴6年、Webマーケティング歴15年の脱力系副業ブロガーです。借金地獄のどん底から這いあがり、ブログ一本で月収300~400万円を稼げるようになりました。2020年2月には累計収益が1億円を突破!現在7つのブログを運営中。雑誌や大手メディアでもTOPブロガー/アフィリエイターとして紹介され、各種講演やブロガーサロンのオーナーとしても活躍しています。この『ブログ部』では、主にブログやアフィリエイト運営、アクセス&収益UPのコツ、SEOやWordPressのノウハウ等をまとめています。, ブログ・アフィリエイト・WordPress・SEOなど、収益&アクセスを改善させるノウハウ集!, 【初心者も30分】WordPressをスマホだけで始める方法!画像付き完全ガイド(限定割引あり), 【入れなきゃダメ】WordPressの目次の作り方!プラグインを使う方法と使わない方法を解説, 【WordPressのパーマリンク】おすすめの設定や変更方法を、初心者向けに徹底解説!.