大石ゆかり そうですね〜♪ サイドバーに表示する これでGoogle Analyticsで解析できるようになりました!   カスタマイズ次第で記事を書くスピードも変わると思うよ! 大石ゆかり   このままではあまりよくないので設定していきましょう。 大石ゆかり 人気記事を表示できるWordPressのプラグイン【WordPress Popular Posts】の使い方について初心者向けに解説した記事です。ページビューの多い記事を、簡単な設定だけで表示させることができます。, TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。, 今回は、ブログの人気記事を表示できるプラグインの1つである、WordPress Popular Postsの使い方を紹介します。, なお本記事は、TechAcademyのWordPressオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。, 田島メンター!!よくサイドバーにそのサイトの人気記事が表示されているのってあるじゃないですか〜?, あぁ、できるよ。いくつかプラグインがあるけど、「WordPress Popular Post」なんてどづかな?, ある程度ブログの記事が増えてくると、人気記事を目立たせたいと思うことはないでしょうか。, 特にシステムの知識がなくても簡単に表示できるので、初心者でも手軽に導入することができます。, このプラグインは、管理画面から「プラグインを検索」してインストールもできますし、プラグイン公式サイトからダウンロードすることも可能です。, インストール方法がわからない場合は、WordPressのプラグインをインストールする方法をご覧ください。, 有効化すると、ダッシュボード>設定>WordPress Popular Postsというリンクが増えているはずです。, ダッシュボード>設定>WordPress Popular Postsをクリックしてみましょう。, 設定したばかりではまだ集計できていませんが、時間が経つとここに集計結果が反映されます。, ツールタブでは、デフォルトのサムネイルや、閲覧数を集計する母体(訪問者だけ、ログインユーザも含めるか、など)を設定できます。, ダッシュボード>外観>ウィジェットから、ウィジェットの編集画面を開くと、WordPress Popular Postsというウィジェットが追加されています。これを、追加したいエリアにドラック&ドロップしましょう。, 設定してすぐの状態では、まだ統計情報が集まっていないので下記のようにサイト上で表示されます。, そのため、先にプラグインを有効化して、ある程度閲覧データが溜まってきたのがプラグインの管理画面で確認できてから、ウィジェットの編集をして表示させるの良いかもしれません。, WordPressの他のプラグインを使ってみたい場合は、Ultimate TinyMCEの使い方も合わせてご覧ください。, [お知らせ]TechAcademyでは、WordPressを使ってカスタマイズしたオリジナルサイトを構築できるWordPressオンラインブートキャンプを開催しています。期間中の8週間は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます。.   他のプラグインを使ってみたい場合は、W3 Total Cacheの使い方も合わせてご覧ください。 WordPressのプラグインは外国のものが多い中、このプラグインは日本の会社(アイビースター)が開発したプラグインで、管理画面は全て日本語です。   Google Analyticsのタグの設置を簡単にしたいという方は、Google Analytics for WordPressの使い方も合わせてご覧ください。 しかし、トラフィックが少なくデータがないサイトですと、デフォルトの設定では「No Related Posts」と表示されることが多いです。 導入は簡単なのでぜひ試してみてください。 ほぼ同じですが、Google Analyticsを使っているGmailアカウントのログイン情報を入力します。これでログインするだけです。     3. WordPress Popular Posts の設定方法.   あなたの現在のWordPress Popular Postsのバージョンを見て下さい。 Yet Another Related Posts Pluginは、投稿に関連する記事を自動的に表示してくれるプラグインです。 インストール方法がわからない場合はWordPressのプラグインをインストールする方法をご覧ください。 田島悠介 WordPressの他のプラグインを使ってみたい場合は、Crazy Boneの使い方も合わせてご覧ください。   田島悠介 田島悠介 ありがとうございます!これで運用が楽になりました!! 田島悠介   Google Analytics for WordPressとは、WordPressで制作されたWebサイトにGoogle Analytics(現ユニバーサルアナリティクス)のトラッキングコードを簡単に挿入できるプラグインです。 大石ゆかり   Google Analytics for WordPressとは あるよ。ビジュアルエディタを拡張するプラグインを入れれば、記事が書きやすくなると思うよ♪     このプラグインは、管理画面から「プラグインを検索」してインストールもできますし、プラグイン公式サイトからダウンロードすることも可能です。 これで設定は完了です。 今回の記事は以上です。 特に、ブログ型のサイトを運営されている場合は、ぜひ導入したいプラグインの1つです。 また、記事一覧ページを見ると、各記事ごとのアクセス状況もわかるようになります。 導入する前に、デフォルトのビジュアルエディタと比べてみてください。   no data so far.になった時の直し方!, 古いバージョンのPopular Postsをダウンロードしてきて、wordpressにアップロード. 全体の記事が少ない場合は、スコアを1(最低限)にしておくと良いでしょう。 「Misc Options」タブでは、ビジュアルエディタのプレビューを見ることができます。 なお本記事は、TechAcademyのWordPressオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。 大石ゆかり インストールがわからない場合は、WordPressのプラグインをインストールする方法をご覧ください。     そうだね。各記事ごとのアクセス解析もできるから、詳細な解析もできて便利だね♪ Google Analyticsの「アナリティクス設定」から、ビューIDを選択し、記載されているIDを入力してください。   次に、関連スコアを設定します。このスコアが高ければ高いほど、表示には関連性の高さが求められます。 関連記事に表示させたくないカテゴリーやタグがある場合は、チェックを入れておきましょう。 プラグインをインストールする この記事の目次. 次に、WordPress Popular Postsの設定方法を見ていこう。 設定画面へのアクセス方法 プラグインのインストール後、 WordPress の管理画面の左メニューの「設定」の中に WordPress Popular Posts という項目が追加されるのでクリックしよう。 田島悠介   WordPressのプラグインの使い方を初心者向けに紹介する記事です。   設定方法も簡単なので、導入を検討してみてはいかがでしょうか。   大石ゆかり   WordPressで制作したWebサイト上に、Google Mapを追加できるプラグインです。 次に、Google Analyticsのアカウントを連携させましょう。 [PR] WordPressで挫折しない学習方法を動画で公開中アカウントを設定する それなら「Google Analytics Dashboard」を使うと良いんじゃないかな?管理画面上でGoogle Analyticsの情報を表示できるよ。 プラグインの管理画面を開くと、いきなり「ログイン失敗」と出ますが、慌てずに「設定」ボタンをクリックしてください。 プラグインをインストールする Ultimate TinyMCE導入後のビジュアルエディタ 今回は、WordPressのアクセス解析に便利なプラグインの1つである、Google Analytics Dashboardの使い方を紹介します。   ここに、Google Analyticsで発行したUAコードを入力してください。   これで毎日の運用が楽になりました♪ 以上で設定は完了です。 関連記事を表示する部分のレイアウトも決めることができます。   「simple-map」ですか!手軽にできそうな名前ですね!!   操作できる項目が増えているのがすぐにわかりますね。表示項目もカスタマイズ可能です。   All rights reserved. 今回は、WordPressに簡単にGoogleマップの地図を表示させることができるプラグイン、simple-mapの使い方を紹介します。 記事が書きやすくなりました!! 田島悠介 アクセス解析で、Google Analyticsを導入している人も多いのではないかと思います。設定には技術的な知識もの必要なため、プラグインを導入するとより簡単に導入可能です。 ダッシュボード>設定>Google Analytics for WordPressを開き、設定していきます。 保存ができたら、サイトの表示を確認してみましょう。カスタマイズした内容が反映されたことがわかりますね。   これで、設定は完了です。あとは、このプラグイン画面で詳細なアクセス状況を把握することができます。 次に、Google Analyticsのアカウントを連携させましょう。 幅が変わったことがわかりますね。     大石ゆかり まず、表示させたくない記事の設定ができます。 インストールが完了すると、ダッシュボードに、G Analytics Dashboardの管理画面へのリンクが追加されます。   それってWordPressでできたりするんですか〜?