連邦軍の技術士官であった父フランクリン・ビダンと、母ヒルダ・ビダンの家庭を顧みない仕事一辺倒な姿勢に孤独を覚え、更に若い女性との不倫に耽る父と、そんな父の振る舞いに気付かぬ振りをして仕事に没頭する母のそれぞれに強い不満を抱いていた。 グリプス2内部でシロッコ、ハマーンと対峙した際の台詞の劇場版バージョン。やや選民思想的なニュアンスが含まれていたTV版とは考えが異なっている。なお、後々のアクシズ落としの事を考えると、この場にいたシャアに対してもこの言葉が当てはまっているだろう。 ここでカミーユはシロッコとハマーンを引き付けて自分諸共コロニーレーザーで葬るつもりだったが、クワトロの説得により思い留まる。 類稀な天性のニュータイプであり、公式設定ではカミーユは宇宙世紀に生を受けたニュータイプの中でも、最高のニュータイプ能力の持ち主であると評されている。 このようにTV版序盤のカミーユは主人公でありながら、あまり肯定的に描かれていない。 機動戦士ガンダムzz 第四十七話「戦士、再び.....」 第四十七話「戦士、再び.....」はハマーンとジュドーとの一騎打ちのお話。ハマーンとジュドーの戦いがついに決着...「機動戦士ガンダムzz」最終回です。 @‚»‚̌㖡‚̈«‚³‚ÉŠÖ‚µ‚Ă̓AƒjƒŠEˆê‚ÆŒ¾‚í‚ꂽ‚y‚̐¸_‰˜õƒ‰ƒXƒg‚¾‚¯‚ǁA‚y‰f‰æ”ňȑO‚ɁA グリプス2内部でシロッコ、ハマーンと対峙して。「大勢の人間が死ぬなんて間違っている」とフォローしているとは言え、何気にギレン・ザビスレスレのとんでもない事を言っている。 性格は良くも悪くも繊細で目上の大人に正しい行いを求める潔癖症。怒りの沸点が低い激情家であり、感受性が強い理屈屋でもある。一言でいえば、気難しい思春期の子供そのもの。しかし戦争に身を置きながらも人の死を非常に嫌っており、戦いで死んでいった多くの敵兵の死を密かに弔っていたり親子の死体を寄り添わせてあげるといった優しさも併せ持っている。 自分に対して暴力的な尋問を行ったティターンズの憲兵に対して、奪ったMk-Ⅱで復讐した際の台詞。 @@. 両親の死後、TV版と同様に彼らを批判するカミーユだが、劇場版ではクワトロ達が彼の言い分を否定せずに耳を傾け、エマが振ったシャアの話に対してもカミーユの意見に同調するような態度をとった事で、これまでの両親に対する鬱憤が和らいだような印象を与えるニュアンスに変更されている。 「あなたはいつも傍観者で、人を弄ぶだけの人ではないですか!その傲慢は、人を家畜にすることだ。人を道具にして・・・・っ。それは一番人間が人間にやっちゃいけないことなんだ!」 「本当に排除しなければならないのは、地球の重さと大きさを想像出来ない貴方たちです!」 加えて、自分の女性的な名前に強いコンプレックスを抱いており、前述の家庭環境と合わさって非常に繊細で感情の起伏が激しい性格を形成していった。 「俺にみんなの力を貸してくれ」ではなく、「俺の身体をみんなに貸す」というのが実に富野作品らしい言い回し。だが、この行為は死者達の想念に自らの肉体を委ねてしまうという、見方によってはあまりにも危険な行為でもあった。 「エマ中尉…カミーユ・ビダン、行きます」 それを承諾したカミーユは、エマのいるブロックのエアロックを抜き、最後の戦いへと赴く。 一方でウォンの方はカミーユが特別扱いされることで、自身の能力の高さに自惚れて増長することを、彼なりに心配していた模様。なお、カミーユはこの後、クワトロとエマからさらなるお説教を受けるハメに。 劇場版、最後の台詞。 シン・アスカ(機動戦士ガンダムSEEDDESTINYの主人公で、性格や境遇に類似性がある。(これはDESTIYがZをリスペクトした作品だからであろう。)クロスオーバー作品では仲良くなることも多い。, リモートは、もはや一時的ではない。ARMSNOTE・深井涼介さんが教える「最強のおうち作業環境」づくりのコツ, http://www.magicmaman.com/prenom/t_prenom.asp?rubrique=398. ハマーン・カーンの最期は、機動戦士ガンダムzzの最終話、宇宙世紀0089年1月17日に迎えることになります。 宇宙世紀0088年12月25日、真なるネオ・ジオンを掲げたグレミー・トトが内乱を起こし、その対応に追われる中、小惑星アクシズをグレミーが占拠します。 「本当に排除しなければならないのは、地球の重力に魂を引かれた人間達だろう!けど、そのために大勢の人間が死ぬなんて間違ってる!」 小説版Ζガンダムではラストで精神崩壊した時にヘルメットのバイザーを開けていたらしく、Ζガンダムのコクピットのハッチが開いたまま放置されていたこともあってカミーユは窒息死している可能性が高い。(アニメ本編でも精神崩壊をした際にヘルメットを脱ぎ捨てて外の宇宙空間に出ようとしているが未遂で終わっている) 第3次αではシャアの反乱を経てもなお続く人類同士の争いに心を痛め、ナイーブな状態になっていたこともある。 「そこのMP!一方的に殴られる痛さと怖さを教えてやろうか!」 「ハマーン・カーン!お前は人を不幸にする!!」 宇宙へ戻り、ジェリドとマウアーの猛攻を切り抜けたカミーユはファと再会。前線で戦うファを元気づけるべくキスしようとするが、ヘルメットが邪魔で上手くできず、彼女はくすぐったそうに笑う。フォウとの出会いと別れを経たことで、カミーユは自分の中のファへの想いを自覚していた。 「こんな死に方、嬉しいのかよ?満足なのかよ?誰が、誰が喜ぶんだよー!!」 もっとも、上にも書いたように近年フランスでは女性に多い名前であることは事実である。, 機動戦士Zガンダム Ζガンダム 機動戦士ガンダムΖΖ そして何よりTV版のように死んでいった人々との精神的な繋がり(共感)だけでなく、ファという大事な女性の肉体的な繋がり(体感)を得た事が大きく、これによって自分の力や、戦いの中での悲劇と向き合い、乗り越える強さを得たといえる。 名セリフは一部だけだけど、この最終出撃前の空気とか、それぞれに交錯する想いとか、 個人的に大好きなシーンなので全編ノーカットで載っけてみた … このセリフを叫んだ直後、エマやカツを始め、闘いの中で散っていた死者達の魂がカミーユの元に集ってくる。 『機動戦士Ζガンダム』の主人公にして、エゥーゴ所属のモビルスーツパイロット。 「僕の事はお隣さんのファ任せだったんだ。うるさい娘でね」 数多の死を受け止め、そして死者の魂に抱かれて自分の身を委ねることもしたカミーユが、そのままそこに留まるのを良しとはせず、生きている肉体を持つ自分を自覚し肯定したからこその言葉である(穿った見方をしてしまうと、アイドルや二次元美少女にうつつを抜かして現実の身近な女性に向き合おうとしないオタクへの富野流の苦言、或いは叱咤激励と取れないこともない)。 「やめろ!僕たちは分かりあえるかも知れないだろ!」 フォウに「カミーユって名前、今でも好き?」と聞かれて。自分の名前を嫌っていたカミーユだったが、コンプレックスを乗り越え、これを受け入れた。 「とっくに好きさ、自分の名前になっているもの」 カミーユ・ビダン (Kamille Bidan)は、アニメ『機動戦士Ζガンダム』に登場する架空の人物で、同作品の主人公。 エゥーゴのモビルスーツパイロット(階級は中尉待遇)で、宇宙世紀を舞台とするガンダムシリーズにおいて史上最高のニュータイプ能力を秘めた少年 。